スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽのぽのマーチと11番藤井寺から12番焼山寺の遍路ころがしへ

朝6時過ぎに寝て、朝8時過ぎに目が覚めました。 睡眠は僅か2時間。。。

何で、目が覚めたかと言いますと。。。今日、ぽのぽのマーチが、11番藤井寺を出発して12番焼山寺に向かう日だからですDASH!

徳島の遍路道の中では、一番難所と言われている「遍路転がし」で有名な道でして、初めての女性達だけで。。。果たして大丈夫なのか。。。っと少々気になっていました。


主催者の一人Aちゃんに電話してみると、予定通りパラパラ雨の中ですが、藤井寺を出発し焼山寺までお遍路をするとのこと。

残念ながらAちゃんは、昨日までの疲労が重なってか、今日は歩かないとのこと。。。Uちゃん&Kちゃんそして、サポートカーのMぃ~の3人でぽのぽのマーチを実施する予定だとか。 よけい気になる爆弾


とりあえず、急いで身支度をして藤井寺へGOGOGO車

10時過ぎに寺に到着して、Uちゃん&Kちゃん、に混じって僕ののちゃんも歩き遍路をすることになりました。

サポートカーのMぃ~は先回りして焼山寺で待機して頂くとのこと。

出発式として、4人で「わ」になって、意識統一をしてから、いざ出発走る人


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)11番の藤井寺にて。10:30ごろ。


約5年前に、歩き遍路で11番まで歩いたものの。。。次の12番をとばし、13番から歩き遍路をした僕ののちゃんあせる

ぽのぽのマーチに合わせ、歯抜けだった12番を今回、みんなと歩くことができて、超ラッキーチョキ


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)長戸庵にて。11:50ごろ。


雨がパラパラしていましたが、木々の間を歩いていると、そんなに濡れませんでした。


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)尾根づたえに歩く。12:10ごろ。


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)柳水庵にて。13:00ごろ。


柳水庵の敷地内には、八重桜が丁度満開な感じ。。。そのほかツバキなどの花々で賑わっていました。

僕たち3人は、ここで昼食をとりました割り箸


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)柳水庵の花。13:10ごろ。


柳水庵を過ぎてすぐの所に、遍路小屋を発見。 そこには布団が一式あって、宿泊できそうな雰囲気グッド!

今回は泊まりませんが。。。いざと言うときに重宝しそうな遍路小屋です。


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)遍路小屋にて。14:00ごろ。 Uちゃん&Kちゃん。


。。。で、今日の僕ののちゃん的ビックトピックスビックリマーク

それは以前、神山の山姥で話題になった「一本杉」と出会えたこと目

トアル人によると、神山でもっとも霊的にも注目すべきスポットだとか。

今回、マップを用意しないままで、歩いたので、「一本杉」と出合った時は、テンションアゲアゲでしたアップ


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)一本杉にて。15:00ごろ。


天然記念物 左右内の一本杉 樹周7.6m 樹高16mと。。。案内されていて、縄文杉なのかもしれません。


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)一本杉にて。15:10ごろ。


サポートカーのMぃ~は、待っている間、逆うちで、12番から11番に向けて歩かれたそうですが、途中出具和すこともなく、Uちゃん&Kちゃん、そして僕ののちゃんは、無事に焼山寺に17時過ぎに到着。


ののちゃんブログ-遍路ころがし
(写真)一本杉にて。17:20ごろ。


最後、4人で「わ」になり、意識の統一をして、焼山寺を後にしましたニコニコ

明日は、僕ののちゃんは参加できませんが、12番から13番の大日寺まで歩かれるとのこと。。。もし、出会ったら声を掛けてみてくださ~ぃ。

今日は、みんな、ありがとうビックリマーク

スポンサーサイト

コンサートと山陽・雲海の里会1日目。

午後1時から。。。ブーちゃん達によるコンサートが小松島のミリカホールで開催され、僕ののちゃんは客の1人として行ってきましたニコニコ

最初は観客席みんなで歌を3曲、歌声喫茶のように歌いました。

その後、サックス奏者の重鎮のUさん達によるジャズィ~な演奏と、ブーちゃんと義姉が加わっての歌と演奏が続きました音譜
最後の最後まで、会場に居れませんでしたが、非常に楽しい一時を過ごせましたグッド! お疲れさま。。。ブーちゃん。


ののちゃんブログ-ミリカでコンサート
(写真)小松島市ミリカホールにて。


コンサートホールを後にして、僕ののちゃんは、岡山県高梁市にあるコテージに向かいました車
集合時間は16時からでしたが、18時半ごろに到着。。。遅れての参加でしたが、改めての乾杯をして頂きましたビール


ののちゃんブログ-交流会1日目
(写真)隣に座っていたTさんに、ワインをお注ぎ中の僕ののちゃん。


今日の会の目的である、フリーエネルギーの3号機のお披露目と。。。トアル重要項目の総括が朝方4時ぐらいまでつづき。。。どうにか、総括を遣りおえることができた感じあせる

準備をしてきたTご夫妻、お疲れ様でした。 そして今回から参加されました福山のTご夫妻と倉敷の方、ご一緒に過ごせましたこと、大変嬉しく思っております。

そして何よりもMヤさんはじめ、全員がトアル件の総括に関われたことが非常に良かったと思います。


そうそう、僕ののちゃんはズーッと会の一部始終をビデオ撮影させて頂きました。。。至らない点も多々あったと思いますが、とりあえずありがとうございましたニコニコ

13番から18番


より大きな地図で 四国八十八ヶ所 を表示

新年あけましておめでとうございます。


昨年は八十八ヶ所歩き遍路は一度も実行出来ずにいましたが、今年早々(1月3日)、再開することができました。


今回は初めて一人ではなく、義兄と甥っ子と僕の3人で歩き遍路をすることになりました。

以前から僕が歩き遍路をしていることは知っていたようですが、正月の長い休暇をどう過ごすかで、甥っ子に誘いをかけていみると、一緒に行きたいとのことになり、保護者の義兄と一緒に歩くことになりました。


本来、通しで行うのであれば、前回の11番の藤井寺からスタートして12番の焼山寺、そして近くの宿坊までのコースを予定するのですが、今回は11歳の甥っ子が初めてトライする歩き遍路なので、穏やかでお寺が密集している13番から18番を歩くことにいたしました。


今回の歩き遍路のもう一つの楽しみ方として、義兄の「思い出観光案内」です。

兄は学生時代までの多くをこの歩き遍路界隈で生まれて育った方でして、道案内を殆どしていただきました。


正月明けの穏やかな天候で、11歳になる甥っ子も歩き遍路を中盤頃までは楽しんでいたようですが、さすが途中からは足が多少痛むようで、ペースを合わせて歩き抜きました。「次回も歩き修行をする?」と聞いてみましたが返事は返ってきませんでした。


次回は、時期をみて、藤井寺から焼山寺の遍路ころがしコースか、恩山寺から立江寺コースかのどちらかを実施しようと考えています。

10番から11番

昨日、久しぶりの歩き遍路を再開いたしました。

前回のお遍路は真夏だったので、家に着いた頃は熱中症にかかってしまい、しばらく歩き遍路を中止しておりました。

今回は真冬だったせいか、前回より長距離にも関わらず、非常に足軽に楽々とお遍路をすることができました。


今回の歩き遍路地図 Googleマップ


前回は10番切幡寺を参拝後、熱中症のためヘトヘトになり、寺近くでタクシーに乗りJR阿波川島駅経由にて汽車で帰宅したため、今回はまず、その切幡寺前まで行くのが第一目標!

前日、いろいろとネットで調べて乗り合わせを確認。でも結構、自動車以外で切幡寺まで行くのって難しい。徳島市内から一番良いアクセス方法は、バスでJR徳島駅まで、そしてJR学駅まで普通列車で行き、学駅前より市場バスに乗り市場で下車、後は切幡寺前まで徒歩30分で到着。


ただ今回は、市場バスのホームページが無かったため、正確な時刻表の把握が出来なかったため、ちょっと乗り合せに失敗。列車で(神戸から帰省中のオバ様とズ~ッと徳島駅から鴨島駅まで、お遍路談議)JR川島駅まで行き、そこからJR学駅まで徒歩。(時刻表を把握していれば、列車で学駅下車)その途中、歩いてる背後から、『まってよ。御接待させて!」と自転車に乗ったオバ様より200円とポケットティッシュをいただきました。

学駅前に着くとすでに、市場バスが停車していました。運転手らしきオッサンに「切幡寺近くまでいきますか?」と訪ねると『市場で降りたら一番近いでよ』と教えもらい、発車するまでの30分間、車内でボーと待っておりました。バス車内は僕一人。途中、バス停のない家の前でオバさん一人が乗ってきただけ。市場で下車、その時、『おーぃ、おーぃ、何か落としたでよ~』とトラックのオッサンが呼びかけてくれました。大事な大事な数珠を落としていました。『ありがとう~』と一言いって切幡寺まで、約徒歩30分程で到着。切幡寺は前回すでに参拝しているので、寺前を11時半頃ソソクサと出発。


途中、道端の地図ボックスで『昔からの歩き遍路地図 空海の道』を頂き、それを参考に歩いてみることにしました。「八幡うどん」で昼食を食べ、少し歩いた先にある、6人の大工が一夜で建てたという『堂が池大師堂』に立ち寄り、そこでお経を2回読み上げ少し休憩。

吉野川の河島で一番大きな島『善入寺島』を横断。一面の田んぼや畑だけの見晴らしの良い景気を楽しみながら歩いていると、キメキメのアスリート風年配の男女3人組が次々に追い越していきました。


おのんブログ-川島橋から見た吉野川


川島橋を渡る時、あまりにも吉野川の美しさに携帯のカメラでパチ!どんなにこの川に癒され、影響を受けているのか、改めて考えさせられました。昔、お遍路さんは無料で渡船できという『粟島渡船』があったらしいですが、今はこの橋を渡らないと藤井寺へは行けません。

橋を渡たり堤防をしばらく東へ行くと、夏は冷たく冬は暖かい不思議な水が湧き出るという『江川湧水源』に到着。しかし思ったほど暖かくなかったので、場所が違うのかな?寄り道から再び遍路道を進み、藤井寺に15時過ぎに到着。

大晦日前の冬の時期にしては、10人程のお遍路さんが出入りしていました。参拝を慎ましやかに終え、奥へと続く『12番焼山寺』への遍路道を確認。次回はここが遍路の出発点となる。


JR鴨島駅までの道のり、『あんた、荷物は?』とオジ様から声を掛けられ、「徳島市内から来ている者なので日帰りで今日は帰ります」と一言いってバイバイしました。また途中、草を食べているヤギを横切り、あぜ道をさらに進む。その後、鴨島の繁華街に入ったものの人通りも少なく閑散としていた。約20年前に鴨島のアーケード街を通った時の賑やかな面影はまったくありませんでした。寂しい思いです。

でも、お腹が少し減ったので鴨島駅のキオスクで、サンドウッチを買いました。『いらっしゃいませ!最近めっきり暗くなるの早いね。今日はどこか泊まるん?おきおつけて!』とオバ様の明るい声に少し励まされる。


結局、朝7時半頃に自宅を出発し、帰宅したのは18時頃でした。次回は徳島の歩き遍路道では最も苦しい『へんろころがし』の山道。ではでは。

へろへんろ

  昨日に引き続き、6番札所から10番札所のお話。遍路休息所を後に、6番札所『安楽寺』へ。頭にタオルを巻き、サングラスをしても、やはり『暑い』、『蒸せる』、『眩しい』。もうこうなれば、太陽は『敵』、『悪魔』、『邪魔者』。
恐らく、すれ違う人たちは、うだる暑さにしかめっ面の顔にサングラスの僕を見て20m手前で家に戻る?様な気配を感じるのは幻なのだろうか?


  何とか、6番札所『安楽寺』に到着。歩き遍路の姿は僕だけで、バスの団体さんとマイカーの親子連れが目立った。早速お作法を済ませ、境内に張られたテントから、「お接待してま~す。どうぞ~」と声がしたので、遠慮なく行くと、ジュースを一缶頂いた。納札を渡すと、「あんた機動隊の方かい」との質問?もう、疲れるのでシンプルに「いいえ、ただの社会人です。」とお応えし、次の7番札所に向け歩きだしました。

  7番札所の『十楽寺』に行く途中、首に掛けていた『那賀川源流の記念タオル』が無い、無い。少し引き返したが、無い。もう体力的にこれ以上戻ることは無理。ゴミ放棄も大変申し訳ないが、2年前にあるイベントで頂いたタオル。少し悲しくなったが、この秋、またこのイベントがある!ってことをフト思いだすと、少し足が軽くなった。
そうこうしていると、涼しい風が。チョッと寂れた敷地に、昔は威風堂々だったにちがいない神殿を発見。(下の写真2)ロマンを感じる一時だった。

宮殿
(写真2)神殿?こんな閑散とした所に。


しばらく歩くと7番札所『十楽寺』に到着。もう昼時。お腹が減ったというより、冷房の効いた涼しい場所に入りたい!それだけの理由で寺の前にある『うどん屋』にまずは、直行。
入ると先ほどのお寺で見かけた親子ずれが、既に食事中でした。僕は、一番涼しいクーラーの吹出し口に近い所に座り、グッタリ。たらいうどんを食べ、少し休息を取りました。

  十楽寺にて一通りお作法を済ませ、次の8番札所『熊谷寺』へ。もうこの時点で、かなり、体力的、精神的にも苦しくなってきた頃でした。
一時、毎日のように、すぐ先にある『御所の郷』という温泉施設にかよっていたので、すでにもう気持ちは、巡礼を諦めて、水風呂に浸かり、大広間でごろ寝したいっ!と何度も心に過ぎったが、あえてその施設を避けるように、遍路道をより南ルートに決定。さてさて、この続きはまた次回に。

  明日は、仕事。しかも出張。その上、炎天下の下での撮影。昨日今日とゆっくりできたので、精神力でこれを乗り越えるだけです。ではでは。

へろへろ

  『熱中症 やっぱり遍路で なっちゃった』 字余り。

  無事に昨夜、帰宅できたものの、体調異変でチョッとクーラーの効いた部屋にはいるとブルブル、冷たいカキ氷を食べるとガクガク、鳥肌が~全身に~。そういうことで今日、一日寝てました。現在、だいぶん回復しました。

  明日は父の退院の日。妻と実母を連れて、いざ病院に。
ただ、実母は大変な心配性。僕が遍路しているのも知っていて、昨日の炎天下の遍路も妻から聞いているとのこと。家に帰ってから電話すると、「あんた何考えとん!死ぬよ。もう行かんといて絶対に!!」それを通り越して『怒りに変わる』気質をしっている僕は、明日は妻と同行。チョッとでもクッション役になってくれれば、幸いです。

  ところで、今回の歩き遍路は、五番札所から10番札所まで、延べ20kmの巡礼。前回の実家~1番~五番の遍路は約23km。予定では楽々で達成できる距離なのですが、朝起床すると、喉に違和感。すこし倦怠感がありました。少し風邪気味。でも、遍路実行!

  バス停でバスを待つこと45分。「かなり早く着過ぎたな。」ベンチで座っているとモロに日光が当たる。日陰でしばし立って待つことに。バスがやっと来た。もうこの時点で、かるい熱中症?かな。
30分後、五番札所近くの羅漢のバス停に到着。久しぶりにワクワク感が込み上げてきた。


大きな地図で見る

  ここから6番札所まで、トコトコと歩いた。結構、日光が刺すように降注いででくる。その上、汗で笠、白衣の中の至るところから、汗がダラダラ。涼しそうな道に少し、心奪われたけど(写真下)そのまま遍路道を前進。

この道は

この道の方が遍路道っぽい感じがした。(写真1)

  途中、遍路休息所の小屋で一休み。日記帳があったので、ちょっと書き込み。その時、「こんにちは、ちょっといいですか。」と声が聞こえた、見ると『弘法大師』のような風貌!あなた様は、ひょっとして。。。とは効けず、いろいろとお話をしました。
彼も車で徳島と香川を車で遍路したことがあるそうで、タバコをプカプカ吸いながら「なぜ、歩き遍路をしようと思ったのですか?」と質問してきた。
僕は、「中には、職を辞め、家族や友人としばし別れて、通しで遍路しているお方の様には出来ないけど、少しでも考え方や気持ちがリセットできればとなっ思って。」

  しばらくして、彼と別れ、歩き遍路を再開。さっきの遍路の理由は、綺麗にまとめ過ぎたかな?もっと安易な気持ち、「四国徳島に生まれてのだから人生に一度は四国の文化を体験したい!」ってのが本当かな。

遍路シール

遍路シール

  地図を持たずに遍路している僕にとっては、この遍路シール、大変役立っています。上の写真のようなシールが曲が道や別れ道に、密かに貼られています。このシールは誰が貼っているのでしょうか?6番札所「安楽寺」すら、ブログ書けていないですが、今日はここまで。つづきは、また、明日です。ではでは。

心待ちの巡礼

  いよいよ、明日7月19日は心待ちにしていた四国八十八ヶ所巡礼。約1ヶ月ぶりです。前回は自宅から五番札所まで歩き、そこからバスで帰ってきたので、明日はバスで五番札所『地蔵寺』まで行き、そこから徒歩で6番札所『安楽寺』、そして可能なら10番札所『切幡寺』を巡礼し、さらにJR阿波川島駅まで歩き、汽車で帰宅する予定。
明日は少し曇空ながらも気温30度を超える猛暑の予報。どこまで体力と精神力がモツのか?チョッとした挑戦です。

  今日、仕事から帰宅後に、妻と義姉のコンサートの音源をCD用に編集しました。結構、ホール全体に響き渡っていましたが、このコンサートはすべて、ハンドマイクやスピーカーを使わずに、演奏そして、歌っていました。ただ、このCD制作のために、録音用のマイクが舞台上部とステージ下に設置されていただけでした。
まずは、マスター前のCD編集済の一枚を義母に聞かせようと思っています。しかしCDプレーヤーを持っていない義母なので、まずはそれを買いに行くことから始めないとね。

  CDの編集が終われば、そのパッケージの制作など、いろいろと残務があります。その後はDVDの編集へと続きます。コンサートは終わりましたが、僕の編集作業はこれからです。

  そろそろ、夜遅くなってきました。明日は9時に出発予定です。ではでは。

実際に歩いた道のり


大きな地図で見る

  僕が先日、実際に歩いた遍路道をグーグルマップに『赤い線』で表示しました。『青いポイント』は1番札所から5番札所を、『黄色いポイント』は立ち寄った所、『バスマーク』は帰宅のためバスに乗ったバス停です。

  残念ながら、携帯電話では上記にグーグルマップが表示されなので、遍路マップを見ていただくには、パソコンでご覧ください。
ちなみに、地図上でマウスを操作すると、拡大、縮小、移動、衛星写真などいろいろできるようです。

  自宅から5番札所まで、約8時間かけて歩いた『遍路道』を改めて見ると、結構、歩けるものだと、チョッと感動! 早く5番札所以降も歩きたいです。

  ではでは、おやすみです。

1番から5番まで

  今日、朝9時過ぎに家(徳島市内)を出発、まずは1番札所の霊山寺まで約2時間半かけ徒歩でトポトポ行きました。

初めての挑戦だったので、妻と義姉は、少し心配そう。記念に玄関前で記念写真をパシャ。さっそく妻のブログにはその記念写真(後姿)がアップされています。


  昨日、前もって買っておいた巡礼グッズ、白服や杖、傘帽子など、真新しい格好で、やや緊張気味のまましばらく近所を通り抜けて行きました。

「おはようございます。」と知らない人から挨拶。何だか小声ぎみに、僕も「おはようございます。」と返す、普段は車移動が多い生活なので、そんなに人とすれ違いざまに挨拶を交わすのは、ほとんど無かったりもする。だから、まだ恥ずかしい気持ちがあるのかな?

最終的に今日一日、何人の人と挨拶を交わしたのだろう?やはり白装束の本当の意味でのパワーは凄いものです。


  昼前に、1番札所の霊山事に着きました。すべてのお作法をまだ知らないので、境内の手前で小冊子を読み漁る。まず、門前で一礼、手を水で清め、太子堂の前でローソクと線香に火を付け・・・・・・(略)

「うわ~できるかな?」お経もまだ読めないし、そもそも僕の宗派は『真言宗』では無い現実。

とりあえず、境内に入り、慣れないまま一通り終え、2番札所へ。


  丁度、昼頃。そろそろお腹が空くころなのだけど、この『空腹感』が気持ち良かったりする。あえて、うどん屋の前を素通り。

2番札所の極楽寺は、1番札所より徒歩15分程の近さ、混雑は先ほどでは無い分、外人巡礼者の存在が一際目立ってた。


  さすがに3番札所の途中、お腹が減りすぎてフラフラ。食堂の暖簾をくぐりました。そうめんと五目飯のセット500円を速攻食べ終え、おばちゃんに巡礼のコツ「挨拶はちゃんとして、人との出会いを大切に。」と教えていただきました。持ってたペットボトルにお茶を入れていただき、3番札所の金泉寺へと食堂を出発。


  これまでは、だいたいの自分の土地感を頼って歩いてきましたが、この辺からは『遍路道→』の小さい表札を頼りに歩くことが増えてきました。

逆巡礼をしている同年齢ぽい男性が小道からフッと現れ、お互い会釈。

「え~こんな獣道、歩けるのか」ってな小道を歩いて来たようで、途中、『お遍路さんアンケート』のボードを見ると、たぶんその男性の名前と年齢の表記が、愛知からワザワザ巡礼に来たのかと、関心。


  引き続き獣道のようなお遍路を進むと、お寺の境内の工事現場に。そこから抜け出そうにも、防塵幕や足場などでうおさお。まさに3番札所の金泉寺は工事中でした。


  4番札所の大日寺は、上り坂と獣道を幾度と歩き続けると、以外にもスムーズに到着。僕の中では山頂近いイメージがあったので。


  次の5番札所は、そのまま下り坂の公道を直進。先ほどの外人巡礼者の自転車が猛スピードで、僕の際を通り抜けていきました。「サァヨォナラァ~」手を振りながら涼しそうに、その内の若い外人女性が手を振ってバイバイしてくれた。

今日、最後の巡礼地、5番札所の地蔵寺は、500体の羅漢像が有名なお寺。僕は最初間違って、こちらの羅漢堂を太子堂と思い礼拝しました。広い境内を下った先に、太子堂と本堂を発見。


  礼拝を終える頃、もう夕方の5時前。今日は『父の日』、妻と実家の父にプレゼントを買いに持って行く約束を思い出し、公共のバスに乗り自宅に帰ることにしました。

バスなら僅か、40分程で走れる距離を今日は、8時間掛けて歩きました。


  次回は、5番札所までバスで行き、5番札所の地蔵寺から徒歩で10番札所の切幡寺までの巡礼を計画しています。

何時いけるかは未定ですが、また休日に予定しています。

ではでは。

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
4598位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
1042位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。