スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たぁーちゃん会


(写真)シルクちゃん モスラじゃないよ

職場で飼っているカイコが可愛くてしょうがない。口からでる糸でウズラの卵ほどのサナギになる直前に撮影。数時間後にはアッという間にサナギになっちゃった!
そんな今日、夕陽が山に沈むギリギリに宿泊先のコテージに到着。一泊二日、ホスト役のたぁーちゃんが温かい秋鍋を作ってくれて待ってくれていた。他、よく知るメンバー達で、何だか家族旅行って感じ、過去世からずっと念願だった今日だったのかもしれない。

3年前、この同じコテージでMヤさんを囲んで会を開催した、当時は地元ホスト役がいなかったので、ののちゃんが担当したが、今回地元のたぁーちゃんが地産地消でメニューを準備し、迎えてくれたことで、土佐高知の岩戸開きが達成できたと思えた。Mヤさんも 3年ぶりに達成できた今回の会に感謝感激の思いだろう。食卓のハエはもしかして。。。


(写真)夕食のたぁーちゃん汁など

いろいろ話は尽きないが、深夜、みんなでコテージを出た。そこには満点の星空が待っていた。前回もそうだが、オリオン座流星群の美しくて大きな尾をひく流星も確認できた。そんな星空の下でみんなで手を繋いだ。こんなに空に沢山の星があるんだ!って、街中で観るのと全然違う夜空に戸惑うほどだった。四国のど真ん中で月もない夜空には、星座以外の暗い星達も手に届くほど輝いていた。宇宙は星でぎっしり埋まっていると断言できた。


(写真)たぁーちゃんモーニング

翌朝は下界を埋め尽くす雲海に感動!ののちゃんのFacebookのメイン写真にこの雲海写真な差し替えた。
雲が全くない青空の下で、日本中を北から南へと渡る浅黄マダラ蝶とも出会えた。コテージをチェックアウトしてから、みんなで縄文杉に会いにいった。杉だけでなく、柚子、みかん、ケイトウの花、そして観光客も笑顔満点!
最後、参加者とバグして、またの再会を約束した。
ありがとう、たぁーちゃん(^-^)/
スポンサーサイト

ののちゃん会 2日目

朝8時過ぎに起きると、すでに幸さん他、女性メンバーが朝食の準備をしてくれてた。少し寝坊した。
朝食もビーガンメニュー、わかめの味噌汁とご飯、漬物。
11時のチェックアウトまで幸さんのご長男さんによるヒーリングに合わせ、愛媛から参加しているNさんについて、過去世などについて話に上がった。
親と子がテーマの内容で、喋りながら涙がボロリと溢れた。


(写真) これが本当の阿波井なのか? 鳴門・内の海

チェックアウトし皆でバグ、以前パワ友さんから頂いた「麦の穂」を一人ひとりに手渡した。昼からは、メンバーと何れも鳴門市内の阿波神社、阿波井神社、瓶浦神社を巡った。
最初はメンバー4人と行く予定だったが、途中偶然にも道すがら2名と偶然にも合流、車3台・7名で巡ることとなった。
特に阿波井神社は渡船で渡り、奥の院まで獣道状態の参道を進む。宇宙語による御神事、直来、 ゴミ拾いと続いた。
最後の瓶浦神社では一人ご神事の縄跳びを実際に体験してもらった。みんな縄跳び上手かったよ!またまた本日最後のハグをして今日のメニューを無事に終えた。
今回の一泊二日、皆様お疲れ様でした。

ののちゃん会 1日目

ののちゃん会としては、約2年ぶり、前回の始国会(のぞみちゃん会)より10ヶ月ぶりの今日、ののちゃん会を徳島阿波おどり空港横の月見ヶ丘コテージにて開催した。ちょうど10名が四国4県などから参加。今回は四国民とその妻による四国にまつわる話し合いができた!
この流れは、もう止められないと自分自身覚悟している。
15時からスタートした会は、19時ごろ夕食。今回は勝手ビーガンメニューの「焼きうどん&わかめ味噌汁」を手分けして作り食べた。途中、徳島市内より女性1名もゲストで少し滞在しにきてくれた。
月夜に照らされた月見ヶ丘海岸へ食後、全員で歩いた。半数は裸足になり、波打ち際でひとときを過ごした。
コテージに戻り、日が代わり深夜3時過ぎまで、話し合った。
今回は、宇宙、星、過去世、四国のシステム、螺旋の機動力などのキーワードについて語り合った。


(写真)宿泊先のコテージ外観

仏前にて

今日はある方の法事のため、滋賀へ向かった。
その前に、淡路島のナフシャに寄って、尾崎さんの2作目のドキュメント映画に関係する映像を撮影して、目的地に車を走らせた。14時40分、目的地の待ち合わせ場所に到着。そこにはすでにOさんが待っていてくれた。
Oさんの車に乗って、最終の目的地へ。
前回、来たときは家の中には入らなかったが、今日は息子さんご家族、そしてお母様に出向いて頂き、家の中に入らせてもらった。仏前にお供えを置いて、線香1本に火を付けて拝んだ。
ご長男さんといろいろお話しできた。一番驚いたのは、そのご長男さんが亡くなったお父様と生写しだったこと!顔も体格も声も喋り方もすべて同じ。。。悲しい気持ちのはずなのに、再会したような気分だった。少し嬉しい思いが漂った。
また、お父様は長距離ランナーとして全国を走り回っていたこと。200Kmは軽く走っていたそうだ。そして仏壇の感じから、尋ねてみると、僕の父親と同じ宗派だったこと。話して初めて知ったことが沢山あった。まだ四十九日だが、代々の墓も案内して頂いた。1時間以上の訪問だったが、内容の濃い時間だった。
ご家族と別れ、再びOさんと2人で、少し車で散策した。その一つが、亡くなられる前に、よく水を汲みにきていたという湧き水の場所に案内してくれた。お土産にペットボトル2本に水を入れてくれた。


(写真)天然の水

そして、その近くにあるビーガンのレストランに続いて案内してくれた。
16時をすでに過ぎていたにもかかわらず、ランチを食べることができた。
古民家を修繕したレストラン、ゆっくり食事をしながら、Oさんと話しが弾んだ。


(写真)ビーガンランチ 800円。

最後のMヤ会「志国会」2日目


(写真)コテージ前にて

4時間程寝ただろうか、同じ部屋で寝ていたJさんより、自分は覚えていないが首を振りながら魘されていたよ!っと僕に教えてくれた。
朝食は琵琶湖の畔で米を作っているSさんのお米を頂いた。感謝の気持ちで一杯となった。
一旦家に戻っていたFさんと、パワ友さんが朝一で駆けつけていくれていた。
後片付けを終えた10時ごろ、コテージ前にて故Mヤさん恒例の「やるぞオー」を参加者22名でやった。もうこのメンバー達ですることは無いだろう。本当に見納めだ。これからはオリオン精神を引き継ぐメンバーが各々やって行く感じなので、四国での会もこれで完結となる。

コテージを10時過ぎ出発し、香川県の一宮、田村神社へ全員で参拝。そこには黒龍が待っていた。Jさん達とはここでお別れ。。。昼食はFさんの案内で、香川町のさぬきうどん屋、こんぴらやで食べた。その後、東かがわ市の水主神社へ。宮司さまの案内でいろいろ神社について説明をしてくれた。殆どのメンバーとはここでお別れ。。。
Sさん達とNちゃんの3人は、その後、鳴門の大麻比古神社へ向かい参拝をし、Tさんとはここでお別れ。そして最後は、Sさん2人を高速鳴門のバス停まで送り、時間が少しあったので、近くのカフェでお茶をした。
今回、ホスト役だったNちゃん、大変お疲れさまでした。そしてこれまで四国で5回開催してきたこのMヤ会、遠くから参加して頂き、また多くの方々に助けられ、どうにかやってこれました。誠にありがとうございました。

コテージ見学

たぶん、最後となる四国での会。。。その会場となるコテージの視察に行った。
少し遅れたが、現地で今回ホスト役のNちゃんと合流。一緒に、さぬき市長尾のコテージを確認した。


(写真)さくらの里コテージ

確認の後、近くの亀鶴公園を1人で散策してみた。その公園には、宇佐神社があり、神社の前に大きな池があった。その池の中央に古墳群がある島が浮かんでいた。島と神社の間は参道で陸続きとなっている。自分自身あまり体調が良くないこともあり、その公園を散策中、なんか身体が重く感じた。

IMG_5568.jpg
(写真)さぬき市長尾の亀鶴公園

余呉湖を周りながら

まさか今日、この余呉湖を訪れるとは一昨日まで、全く思ってもみませんでした。体調を崩されていることは知ってましたが、こんなに早く逝かれるとは思ってませんでした。
ご自宅にはたくさんの車が止まってました。ご家族とは何も交流がなかったので、いきなり訪ねてもご迷惑かと思い、この余呉湖に来ました。
静かな湖です。水面にMヤさんの顔を浮かべながら、数年間の思い出を巡らせました。
寺の鐘が鳴り止んだら、徳島へ戻ろうと思います。
アナタと出会えて良かった。


(写真)菊石姫と蛇の目玉石


(写真)余呉湖の湖畔より

始国会 2日目

朝7時過ぎにMヤさんがカーテン開けるのに合せて起床。
早速、朝食の準備をした。
豆腐、鳴門わかめサラダ、味噌汁、納豆、昨夜の残りご飯、パンなど。。。
コテージのチェックアウトは午前11時だったので、ゆっくり朝食後もみんなと話ができた。
片付けを手分けし、みんなで近くの伊邪那美神社へ参拝。
淡路島にあるのは、伊射奈岐神社で、こちらは伊射奈美。。。
来週、Dさん達と伊射奈美と関係の深い高越山、別名、阿波富士に行く予定だが、すべて流れに乗っている感がしている。


(写真)伊邪那美神社にて。千木の形が縦でも横でもない、斜めに注目!

本殿の裏側にある小さな祠の前でみんな集合。その小さな扉を開けさせて参拝させてもらった。中には「嘉門?」と標されてあったと思う。「かも」を連想させられた。
愛知のSさん、ここでも目には見えない沢山の剣を受け取ったもよう。
僕ののちゃんにも、それを手渡されたが、その祠には入れず、自分の中に入れた。
Mヤさんは剣山から飛んできていると言っていた。
福山へ急ぐメンバーとはここで別れた。もちろんハグして。。。
残った6名は、午後も共に行動することにした。


(写真)伊邪那美神社境内にて、会の締めくくり、やるぞオー

僕ののちゃんの案内で、三加茂の鴨神社へ向かった。「かも」の2文字を伊邪那美神社でもらっていたこともあり心も進んだ。
不思議なことに、参道の表階段を登ってみると本殿はなかった。少し離れた右側に東向きで建っていた。
本殿で参拝していると、ここでも愛知のSさんから大きな見えない剣を手渡された。しかし、ここでも伊邪那美神社と同じく、ここではないと思い自分の内に入れた。

参道のまん前に本殿がないことに。。。やっぱ不思議だな~っと思っていると、更に奥の山に伸びる裏参道が見えた。
みんなで、その山まで歩いてみた。すると数匹の大きな野生のサルに出くわした。「あっ!猿田彦だっ!」っと声が出た。
その猿田彦の導きで、この山の上に行きたかったが、険しい木々のため、あきらめて出直すことにした。
地元の住人に聞いてみると現在は、車で山の上に行けるとのことでした。
とりあえず、昼食を近くで済ませてから行くことにした。


(写真)三加茂の鴨神社

三加茂の田岡うどんさんでうどんを食べた。双子のような姉妹の背中には、これまた双子のような赤ちゃんをおんぶして、店を切り盛りしていたのが印象に残る。
この「田岡」やはりあの「三代目」と関係のあるうどん屋なのか? 聞きたかったが、やめた。

食後、先に向かったのが、新田神社。その裏山には巨岩の岩陰に遺跡がある場所だった。
途轍もなく大きな青石の側を流れる谷川を眺めていると、滝行をしたくなってきた。。。
役行者(役小角)ゆかりの場所だと気づいた。何か懐かしい感じが込み上げてきた。


(写真)加茂川谷の岩陰遺跡・新田神社横

そして、いよいよ鴨神社の元宮? 地元の参拝者は元宮は無いと言っていたが、向かっている遺跡こそ、参拝すべき場所だと気づいていた。
車でクネクネ、狭い道を進んだ。15分ぐらいだろうか、目的地の丹田遺跡に到着!
僕ののちゃんは、もう居ても立っても居られない気分だった。
まっしぐらに古墳に向かった。
みんなも付いてきてくれた。。。で、僕ののちゃん古墳の上で転ぶ! 身が穢れたまま、古墳の上を踏みあがったからだと思った。 先ほどの新田神社で禊の滝行をしておけば良かったと後悔した。


(写真)丹田遺跡にて

この古墳に、愛知のSさんから授かった見えない剣2本の内、1本を納めさせて頂いた。
恐らく、Mヤさんが伊邪那美神社で言っていた「剣山から剣が沢山飛んでくる」の少なからず1本は、こちらから飛んできたものだと思った。
改めて近い内に三加茂に再来したいと思う。その時にまだ残るもう1本を、大切な別の場所に納めたいと思う。きっとそんな場所があるハズ。。。

三加茂を離れ、最後に向かったのは師匠の家。6人でお伺いした。
目的は、師匠のコレクションを見ていただくこともしかりなんだが、一番は愛知のSさんに淡路島で発見された六芒星の指輪を実際に指に入れてもらうこと!
去年、剣山の例大祭の際に、指輪を拝見しただけで指には入れなかったSさん。しばらく指に入れて、過去生と対話していた感じだった。
きっと、Sさんをはじめ6名それぞれにとって大切な半日を共有できたと思う。
夕方、師匠の家の前でみんなと別れのハグをした。
ありがとう~またの再会を楽しみにしているからね~

始国会 1日目


(写真)始国会の会場となった四国三郎の郷コテージ

今日は昨年7月ぶりの四国でのヒーリングと未来創世の会を美馬市の四国三郎の郷で開いた。
遠くは東京や愛知、そして滋賀などから15名が集まった。
そして僕ののちゃんはホスト役で皆をオモテナシ。
香川のNちゃんもいろいろ僕をホローろしてもらい、乗切ることができた。

忙しい中、福山から駆けつけてくれたTご夫妻とTくん。
バスや汽車を乗り継いで来てくれたSさん、Jさん、Kさん&Kさん。
昨日の淡路島からの流れで参加してくれたMヤさん、Sさん、O親子さん。
そして愛知から来てくれたSさん。
そうそう、パワ友さんもチョッと参加するだけと言っていたのに、一泊して頂いて。。。すみません。

夕食は、お座天!野菜炒め!ネギ焼き!焼きうどん!などなど。コテージ内は油で充満。
最近、ビーガン、いや!それよりも厳しい食事内容のMヤさん、全く天ぷら食べてくれませんでした↓
しかし夜食にご飯と佃煮、漬物を美味しそうに食べていた。

食事が落ち着き、まずは愛知のSさん。。。以前の会から引きずっているという「ブラックボックス」を取り除く作業を13名で行った。これにはみんなの力が必要だったので、優先してやった。
これまでMヤ会において、Sさんの功績は実に大きい。会の参加者の誰かが、何かに気づきお役ごめんとなった瞬間、開放されたその「気?波動?」は変化も削除もされず、次の場所を探すみたいで、その殆どはSさんのアンテナに受信されブラックボックのように溜め込んで、Sさんを困らせていたもよう。

この波動。。。分かりやすくいえばエネルギーなんだが「減ったり増えたりしない」「良いか悪いかって受け取る側によって変る」ってな法則があるみたい。
そのブラックボックスの取り除きに関して、みんなで封印できたかもしれないが、今回は全員一致で、それをシェアすることに決めた。
ただ、シェアし始めた時は順調に13名の意識は纏まっていたが、途中、何か別の意識が割って裂いてきた感があった。

その後、退散していたMヤさんも戻り、一言「厳しさが足りない!」っと。。。
今日集まったメンバーと一緒に居られない理由が、甘いってことのようだ。
わいわいガヤガヤ、0時を過ぎても話しは付かなかった。いつものことだが。
そして、恒例の僕ののちゃんのマッサージタイム。10名ほどですが、マッサージで全身を揉み解した。
少しでも楽になってくれたかな?

洲本どうでしょう

朝かあら淡路入り。。。南あわじ市内で仕事を済ませ、午後1時過ぎに由良のUさんの会社へ。
Uさんは食品会社を経営しており、淡路島産の食材を使った無菌パックの「たこめし」や「あなごめし」などを製造販売している。
昨年12月は東京ビックサイトで開催された「日本災害食学会」で発表をされ、食を通して貢献されている。
僕ののちゃんも、そんなUさん達にお役にたてればと、微力ながらお手伝いしている。
応接まで兄のYさんと、いろいろ研究的なお話しで盛り上がった。
そうこうしていると、MさんとSさん、そして社長のKさんも到着。

今日の午後から、そのUさんの会社の寮で、「洲本どうでしょう」と言う会を開くにあたり、MさんSさんとここUさんの会社で待ち合わせ。
Kさんから寮の鍵を預かり、先に行ったMさんとSさんの待つ寮へ。Kさんと話しが盛上がって大変お待たせさせてしまった!

とりあえず、鍵をあけ全員、寮へご案内。挨拶をして僕ののちゃんは、残務があったので洲本市街へお出かけ。
作業を済ませて、再び寮へ行くと、ちょうどKさんと駐車場でバッタリ。
少しでしたが、会の参加者と懇談を持った。そして朝食用に粥などの食材もご提供頂いた。ありがとうKさん。

深夜1時過ぎまで、会の参加者達とワイワイガヤガヤ。いつの間にか、ヒーリングをしている僕ののちゃん。
詳しくは書けないけど、「琵琶湖」「淡路」「阿波」「阿多」の流れでお役目を持った人が多かったようだ。
その人のそばに居るだけで、なぜか口から出るわ出るわ。。。
何がでるかって?
その時までは覚えているのだけど、離れて日が経つと忘れているのだ。。。
後日、また話してくれると思いだすのだけど、僕にとって「心のマッサージ」って感じかな。

コンサートと最後のMヤ会

今日の昼からは、徳島県小松島市ミリカホールにて、「小松島童謡を歌う会10周年記念」の講座とコンサートが開催されました。
もちろん、講師であるブーちゃん先生も歌います。入場料無料で午後1時から開演、多くの来場者で賑わいました。

とりあえず、一緒に小松島へ向かい。。。リハーサルのためブーちゃんを会場で降ろしてから、昼過ぎまで僕ののちゃんは、ひとり阿南市富岡町へ向かいました。
只今、富岡町の「徳島ぶらり散策」記事を校正中でして、その記載確認のため、取材に協力して頂いた所へ立寄りました。
結構、妙泉寺のご住職さまのお話が面白かったので、いろんな話題でアッと言うまに1時間が過ぎちゃいました。
再就職の話し、永代供養の話し、葬式の話し、縁結びの話し。。。などなど。
この妙泉寺では、12月22日に「冬至開運星祭り・みかん焼きの日」として、10時から18時まで、櫛に刺したみかんを焼いて食べる行事が開催されます。 無病息災、開運と。。。いろいろ冬至に行われる伝統行事に参加してみてはいかが!?

IMG_7117.jpg
(写真)妙泉寺の境内に咲いている10月桜だったけ? 11月下旬というのに毎年桜が咲くとのこと! ビックリ!

住職様と別れて、お菓子屋さん、うどん屋さん、ホテル、観光案内所などへ記事の確認のため回り、小松島のコンサート会場へ急ぎました。

IMG_7124.jpg
(写真)コンサートの様子。ピアノは山本先生、デュオは義姉(左)と、ブーちゃん(右)

会場に着いたころ、第一部のわらべうたを皆と歌うコーナーが終わりかけでしたが、あとは最後まで会場で歌を聞いたり歌ったりしました。
出演者の皆様、お疲れさまでした~

コンサートの後、ブーちゃんは義姉に任せて、ひとり図書館へ本を返しに行き、いざ!兵庫県作用町のMヤ会へGOGOGO!
徳島から高速道を走り、夜8時過ぎに、みんなのいるコテージに到着しました。
いつものことながら、懐かしい顔ぶれ。。。いきなりのハグもあったりと、暖かく向かい入れてくれました。
今日がMヤ会として最後の会、2年半も続いてきた会もラスト! お酒、会話、ヒーリング、マッサージと深夜3時ぐらいまで、みんなワイワイがやがや。
結局、大部屋に20数名全員が雑魚寝状態で朝を迎えることになりました。まるで懐かしの修学旅行だっ!
僕ののちゃんは、10人ほどの男女にヒーリング&マッサージを。。。5人ぐらいかな逆にされました。
記念に残る最後のオールナイトのMヤ会でした。

淡路島で巨石を見て、いざ岡山美作へ

今日は岡山の美作で開催されるMヤ会へ参加するため、午前10時過ぎ、いざ!出発。。。途中、洲本ICで高速道路を降りて、淡路市の巨石とナフシャを訪ねた。

参道の栗
(写真)最初に訪ねた洲本市秋葉山の交合石の参道。栗の殻が沢山落ちていた。

淡路市秋葉山の巨石
(写真)目的の交合石。割れ目の下が女性で、上が男性だとか。近くで見るとかなりの迫力!

巨石の看板
(写真)交合石の案内看板。

淡路市の俵石
(写真)次に訪ねたのは淡路市山田小学校裏手の山腹にある俵石。山麓から見ただけだが、何となくモアイの顔にも見える。

淡路古事記研究会にて
(写真)淡路古事記研究会の初会講演会が淡路市のナフシャで開催されていた。門市長をはじめ、会長の三村さん、準備から運営を手がけている松嶌さん、ナフシャオーナーの尾崎さん。。。他、沢山の人達が参加していた。
もちろん、パワ友さんとMさんもいた。

翔ちゃんのイスラエル料理
(写真)ナフシャの翔ちゃんの新メニュー「イスラエル料理のランチ」もちろん僕ののちゃんも安心して食べれる「ビーガン・ベジタリアン」料理なのだ!! 色合いも美しく非常に美味しかった。僕ののちゃんが人生において、外食した中で「ナンバー1」のランチです。翔ちゃんの思いが非常にこもった芸術でもあります。

夕方、再び、淡路島の東浦ICから高速道路にのって、Mヤ会のある岡山美作へ。。。夜9時前に到着。
暗い山道をクネクネ走って辿り着いたコテージの扉を開くと。。。そこには、いつもの笑顔が沢山ありました。
お互いヒーリングし合ったりして、アッと言うまに午前4時!寝なきゃ!!

ののちゃん会2日目 東祖谷の龍宮崖にて

日は変り、2日目。。。夏と言えども、さすがに東祖谷の深夜は冷える冷えるドクロ

窓を閉めて、話しは午前3時過ぎまで続く。。。

参加していたSさんが、急に立ち上がると、「行ってきます!」。。。へぇはてなマーク 「おやすみ」ではなく!?

今から剣山の頂上へ行くとの言葉を残し、一人で剣山へ行っちゃいました叫び 午前3時30分ごろ

このSさんは、過去生において、○ラの王であり、それ故、剣に登られたようだ。


とりあえず、残りのメンバーは会場で就寝。 朝8時ごろまで休みました。

朝食は半田そうめん。 そうめんですが、普通よりかなり太目。

午前10時前に、剣山の頂上よりSさんが無事に戻ってこられました。お疲れ様~っと思いきや全然疲れていないご様子爆弾


ののちゃんブログ-龍宮崖の吊橋にて (写真)会場近くの龍宮崖の吊橋を渡る。

ののちゃんブログ-龍宮崖の吊橋にて (写真)解散前に全員で手を繋いで黙祷と宣言。


朝食の後、Mヤさんが、封印を解くのは「愛」ではなく、「情」だとビックリマーク

剣山に隠されたアークとは、つまり。。。

答えは僕の心の中に留めておこうと思います。 スミマセンあせる

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3175位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
742位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。