スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ展へ


(写真)小浜ご夫妻と。

今日は那賀町の童謡を歌う会に参加。ここ3回、別の用事で参加できなかった僕ののちゃんだか、久しぶりに着いてみると、男性メンバーが一人増えていた(^-^)
しかも見学にもう一人、男性が来館していた。

昼前に歌を終え、午後2時ごろ、徳島市内のとある場所で、グループ展が最終日とのことで、ブーちゃんと向かった。

その中に、高校の時に同級生だったKさんの旦那さん、その時の美術顧問のN先生も作品を出品されていた。
スポンサーサイト

童謡を歌う

寝坊して雨の中、ブーちゃん先生と歌の会場がある那賀町へ一緒に向かった。
近道として羽ノ浦から和食へ抜ける川沿いの道を通ったが途中、通行止め。少し迂回して開催15分前に無事に到着。
今日、歌った曲は次の通り。


ふたあつ 作詞:まどみちお 作曲:山口保治

あの町この町 作詞:野口雨情 作曲:中山晋平

春よ来い 作詞:相馬御風 作曲:弘田竜太郎

あした 作詞:清水かつら 作曲:弘田竜太郎

悲しくてやりきれない 作詞:サトウハチロー 作曲:加藤和彦 編曲:青木望

今日の日はさようなら 作詞・作曲:金子詔一 編曲:小池孝志


(写真)会場の雛人形

そうそう、童謡の会場では、今月いろいろイベントがあるよ。地元の人達が描いた地元の風景画や写真の展示が開催されている。

午後からはパワ友さん宅へ。チョッと見てほしいとのことで、井戸を中心に岩が美しく配置されている庭へ案内して頂いた。そこには北斗七星と北極星、そしてカシオペア座など星座を表現したスポットが新設されていた。


(写真)中心にある井戸でポップコーンが5分でできあがった。ゴマ油が香ばしい熱々の

そのあと、2月29日が誕生日の師匠宅へ。閏日のため今日が誕生日ということで、パワ友さんと二人で祝った。80歳ちょうど。生きていれば僕の父親もこの3月で同じ80歳だった。帰り、美味しいみかんと、鳴門わかめの茎を沢山お土産に頂いた。

そして最後に伺ったのが、石井町のMさんの酒造会社へ。まだ未定だが、この月末の29日にある土御門ウォーキングで巡る予定の橿原神社にて、このMさんに解説していただくかもしれない。
このMさんは、独特でオリジナリティー溢れる歴史感の持ち主。もののべの話で時間の経つのも忘れるほど楽しかった。

オペラと火事

香川のNちゃんよりコンサートのご招待をいただき、ブーちゃんと高松へ向かった。 今年で設立30周年のオペラの団体、四国二期会のガラコンサートで、バリトンの玉置先生など、四国は香川などで活躍されているオペラ歌手が集結し、素晴らしい歌声を披露した。
ブーちゃんも昔、この二期会の徳島支部のメンバーだったそうで、昔を思い出しながら、観ていたもよう。夕方、ブーちゃんが徳島で歌のあわせがあるとのことで、2部あるコンサートのうち、前半の一部のみを聴いて、Nちゃんにご挨拶して会場をあとにした。

DSC_0432_20150202011421977.jpg
(写真)四国二期会 設立30周年記念 オペラガラコンサート2015 パンフレット

高松より徳島に戻る途中、母から電話で、2軒隣りの民家が火事との知らせがあり、母が住む実家へ急いで向かった。まだ消化にあたっている最中で、現場のSさん宅は全焼。幸いにも隣近所へ火は移っていないようだった。この家は、年老いた母と娘の二人暮らしで、後のニュースによると、残念ながら1人死亡とのこと。。。心より、ご冥福をお祈りいたします。

DSC_0434_20150202011422046.jpg
(写真)実家近くで火事 道路の消火栓

歌は誰のモノ?

DSC_0359.jpg
(写真)鳴門ロマンチック街道の野外彫刻、奥の海はハリーマ (播磨灘)

今日の昼ごはんは、昨年末の余ったもち米を使って、餅つきマシーンでついたお餅をいただいた。やはりつきたては美味しい!
午後から、ブーちゃんと義姉が昔、クラッシクコンサートで歌ったライブ音源をCD化する作業をやった。でもこの作業、ほとんどが著作権の調査と手続きで、実質的な編集作業は全然できないまま。。。
歌の分野はクラッシク系、具体的に言うと、イタリアオペラや懐かしい日本歌曲集が中心、日本のJASRAC(日本音楽著作権協会)だけでなくイタリアのSIAE(イタリア著作者出版者協会)も権利を所有する曲があるので、調べるだけでも大変大変。

いろいろ調べていると、日本よりイタリアの著作権に対する監視と制裁が凄いことになっているようだ。歌を外で口ずさむだけでSIAEの担当者が飛んでくる!ってな話しがあったりなかったり。。。完全に権利ビジネス化しているイタリアの歌事情、果たして来月、バチカン市国でブーちゃん達は歌を歌うことができるのだろうか?

歌は海の彼方、天の果て、時空を越えて、響かせることができる、とても自由な愛の波動。
それをビジネスのために、がんじがらめにして本来の歌のあるべき姿と力を失わせていないかな。
歌は誰のもの? 歌だけでなく、何でもがんじがらめにしていないか。

明日の個人的な予定。
朝から夕方まで、講義の仕事をして、夜に淡路入りし、F先生の事務所に立寄る予定だ。

日本へ渡来してきた女性の記憶

YURAI CD
(写真)YURAI のCDとジャケット

午前11時から夕方まで、母の病院通いと買物などをサポートするため、車で同行した。
母が用事している間、車内で YURAI のCDを聞いていると、8曲目の「Orphans」で何回も泣いた。
泣いたというより、咽び泣きに近い。
歌詞もそうなのだが、曲を聞きながら、インスピレーションを受けた映像に泣けたのかもしれない。
遠い遠い、昔の記憶、いや記憶じゃなく、ほとんどの日本人のDNAに刻まれた、記憶なのかも。
僕にとってこの曲は、そんな記憶を呼び覚ます歌なんだと思った。

楽園の島を目指して、黒潮に乗って、葦舟でやって来た渡来人の姿が思い浮かんだ。
その渡来人は、嵐の中、ようやく楽園の島に、辿りつくが、乗船していた人の中、生きていたのは女性ひとり。
その女性は赤ちゃんをはらんでいたが、出産後、すぐに亡くなった。
遺された赤ちゃんは、先住民に育てられ、そのDNAは、多くの日本人に受けつがれている。
そんなイメージを想いながら、聞いていると、咽び泣きとなってしまった。

人はそれぞれ違っているけど、実はみんな同じDNAを持っている。ただ組み合わせ方次第で、人種や男女や個性が違うだけ。
多種多様の中で、育まれたこの命は、自分だけのものでなく、みんなが共有する、未来へのメッセージ。
言葉で上手く言えないけど、ここ最近、歌で泣けたのは、久しぶりだ。
その歌の歌詞を下に記します。 CDを聴きながら、歌詞をタイプしたので、オリジナルと異なるかも。

Orphans

いつでも夢は はかなくて 伝えきれぬ 想いを抱きしめて 佇んだきみを 月が照らす

天使はそっと 囁いた きみの背には みえない大きな 翼があるから 越えてゆける

宙に浮かぶ 蒼い月を 胸にいだいた あの夜は 永久い夢


いつからここに いるのかは 永い旅の 終わりも始まりも つながっていると きみは呟いて

涙さえも 星にかえて 胸をひろげ あの空を 飛びまわれ 今は…


宙に浮かぶ 蒼い月を 胸にいだいた あの夜を越えてゆく

夢をだいた あの空を 越えてゆく

星の記憶 あの夜は きみの夢


ユライのホームページ → http://www.yuraiworks.com/

合唱とドイツ館とバレエ

毎月1回の童謡を歌う会。今日、みんなで歌った歌は以下の通り。

① かわいい魚屋さん   作詞:加藤省吾 作曲:山口保治   Youtube

② 海   作詞:不詳 作曲:不詳   Youtube

③ 金魚の昼寝   作詞:鹿島鳴秋 作曲:弘田龍太郎   Youtube

④ 牧場の朝   作詞:杉村楚人冠 作曲:舟橋栄吉   Youtube

⑤ フニクリ・フニクラ   作詞:ジュゼッペ・トゥルコ 訳詞:清野協/青木爽 作曲:ルイージ・デンツァ   Youtube

⑥ アロハ・オエ   作詞・作曲:L. Liliuokalani 訳詞:徳山 璉   Youtube

那賀町での合唱の後、会場隣の美術館でコンサートがあったが、次の予定があったので、鑑賞せず帰宅。

16時より鳴門市ドイツ館で、パワ友さんの計らいで、第一世界大戦勃発100年と題しての展示会の打合せに行くことに。
とりあえず、連載記事「徳島ぶらり散策」の記事として書くことが決定した。 尚、先日作ったポスターは、また別のカタチで再利用する予定で決まった。

夕方からは、市内のホールで開催されるバレエ「くるみ割り人形」をブーちゃんと観に行った。 僕達が良く知るバレエダンサーが出演するとあって、楽しみにしていたバレエだ。

IMG_5583.jpg
(写真)開催前の会場にて パンフを手に撮影

童謡を歌う

IMG_5033.jpg
(写真)教室に飾られた生け花

今日、みんなで歌った童謡と愛唱歌は以下の通り。

① 水あそび   作詞:東くめ 作曲:滝廉太郎   Youtube

② 池の鯉   作詞:不詳 作曲:不詳   Youtube

③ 港   作詞:旗野十一郎 作曲:吉田信太   Youtube

④ ゆりかご   作詞:北原白秋 作曲:草川信   Youtube

⑤ サンタ・ルチア   訳詞:堀内敬三 作曲:T.Cottrau   Youtube

⑥ 波浮の港   作詞:野口雨情 作曲:中山晋平   Youtube

童謡を歌う

那賀町相生の童謡を歌う会、新年度が今日スタートしました。
実は昨夜、奈良市内のゲストハウスで一泊する予定でしたが、妻のブーちゃんが講師をつとめる童謡の会の参加を優先し、日帰りで早朝5時前に奈良から帰宅し、3時間ほど睡眠をとってから会場の那賀町へ。
みんなで歌った童謡と愛唱歌は以下の通り。

① 港 作詞:旗野十一郎・林柳波 作曲:吉田信太   Youtube

② うぐいす   作詞:林柳波 作曲:井上武士

③ 背くらべ   作詞:海野厚 作曲:中山晋平

④ おぼろ月夜   作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一   Youtube

⑤ ローレライ   訳詞:近藤朔風 作詞作曲:Heinrich Heine・   Youtube

⑥ 椰子の実   作詞:島崎藤村 作曲:大中寅ニ   Youtube

昼食の弁当を食べてから、相生森林美術館へ。クレパスで描かれた近代画家達の作品展が開催されていました。

そして午後2時から、チェロとギターのミュージアムコンサートを楽しみにました。
出演のチェロソリストの田上さんは、僕とブーちゃんを引き合わせくださった女性。
木製弦楽器の演奏だけあって木造の美術館内に相性優しく響いておりました。G線上のアリアなど12曲を演奏し心地よい時間を過ごしました。

童謡を歌って、兄の家でお食事会

今日の童謡を歌う会は、ピアノ伴奏のK先生がお休みのため、ブーちゃんの姉が代わりに同行。
僕が運転する車は、いざ那賀町へ。
みんなで歌った童謡と愛唱歌は以下の通り。

① 俵はごろごろ   作詞:野口雨情 作曲:本居長世   Youtube

② 小鳥のように   作詞:不詳 作曲:ドイツ民謡

③ いたずらすずめ   作詞:関根栄一 作曲:中田喜直

④ おうち忘れて   作詞:鹿島鳴秋 作曲:弘田龍太郎   Youtube

⑤ 切手のないおくりもの   作詞・作曲:財津和夫   Youtube

⑥ 銀色の道   作詞:塚田茂 作曲:宮川泰   Youtube

ブーちゃん先生の午後の子どもの部、今日は休みだったので、3人は姉の家へ。。。
晩御飯をかねてのパーティー!

IMG_8690.jpg
(写真)僕ののちゃん用に準備してくれたビーガンカレー

クリスマス・コンサート

今日の午後、吉野川市鴨島町で開催された「クリスマス・コンサート」に連載記事の雑誌でお世話になっているNさんと行った。そのコンサートでは、名古屋から呼ばれたバイオリニストと、ピアノのKさん、そして歌はブーちゃんの3人が出演。。クリスマスの曲だけでなく、日本の歌やピアノ、バイオリンのソロもあり、充実の90分だった。
僕ののちゃん的には、ピアノとバイオリンとブーちゃんの唄の三重奏が、美しく音色が絡み合い、非常に良かった!

会場は200人席が一杯となり、追加の椅子を並べるほどの盛況ぶり。
喉の調子がイマイチなブーちゃん。。。を心配しましたが、最後まで歌い切りました。


IMG_7627.jpg
(写真)クリスマス・コンサートを終え、サンタの子ども達から花束を受け取った演奏者達。

今回の演奏に合わせ、会場のグランドピアノを市内の美郷小学校から運んできたそうだ。今後もこの会場で使っていくとのこと。眠っていたピアノが再び、人々の前で演奏された記念すべき日でもあった。ちょっと感動!

帰りは、Nさんを送り、夕方、ブーちゃんとインドカレー店、そして久しぶりにカフェにも行きました。
今年最後のコンサートを終えたブーちゃん、お疲れ様。

今回のコンサートの様子は、ecoja1月号のNさんの記事に急遽、掲載していただけるとのこと!
そしてたぶん、鴨島の中央テレビさんが撮影に来られていたので、吉野川市などのローカルで放映されているかもしれません。

童謡を歌い、和食の蛭子神社へ

今年最後のブーちゃん先生の童謡を歌う会に参加。

IMG_7192.jpg
(写真)会場近くのイチョウの木。黄金に輝く姿に目がとまった。

今日、みんなで歌った童謡と愛唱歌は以下の通り。

① グッド・バイ   作詞:佐藤義美 作曲:河村 光陽   Youtube

② たき火   作詞:巽聖歌 作曲:渡辺茂   Youtube

③ ペチカ   作詞:北原白秋 作曲:山田耕筰   Youtube

④ おもちゃのチャチャチャ   作詞:野坂昭如・吉岡治補作詞 作曲:越部信義   Youtube

⑤ ドレミの歌   サウンド・オブ・ミュージックより 日本語歌詞:ペギー葉山   Youtube

⑥ 雪の降る町   作詞:内村直也 作曲:中田喜直   Youtube

童謡を歌って昼食をとり、ブーちゃんが子どもの部を担当する時間、ひとりで那賀町和食の蛭子神社の吉田宮司へ挨拶に行った。アポ無しで伺ったが、事情をきちんと説明して、次回、改めて取材を受けていただく日程を決めて頂いた。
来年1月号のecoja「徳島ぶらり散策」は和食の蛭子神社の「十日戎市」に決定!

唄を歌い、那賀町を廻る

今日は童謡を歌うため、ブーちゃんと那賀町へ。
ときどき雨がパラパラしていたが、会場に着いたころ、晴れ間も。。。那賀町の山々はあと数週間で紅葉のピークだ。

IMG_6695.jpg
(那賀町の紅葉川の紅葉)

みんなで歌った童謡と愛唱歌は以下の通り。

秋の子   作詞:サトウハチロー 作曲:末広恭雄   Youtube

ねこふんじゃった   作詞:阪田寛夫 作曲者:不詳   Youtube

あんたがったどこさ   わらべうた 編曲:熊谷孝   Youtube

おにぎりころりん   作詞:まどみちお 作曲:小森昭宏   Youtube

遠くへ行きたい   作詞:永六輔 作曲:中村八大   Youtube

バラが咲いた   作詞 作曲:浜口庫之助   Youtube

童謡を歌って昼食をとり、ブーちゃんが子どもの部を担当する時間、ひとりで那賀町請ノ谷から平谷にかけてドライブ。 すると神社の各舞台に共通ののぼりを発見。それには「杜舞台」と。。。その内の2軒を訪ねてみた。

IMG_6704.jpg
(辺川神社)急な斜面にへばり付くように階段があり、登と拝殿がある。

IMG_6713.jpg
(辺川神社の舞台アート)和紙をオブジェに幻想的な空間を演出。備前焼の陶芸も展示されていた。

IMG_6714.jpg
(辺川神社境内の寒椿)

IMG_6725.jpg
(谷内八幡神社)

IMG_6723.jpg
(谷内八幡神社舞台のアート)舞台の奥に銀河を表した巨大作品。

IMG_6719.jpg
(谷内八幡神社境内のアート)那賀川の支流、谷内川の水車の力を利用した太鼓などの音色を響かせるアート。

IMG_20131110220549a7b.jpg
(杜舞台の芸術作品店チラシ)

初秋の童謡を歌う

月に一度、徳島県那賀町にて、童謡を歌う会に参加した。
行きしな、非常に強い雨になり、今日の参加者は少なくなりそうだ!っと思いきや、前回よりも沢山の歌仲間で賑わった。

川口ダム
(写真)大雨の川口ダム。徳島県の大河、那賀川にあるダム。このダム湖畔に歌の会場がある。

今日、みんなで歌った童謡と愛唱歌は以下の通り。

ひよこ   作詞•作曲者:不詳   Youtube

山羊さんゆうびん   作詞:まどみちお 作曲:団伊玖磨   Youtube

月見草の花   作詞:山川清 作曲:山本雅之   Youtube

とんでったバナナ   作詞:片岡輝 作曲:桜井順   Youtube

大きな古時計   作曲:ワーク 訳詞:保富康午 編曲:小林秀雄   Youtube

少年時代   作詞•作曲:井上陽水 作曲:平井夏美 編曲:松山祐士   Youtube


栗
(写真)歌う会場に飾ってあったMさん作の生け花。栗が美味しそう!

歌の先生ブーちゃんが、昼から子どもの部の指導の間、僕ののちゃんは、会場から12分ほどの、美波町赤松へぶらり散策&ドライブを楽しんだ。

阿地屋バス停
(写真)美波町赤松、阿地屋のバス停。1日5往復もバスが留まるんだ。

(旧)相生町から(旧)日和佐町の間を通る県道19号線。赤松トンネルを抜け、しばらくしてその立派な2車線道路から旧道に入ると、赤松の中心街に入る。

美波町赤松
(写真)赤松、阿地屋の旧街道。 静かな佇まい。 商店や豆腐屋が営業していた。

道沿いには、3、4つの碑があり、その中に「宇喜津城城址の碑」があった。その内容は、

足利6代将軍義教専横にして諸将服せず、嘉吉の乱に於て赤松満祐に討たる。
是より先、播磨の国守護赤松則村の孫、三郎兵衛義祐、応永13年家臣を率いて来たり、
宇喜津城を築いて当地の初代たり。。。


なるほど。徳島に藩地をもっていた赤松公の所縁がここにもあったのか! そういや、この場所は美波町赤松、だもんなぁ。

美波町赤松神社
(写真)赤松神社

今年平成25年も、この赤松神社の本殿前ひろばにおいて、「奉納花火」の祭りがあるらしい。
町の人に聞いてみたところ、10月6日の夜にあるとのこと。 タイミングが合えば、行ってみたい。
この美波町赤松と那賀町相生の「花火」の違いも比べてみたいものだっ!
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
5253位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
1226位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。