スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目(祭)イタリア・ヴネッティア 仮面舞踏

午前中、イスタンブールからヴネッティアまで、飛行機で移動した。飛行機の窓からは、アドリア海とトリエステの街並み。今回、青島捕虜イタリア兵の出身地であるトリエステの上空近くを空から拝見することができたので、トリエステ訪問は、これで充分かなと思った。午後から仮面舞踏で賑わうヴネッティアを散策した。
徳島でいうところの阿波おどり時期と同じで、一年の中で、最も活気づく今日と明日をヴネッティアの旧首都で過ごせるのも何かのご縁かなと思った。


(写真)ヴネッティアで最も有名で大きな橋


(写真)舟のうえにて

まずは参加者全員で、サンマルコ広場にあるヴネッティア共和国の議事堂などを巡った。そこには裁判所や牢獄、博物館などがあり、広い議事堂には、代々の長の姿が描かれているのだが、一人だけ黒く塗り潰された人がいた。まやかしなのか正義だったのか。。。


(写真)ヴネッティア共和国時代の国会議事堂内

サンマルコ広場には沢山の賑わい。自由行動は、自分の感覚を計るため、「迷う」ことに専念しょうと考えた。
スマホのwifiは不通のままに、事前情報は無し、身一つで迷う散策をした。


(写真)仮装する人達


(写真)仮装する人達

自由行動は2時間ほど。歩いては運河で行き止まり、戻っては狭い路地をさまよった。陽も落ち薄暗くなり、僕は完璧に「迷う」ことに成功。ゲームスタートだ!
ここからは、全て自分の感覚を信じて散策を楽しむことになる。

路地を歩いていると、後ろから「ここ何処だろうね?私たちの周りには日本人いないよね?」と女性二人の声が聞こえたが、僕も迷っているので謎のアジア人になり無視をした。
夜になるにつれ、行く人探しは仮面を着けだし、非日常の世界。日本ではなかなか味わえないヴネッティア迷路を体験できた。
今日泊まるホテルは、ヴネッティアで一番有名な橋の近く。。。何とかスイス?ってな名前だったと思い出し、辿り着いた大きな橋で探してみるも見付からず。。。あと30分でゲームオーバーという焦りもあって今日最高の時間を過ごすことができた。


(写真)勘違いした橋

結局、その橋は違う橋で、舟乗場の看板を見て、もう一つの橋へ小走りで向かった。
結局、ブーちゃんのお叱り電話を受ける直前にホテルに辿り着くことができた。
約5分のオーバーだが、ギリギリセーフ!

(写真)ブーちゃんと仮装

夕食の後、25ユーロで仮面を買って、ブーちゃん達と、ホテルまで歩いた。
明日はローマとバチカン市国へ行く予定だ。
スポンサーサイト

Wさんと小旅行

今日は徳島マラソン開催日なので、9時から吉野川沿いなど関連道路は通行止め。
図書館で本を借りにいくついで8時30分に家を出て、それからWさんがいる待合せ場所へ向かった。

まず向かったのは脇町。八幡神社の隣りに美しい民家を発見。


(写真)長岡さん家。こんな家に住みたいな(^^)


(写真)長岡さんは留守のようです。


(写真)昔からの生活道具がゴロゴロあります。

。。。っと書きましたが、今、長岡さんは住んでなくて、国指定重要文化財となっている。


(写真)美郷の陽だまり庵で、山菜天ぷら丼を頂く。

天ぷらは枇杷の若葉、アザミ、ゼンマイ、柿の若葉など普段あまり馴染みがない美郷の地産食材ばかり。
醤油もこだわり、非常に美味しかった(^-^)/

わの舞のお仲間たちと徳島観光案内2日目

朝10時半ごろ、鳴門のナマステゲストハウスに到着。。。昨日から一泊されている、わの舞のお仲間たちを迎えに行ってまいりました。

ゲストハウス大広間では、MっちゃんとKちゃんの即興演奏をBGMに、まだまだゆる~ぃ時間が続いていまして、しばし僕ののちゃんもナマステ時間を体感させて頂きました。

ののちゃんブログ-ナマステゲストハウスにて (写真)ナマステゲストハウスのオーナーMっちゃんとバンドメンバーのKちゃんのゆる~ぃ即興演奏。


11時過ぎ、MっちゃんとKちゃん、そして昨日からご一緒に宿泊されていた彼女のMちゃんのバイバイをバックミラー越しに見ながら。。。ゲストハウスを後にDASH!

僕ののちゃんの案内で、わの舞8人の仲間達ご一行は、いざ徳島市国府町にある「八倉比売神社」へGOGOGO車

参道の階段前付近に車を駐車して、みんなで長~ぃ階段を一段一段登り、本殿に到着。

するとタイミング良く、I宮司さまがお見えになり、少し話を聞くことができました。

因みに、社殿奥にある五角形の磐座は、一説には卑弥呼の墓であるという説もあるのですが、I宮司さまは否定されていましたあせる

とりあえず全員、奥の五角形の磐座へ。。。


現在、伊勢参拝のドキュメント映画でお世話になっているT社長がよく言っている、参拝順が少し気になっていた僕ののちゃん。

T社長曰く。。。1番目は神山町にある「上一宮大粟神社」、2番目は徳島市一宮にある「一宮神社」、そして最後の3番目がこの「八倉比売神社」という順番で参拝しないとダメっビックリマーク。。。てなことでしてあせる

今回は時間的なコース配分の都合で、全くの逆、しかも2番目の「一宮神社」を無しにした、T社長にとっては有り得ヘン参拝順番ドクロ

そんなことで、わの舞の8人には念のため無理しないように一言お伝えしての、五角形磐座の参拝方法となりました。


ののちゃんブログ-八倉比売神社の参道階段 (写真)八倉比売神社の階段した鳥居前にて撮影。



八倉比売神社を後に、次に向かったのは「上一宮大粟神社」が鎮座する神山町。

すでに13時を過ぎていたので、まずはみんなで腹ごしらえ割り箸

カレーの看板に目を惹かれ。。。「粟カフェ」へ入店。 ご主人さまから神山ドレッシングやジャムのテイスティングのサービスもして頂き、嬉しい昼食となりました。

現在、「だいすき神山!」というFacebookを立ち上げられているご主人、さっそく「いいね」をさせて頂きましたグッド!

ののちゃんブログ-粟カフェで昼食 (写真)僕ののちゃんは、日本そばと炊き込みご飯のセットを注文。


腹ごしらえを終えて、全員で「上一宮大粟神社」を参拝。 こちらは昔の徳島一宮神社でして、御祭神は大宜都比売命 (おおげつひめのみこと)。 食べ物の神様として有名かなっ割り箸

ののちゃんブログ-上一宮大粟神社の参道 (写真)上一宮大粟神社の参道。 以前の美しい苔の参道が、粗末なバラスを敷いてしまった為、情緒が無くなってしまい残念ダウン


本殿で参拝した後、境内を散策。 以前、真名井の井戸があったとされる西側の山頂より、水を引いている新しい井戸で水を頂き、すぐ隣の「神宮寺」との間にある鐘楼で鐘を鳴らし、瑜伽稲荷権現でも参拝。

ののちゃんブログ-上一宮大粟神社の井戸 (写真)境内にある真名井の水。。。今日は少し水の湧きが少なめでした。


参拝を済ませ、参道を降りる途中、際の木々の枝に、まだ使っていないトイレットペーパーが吊るされていました。

誰かが言ってましたが、大きな天狗さん専用のトイレットペーパーみない。。。っと爆弾


この「上一宮大粟神社」が鎮座する場所は、神山町神領(じんりょう)と言います。

懐かしい商店が立ち並ぶ風景もどことなく昭和の良き時代を思い出させてくれます。

そんな中、定休日の北山商店さんに女性群が注目目 何やら店内の商品に興味深々のご様子でして、近くの薪パンもそうですが、休みでなければ、もっと神山の魅力を満喫できたかも。。。

ののちゃんブログ-神山町神領の商店街 (写真)北山商店さんのウィンドウを覗き込むメンバー。 楽々茶屋の看板も商店横に立掛けてられていました。


神山町を後に、次に向かったのは木屋平の三木家住宅へGOGOGODASH! 一番の目的は、住宅前で天皇即位の大嘗祭の際、あたらえ用の大麻を栽培する畑を見に行くこと。



ののちゃんブログ-川井峠 (写真)神山町と旧木屋平村の境にある「川井峠」にて休憩。 結構雪が残っていました。


ここ三木家住宅の畑は、約25年前、平成の今上天皇が即位した時以来、たぶん、栽培は一度もされていない畑ですが、国の重要文化財にも指定されている住宅と合せて、ぜひ見ていただきたい観光名所の一つなのです。

もともと日本の麻は、世界中の麻にくらべ、陶酔成分であるTHCがもともと少ない品種のようでして、品種改良されている現在、栃木などで栽培されている「トチギシロ」は更にTHCは極端に少なくされています。

しかし、天皇即位に貢進される大麻は、この品種改良された「トチギシロ」では無いそうです。

つまり、本来日本で栽培されていた品種なのかもしれません。

ののちゃんブログ-忌部の郷、三木住宅 (写真)三木家住宅と麻畑。しかし現在、畑には紫陽花が植えられています。


残念ながら冬の間、三木家住宅の麻資料館は休館となっておりまして、中には入れませんでした。

因みに2013年の今年、10月5日(土)と6日(日)の2日間、徳島県吉野川市において、「第2回日本麻フェスティバル」の開催が決定したもようなので、その際、三木家住宅に足を運んで頂ければ、必ず資料館は開いています。

ぜひ、ご興味のある方は、お越しくださ~いビックリマーク


三木家住宅を後に。。。最後に立ち寄ったのは、旧穴吹町にある「磐境神明神社」の古代祭祀遺跡。

こちらは、前イスラエル大使も立ち寄ったスポットでして。 イスラエルの遺跡だとも言われている場所です。 到着した頃は、すでに真っ暗でしたが、長い階段を全員上がりきり、その石積みの遺跡の中に入ってみました。

何しろ、イスラエル大使も驚かれた、その石積み囲いは、日本ではここ徳島しか無いそうです。

ののちゃんブログ-磐境神明神社 (写真)白人神社の隣にある「磐境神明神社」の看板。

すべての観光を終え、美馬市脇町のうどん屋「元」にて夕食を頂き、高速道を利用して藍住IC、そして板野IC近くのローソンで、僕ののちゃんは、みんなと最後のハグを全員としてお別れしました。

今回もご案内をさせて頂き、ありがとうございました。 楽しい2日間でした。

また機会がありましたら宜しくお願いしま~すパー

午前は神山取材、午後は鳴門を観光案内

午前9時、神山町の神山温泉に到着フラッグ 。。。っと言っても、温泉に入浴するのではなく、支配人のWさんの取材メモ

神山温泉&近くの道の駅について、いろいろとお話しを聞きました。

全国的にも珍しい、温泉施設が運営する観光バスのお話しとか、神山温泉オリジナル商品の開発など、貴重なお話しを支配人から直接聞くことができました。


観光バスで案内するには、まず県への旅行業登録が必要でして、そのために「国内旅行業取扱管理者」の存在が必須。 何と支配人のWさんご本人が、その管理者免許を持っておられるとか。

また、代表的なオリジナル商品としては、神山の梅と椎茸で作った「梅のりジャム」、神山産すだちの「すだちドリンクやすだちサイダー」、梅と若採りゴボウを使用した「梅ごぼう」、そして神山の素材を使った色々な「神山まるごとドレッシング」など、PP商品もかなりの充実グッド!


同行をお願いしていた阿川の梅まつり実行委員会事務局のMさんが、ズ~っとご一緒して頂いたこともありスムーズに取材することができました。

そうそう、温泉では神山在住のOAさんに声を掛けられ、嬉しかったですニコニコ


ののちゃんブログ-神山温泉のPP商品 (写真)神山温泉のオリジナルPP商品。 道の駅「温泉の里 神山」にて。


道の駅では、昼前と言うこともあり日替わり定食を頂きました。

その後、阿川地区へ移動して、工房・山姥のNさんやすぐ近くに住むYさんと御引合せをして頂き、神山を後にしました。 Mさん、いろいろご同行頂きありがとうございましたニコニコ


ののちゃんブログ-シイタケの天ぷら
(写真)天ぷらで揚げている神山産の椎茸をカメラ 超オイシイグッド!

午後からは、徳島の松茂町にある「とくとくターミナル」にて待ち合せ。

関西から「わの舞」のお仲間8名がやって来るので、案内役の猿田彦として、僕ののちゃんは今日と明日、ご一緒させて頂くことになりました。

今日は、夕方5時には宿泊先にチェックイン!?しなければならないので、案内時間は僅か3時間ほど。

。。。ってなワケで、鳴門市内のトアルスポットを重点的に案内することにしました。

まず、向かったのは陶芸「大谷焼き」の窯元へGOGOGODASH!

こちらは、水琴窟の水音を楽しめる窯があります。 しばし、その微かな雫の音色に聞き入りました音譜

ののちゃんブログ-水琴窟大谷焼の森陶器さんにて
(写真)窯の中で、水琴窟の音を楽しむメンバー達。


この窯元では、実際に陶器を製作している工房があります。

今回、アポ無しでお伺いしましたが、工房2階で職人さん達がロクロで陶器を製作する様子を自由に見学させて頂きました。

まだ乾ききっていない「水練鉢」の横を通るとき、「気をつけて!」っと職人さんから注意されるほど、製作真っ只中のリアルな工房に、僕ののちゃんもワクワク&ドキドキニコニコ


ののちゃんブログ-水琴窟大谷焼の森陶器さんにて
(写真)日本最大級と言われている登窯から撮影。


次に向かったのは、車で5分ほどの距離にある「福寿醤油」

こちらは、創業が180年以上前。。。昔ながらの製造方法で醤油を作っておられ、先ほどの森陶器さんと同じく、現役バリバリの製造工程を近くで見学できます。


ののちゃんブログ-鳴門市池谷の福寿醤油さんにて
(写真)昔ながらの方法で、袋にもろみを入れて何重にも重ねて絞る様子を撮影。


その絞りたてホヤホヤの醤油を試食させて頂きました。。。超マイルド~グッド!

僕ののちゃんの食卓でも、世話になっている福寿醤油さん。 丁寧に女将さんみずから、工場をご案内して頂きました。ありがとうございます。

僕もそうですがメンバーも敷地内にある販売店で、醤油のテイスティング&お買物。


福寿醤油さんから車で1分もかからない、すぐ近くに阿波神社と土御門上皇火葬塚がありまして、そちらへ全員で移動車

境内の駐車場から本殿に向かう途中。。。キーキーと鳴き声が。。。よく見るとお猿さんでした目

こちら阿波神社の御祭神は、第83代の土御門上皇でして、今から約800年前に徳島で崩御された天皇です。

その崩御された後、京都へ運ばれる最中に、この鳴門市池谷にて、火葬されたと伝わっています。

その火葬された場所が、この阿波神社境内すぐ横にある火葬塚。


ののちゃんブログ-鳴門市の阿波神社、火葬塚前にて
(写真)鳴門市池谷にある土御門上皇の火葬塚。宮内庁管轄で、周囲はぐるりと堀で廻らされています。


そうこうしていると、アッと言うまに午後4時時計

宿泊先には午後5時頃に入りたいとのことでしたので、残り1時間は、鳴門市内にある銭湯に行くことにしました。

こちらの銭湯、男女更衣室の中央には昔ながらの懐かしい番台がある「東湯」さん。

関西から参加しているメンバーのKちゃんは、かなり戸惑いと驚きのご様子。

時間があれば天然温泉へ立ち寄りたかったのですが、東湯さんで昔ながらの銭湯を体験をして頂けたのである意味、良かったかもあせる


夕方5時過ぎに、無事にナマステゲストハウスに到着。 オーナーのMっちゃんとも新年初めての顔合わせ。。。

今夜の料理はオイスター祭りだとかで、鳴門ウチノ海産の牡蠣&チーズフォンデュなどが振舞われました割り箸

とりあえず、僕ののちゃんは仕事があったので、皆様とお別れ。。。また明日ご案内をさせて頂く予定です。


剣山、ほら貝の滝へ2日目

剣山2日目。。。朝起きると、トアル方の腰の調子がイマイチとのこと爆弾

とりあえず、一緒に朝の温泉へGOGOGO温泉

朝食をゆっくり食べてから、四季美谷温泉を午前10時に出発車
車2台に分かれて、約1時間ほどで、ほら貝の滝への登山道入り口の駐車場に到着フラッグ

今日は、体調のことを考えて、トアル方は駐車場で待機。。。僕ののちゃんとFさん、Nさんの3人で、ほら貝の滝へGOGOGODASH!


今日は温泉のオーナーから教えてもらった左側ルートから登りました。

しかし、出だしから超BATコンディションの獣道。。。これはダメだと思い、沢を渡って、対岸の右側ルートに戻って、沢を登ることになりました。

ここ最近、台風が多かったこともあり、登山道はガタガタ&キエテイル。。。の連続叫び
沢に掛かっていたハズの木橋は流されているは、ロッククライミングのように崖を登るは。。。の超難題コースドクロ もうこれは修験道ビックリマーク そう~僕達3人は修行をしているのだっDASH!


ののちゃんブログ-ほら貝の滝へのルート
(写真)ほら貝の滝登山口から20分ほどの場所にあるはずの木橋が木っ端微塵の姿に。


予定では1時間30分ほどで着くハズのほら貝の滝。。。ズタズタの登山道のため、沢を渡って登って、また渡って登っての繰り返し。。。
約3時間後、その滝近辺に到着したものの、ほら貝の滝が無い爆弾
アレレ~っとみんなで探し回るが、それらしき滝はありませんでしたダウン

その代わり、大岩が6個ほどゴロゴロしている場所に不思議な空間を発見目
そこには洞窟があって、滝ほどではありませんが隙間から水が垂れていました。

すでに午後2時を過ぎていましたので、その大岩と洞窟を見ながら遅い昼食を取りました。


昼食の後、僕ののちゃんとNさんは、その洞窟まで行き、その空間を身体で感じ取るように、しばらくジッとしておりました。。。

ののちゃんブログ-ほら貝の滝近く
(写真)この洞窟のような場所で、Nさんは祝詞。。。僕ののちゃんは、スッテンコロリンしましたドクロ

祝詞をあげているNさんの背後で僕ののちゃんは丸石の上で立っていたのですが、ツルンっと滑って、そのまま丸石に尻餅。。。アゥ~ッってな激痛ドクロ 数年前の親の墓参り以来の見事なズッコケでしたあせる


幸いにも骨折はしませんでしたが、お尻に青アザ。。。そう言えば、後で聞いた話しですが、駐車場で待機していたトアル方、僕達3人が登山している間、大きな雷を落とされたようです。。。そんなことできるんだ~っ

16時ごろに駐車場に戻って、剣山スーパー林道を下り、四季美谷温泉で温泉&夜食を食べ、今日の報告会を開いて、温泉を後にしました。。。ズボンが泥まみれの僕ののちゃんに、トアル方からズボンを譲ってくださりました。 次回の再会の時に、洗ってお返しいたします。。。ありがとうございましたニコニコ

剣山、ほら貝の滝へ1日目

昨日の電話で、今日と明日の2日間、トアル方々が徳島に来られるとの連絡があり。。。またまた僕ののちゃん、お供をすることに。。。

行き先は、徳島の剣山。 那賀川の源流に向けて進むルートでご案内しました車
途中、阿南市長生町にある「八鉾神社」に立ち寄りました。

そこで、しばらく静かに何かを感じられていたトアル方。。。


次に、相生のもみじ川温泉でトイレ休憩と昼食、そして木沢の四季美谷温泉でトイレ休憩。。。

最終目的地の「ほら貝の滝」登山口に着いたのが午後14時50分。 そこから行けるとこまで、トアル方とFさん、そして僕ののちゃんの3人は「ほら貝の滝」に向かってGOGOGODASH!
沢の右側ルートを登って行くのですが、結構危険な急斜面ドクロ 手すりのロープがあるところはまだマシな方でして、何も無い急斜面は、一歩間違えれば谷に転落する危険性で一杯あせる

とりあえず、30分ほど登った場所で休憩し、引き返すことにしました。


宿泊先の四季美谷温泉に戻る際、崖工事の交通規制があったので、時間潰しに、剣山トンネルの方へ行ってみました。 近くのヒュッテは閉館していて、トンネルも通行止め。

因みに、トンネルの向こう側には、那賀川の源流の地があります。 その近辺で2回ほど源流コンサートで合唱をしたこともある僕ののちゃん。。。懐かしい場所ですニコニコ



ののちゃんブログ-少し紅葉
(写真)紅葉のピークはまだ数日後と思いますが、ちらほら黄色や赤色に染まりつつある山々もみじ


温泉に到着後、しばらくして仕事を終えたNさんが合流。。。夜道、険しい山道を一人で運転してこられました。 お疲れ様です。

那賀町で合唱と観光

今日の午前は、那賀町の美術館で月に1度のブーチャン先生の合唱に参加。

みんなで歌ったのは次の通り。。。 歌って本当に楽しいなっ音譜


① かわいい魚屋さん 作詞:加藤省吾 作曲:山口保治  ⇒YouTube


② シャボン玉 作詞:野口雨情 作曲:中山晋平  ⇒YouTube


③ とんでったバナナ 作詞:片岡輝 作曲:桜井順  ⇒YouTube


④ 田舎の四季 作詞:堀沢周安 作曲者不詳  ⇒YouTube


⑤ 少年時代 作詞:井上陽水 作曲:井上陽水・平井夏美 編曲:松山祏士  ⇒YouTube


⑥ フニクリ・フニクラ Luigi Denza 訳詞:青木爽・清野協  ⇒YouTube


ブーチャンによると、1曲目の作者の山口の奥様は徳島出身だとかで、「かわいい魚屋さん」のリズムは、まさに阿波おどりビックリマーク

2曲目の「シャボン玉」は、雨情の娘が幼くして亡くなったとかで、たまたまその訃報を知ったのは、四国へ歌のキャンペーンに来ていた時だとか。。。

4曲目の「田舎の四季」は作詞の堀沢さんは香川出身で、先生時代の愛媛県大洲の四季を詩にしたとか。。。


合唱の後、昼食を食べてから、ブーチャンは子どもの部の合唱の指導。 そして僕ののちゃんは、1人でナンチャって那賀町観光大使のお勤めに、1人ドライブへGOGOGODASH!

今日も行き先は、適当爆弾

とりあえず、那賀川上流を目指して、那賀町の(旧)上那賀へ向かいました車

雨上がりだったのか、道路は濡れていて、太陽の暑さで蒸気となり、雲へと形成の途中をドライブしながら眺めることができました目

国道195号線の桜谷トンネルの手前を左折して、しばらく川沿いをドライブしていると。。。

お地蔵さんが道沿いに点在していました!? 何かなはてなマークって見ると、ミニ八十八カ所のようでした。

正式名称は、「水崎まわり 新四国八十八カ所」と案内看板に書かれていました。

ののちゃんブログ-上那賀町水崎まわりミニ八十八カ所
(写真)上那賀町水崎にあるミニ八十八カ所のスタートの看板。

ののちゃんブログ-上那賀町水崎まわりミニ八十八カ所の一番札所
(写真)そのミニ八十八カ所の一番札所の霊山寺。


途中、川沿いの道から対岸へ渡る橋を発見目 それを渡って、細い道を進んで行くと。。。

何となくミニ道の駅はてなマークのような。。。でも「ゆ」の暖簾もあるし。。。良く分らないスポットを発見!?

建物の奥には滝があったり、バーベキューができそうな所や公衆ぽいトイレもありました。

不思議な場所だな~ 誰かいたら、いろいろ聞きたかったのですが、丁度留守の感じ。


ののちゃんブログ-上那賀水崎にある銭湯?
(写真)上那賀町水崎の道沿いにある不思議な空間。 銭湯? 奥には滝が。


さらに、奥へ進むと。。。何とも美しいお滝場を発見ニコニコ 雨上がりの濡れた森林に、眩しい太陽がGOODグッド! 時間が無いので滝行はしませんでしたが、目で楽しむことができましたチョキ

ののちゃんブログ-上那賀町小計にある滝
(写真)上那賀町水崎の小計近くにある無名の滝。 約20mのやや緩やかな傾斜の滝。滝壷有り。


そのお滝場からさらに奥へ行くと、小計と書いて、「こばかり」と読むらしいのですが、その先の道路は通行止めドクロ すぐ先にある橋を渡って帰る予定でしたが、仕方ないので、引き返すルートで帰りました。。。


ののちゃんブログ-上那賀町小計にある日浦神社
(写真)上那賀町小計にある日浦神社。 小計(こばかり)の集落から引き返す途中にありました。


今日のナンチャって那賀町観光大使のお勤めも無事に完了チョキ 歌とドライブの楽しい休日でしたニコニコ


ある意味。。。同行二人な観光

今日は、鳴門のナマステゲストハウスにご宿泊されているHさんと一緒に、鳴門~徳島、そして佐那河内へと観光案内をさせていただきました車
Hさんは東京在住のプロの映像作家と言うことで、ゲストハウスのMっちゃんの計らいで、只今、13本のドキュメント映画を取組んでいる僕、ののちゃんの為に、ご対面の機会を与えてくれましたチョキ
13本のドキュメント映画を説明すると、職業柄。。。Hさんは真剣に話しを聞いてくださり、嬉しいことに!! 映画の制作に協力してくれることになりました叫び ヤッターアップ

Hさんは面白い感性の持ち主で、ドライブ中、いろいろと話しにワクワクニコニコ

先日、淡路島から徳島入りし、本日の徳島観光の後、バスで岡山へ行かれる予定だとか。。。しばらくは、西日本をご旅行する予定だそうです。

とりあえず4月中、僕はドキュメント映画の撮影のため東京に行く予定なので、お互い都合が合えば、その時、東京で再会することになっています。

ところで、今日の観光時間と場所をまとめると。。。

08:30 ゲストハウスに到着、そしてHさんと朝食食パン

09:30 Hさんと一緒にゲストハウス出発、Mっちゃんとバイバイパー

09:50 鳴門ウチノ海総合公園クローバー

10:10 阿波井神社対岸より拝立目

10:30 大谷焼 森陶器で水琴窟の音で癒される音譜

10:50 土御門上皇火葬塚ニコニコ

10:55 阿波神社桜

11:05 東林院 種蒔大師ハチ

11:15 福寿醤油にてHさん御土産をご購入チューリップ赤

11:40 一番札所の霊山寺1

11:55 大麻比古神社チューリップ紫

12:15 船本うどんで昼食割り箸

13:30 みんなアーティスト、カニ奥のMさんの朗読を聞くかに座

15:30 神山の天岩戸立岩神社付近まで行ったが発見できず引き返すガックリ

16:40 徳島駅前のバス停でHさんを降ろし、バイバイパー

残念ながら、神山の天岩戸立岩神社の巨石をご案内したかったのですが。。。発見に至らず爆弾
機会があれば、また徳島に来られるとのことなので、次回は徳島八多の立岩神社の巨石と合せてご案内したいと思います。


とりあえず、スナップ写真を下にアップしてみましたカメラ

Hさんをご紹介して頂いた、Mっちゃんありがとうグッド! 

ののちゃんブログ-鳴門わかめ
鳴門わかめの出荷作業の様子。 海峡の奥に『阿波井神社』があります。

ののちゃんブログ-水琴窟
大谷焼窯元の『森陶器』 水琴窟の音を聞くことができました音譜 瞑想にピッタリグッド!

ののちゃんブログ-阿波神社
土御門上皇が御祭神の『阿波神社』 ボランティアで制作した上皇観光マップを改めて100部、神主にお渡しいたしました。

ののちゃんブログ-東林院
弘法大師所縁の『東林院』 天気が穏やかでしたので阿波神社より歩いて立ち寄りました。

ののちゃんブログ-福寿醤油
阿波神社の駐車場に戻る前に、『福寿醤油』の工場と売店に立寄ってみました。

ののちゃんブログ-一番札所霊山寺
四国88ヶ所の一番札所『霊山寺』にも立ちよりました。


ののちゃんブログ-大麻比古神社
午前中最後の観光として『大麻比古神社』にも立ちよりました。

ののちゃんブログ-みんなアーティスト
4月8日(日)まで、徳島市末広1-1-40にある『江渕鏡台店ギャラリー』にて『みんあアーティスト』を開催中。


ののちゃんブログ-佐那河内村
徳島県の佐那河内村の風景。

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
4598位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
1042位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。