スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメント映画「原発と再生可能エネルギーの真実」ビデオ編集完了!

本職の仕事の合間に、大村和生さん監督の「原発と再生可能エネルギーの真実」のビデオ修正をしておりましたあせる
和生さんからの修正内容は、字幕プロフィールの変更や音量調節、そして映像挿入などありましたが、どうにか編集を完了。。。明日、郵便でそのDVDを確認のため和生さんに送る予定にしています。


ののちゃんブログ-原発と再生可能エネルギーの真実より
(映像)ドキュメント映画の1シーンカチンコ

ののちゃんブログ-原発と再生可能エネルギーの真実より
(映像)和生さんの自宅前にて収録したオープニングシーン。


ののちゃんブログ-原発と再生可能エネルギーの真実より
(映像)徳島の剣山山頂近くにて、主演の山田征さんのインタビューシーンカチンコ


ののちゃんブログ-原発と再生可能エネルギーの真実より
(映像)その山田征さんをインタビューする和生さんカチンコ

ののちゃんブログ-原発と再生可能エネルギーの真実より
(映像)剣山から場所を変え、居間で記事などを使って説明する征さんカチンコ

ドキュメント映画のタイトルが。。。「原発と再生可能エネルギーの真実」。。。っと、題そのままの内容について、山田征さんと大村和生さんがやさしく解説して頂いています。

最終的にOKなら、この映画は無料配布となる予定です。


スポンサーサイト

とうとう明日、7Gウォーカーが富士山入りだっ!

いよいよ明日。。。あの7Gウォーカー達が富士山入りするそうですグッド!
7Gと言えば、今年2012年の6月1日前日から6日まで徳島を歩ききって、その様子を所々ですが、僕ののちゃん撮影させて頂きましたカチンコ

。。。んで、今日その映像を99分ほどに1本の映像として編集しましたニコニコ できれば11月3日に宅急便で富士山の会場に、このDVDを送ってお渡ししたい。。。っと思っておりますビックリマーク

でも、微かな希望としては、当日、手渡しで渡せれば!!。。。とも願っていたりもしていますあせる
明後日、11月1日は別のドキュメント映画の撮影で大阪入りなのですが、もし仕事が入らなければ、そのまま富士山に行ってみたいな~


ののちゃんブログ-7 Generations Walk 2012
(映像)ビデオのオープニング。


ののちゃんブログ-7 Generations Walk 2012
(映像)ビデオのタイトル。


ののちゃんブログ-7 Generations Walk 2012
(映像)徳島県小松島市でのビデオ映像。


ののちゃんブログ-7 Generations Walk 2012
(映像)徳島県神山町アースディでのビデオ映像。


ののちゃんブログ-7 Generations Walk 2012
(映像)徳島県鳴門市でのビーナストランジットのビデオ映像。

7Gのブログによると、明日から11月4日までの詳細は、次の通り。。。


10月31日(水)夕方 ハートランド入り

11月1日 (木)ティピを張るなどの準備

         夕方 セレモニー

11月2日 (金)朝  セレモニー

         昼 周辺の聖地巡礼

         夕方 食事&トークサークル 

11月3日 (土)ファイナルイベント 結びの祈り 

          5:30 朝の祈り&トークサークル

         10:00 富士アイヌ式お祈り

         12:00 昼食

         14:00 お祈り&トークサークル

         17:00 WPPD式のお祈りで輪を解きます。

         夕方 ファイナルパーティー

11月4日 (日)片付け

         富士聖地巡礼


会場:朝霧高原 ハートランド

http://asagiri-kantoku.net/

入場無料:縄文式(ドネーション方式)

宿泊する場合など詳しくは、7Gのブログをご覧ください。

N進法と144,000人

今日も講師の仕事をしていると。。。浮動小数点の問題があったので、それと関わりのある「N進法」のそれぞれの意味を簡単にまとめてみましたニコニコ


(一進法)

日本や中国では五画の漢字である正を書いて数を数える方法があるが、これも5つごとのグループでまとめる一進法である。


(二進法)

二進命数法とは、2 を底とする命数法である。真の二進命数法では、2n に対応する数詞があり、数はそれらの和で表される。自然言語では、このような命数法はパプアニューギニアのメルパ語(Melpa)でのみ知られている。


(五進法)

片手の指の数に由来する。自然言語で五進命数法の数詞を持つものは少ない。完全な五進法はオーストラリアのグマチ語(Gumatj)でのみ見出されている。


(六進法)

六進法はまれに単位系で使われることがある。尺貫法では、1間は6尺である。自然言語では唯一、ニューギニア島近くのフレデリク・ヘンドリク島のンドム語(Ndom) が六進法の数詞を持つと報告されている。


(八進法)

指自体ではなく指の股を数え方が示唆されている。自然言語では、メキシコの北パメ語(Northern Pame)やアメリカ・カリフォルニア州のユキ語(Yuki)などが八進法を用いている。


(十進法)

人間の 10 本の指に由来する。現在、世界の言語の数詞は十進命数法が圧倒的であり、北京官話、英語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、ドイツ語など、話者数の多い言語のほとんどで使われている。


(十二進法)

片手の人さし指から小指の計12個の節を親指で示す数え方が示唆されている。自然言語で十二進命数法の数詞を持つものは少ない。ナイジェリアのジャンジ語やネパールのチェパン語(Chepang)など。


(十五進法)

自然言語では、パプアニューギニアのフリ語(Huli) が十五進法の数詞を持つ。


(十六進法)単位系の十六進法では、数は十進法を用いて表記し、16 に至ると単位を繰り上げる方法を採る。ヤード・ポンド法では、質量の単位に十六進法が用いられる。


(二十進法)手と足の指の数に由来する。中央アメリカのツォツィル語 (Tzotzil)、アジアではアイヌ語など、その元になったのはマヤ文明であり、マヤ暦では20日をウィナル、1年をトゥンといい、1年を20日×18周で概算した。年の単位も二十進法に則し、20年をカトゥン、400年 (= 202年) をバクトゥンと呼んだ。


(二十四進法)

1日は 24 時間である。また金の含有率を示すカラットは24分率である。自然言語では、パプアニューギニアのウンブ・ウング語(Umbu-Ungu)が二十四進法の数詞を持つ。


(六十進法)

天文学の分野でシュメール及びバビロニアの六十進法が使われた事から、現在の時間や角度の単位に使われている。ニューギニア島のエカリ語(Ekari)でも六十進法の数詞が使われている。



ところで最近14万4千人という数字をよく耳にします耳

これを二進法に変換すると、100011001010000000人叫び 八進法だと、431200人。

では、シュメールと関係のある六十進法としての144000人を
逆に現在よく使われている十進法に変換すると。。。はてなマークはてなマークはてなマークはてなマークはてなマーク トンでもない桁数&規模になりそうだっDASH!

ワクワク&アイタタッの淡路ツアー

朝9時ごろ、パワ友さんと落合って。。。イザビックリマーク淡路島へGOGOGODASH!
まず、向かったのは洲本市近くの先山(せんざん)。 この山は「淡路富士」とも呼ばれ、標高は448mあるらしい。

昨日の雨がまだ少し残っていましたが、2人とも傘を忘れたのでそのまま、山頂近くの駐車場から千光寺の本堂へ行きました走る人

この千光寺は、「淡路西国八十八ヶ所」の第1番目の札所で、珍しく境内には狛犬でなくイノシシが置かれていましたうり坊


ののちゃんブログ-先山千光寺
(写真)長い階段を登ると、千光寺の立派な本堂がありました。


今日は日曜日とあってか、本堂の奥の六角堂では、御坊さんが何やら般若心経をあげ、喪服を着た家族&関係者が一緒にお経をあげていました。

幸運にも、雨もあがり、微かなガスの切れ目から、下界の洲本市内が覗けました目

少し甘いモノが欲しくなったので、パワ友さんと西茶屋で、あんころ餅とお茶を頂くことにお茶お団子
店主といろいろ話していると、この千光寺は高野山の別格本山らしい。。。


ののちゃんブログ-先山西茶屋
(写真)先山西茶屋のあんころ餅。 ようかんもありました。 店主曰く、昔はさらに上の寺の仁王門前にあったらしい。


途中、簡単に昼食を済ませ、由良のKさんを訪ねました車

今日の一番の目的は、パワ友さんが手配した大麻(おおぬさ)をKさんに奉納することビックリマーク
さっそく、箱から大麻を取出すと、Kさん大喜びニコニコ

紫苑山(しおんのやま)祭主であるKさん、私達2人の頭の上で祓って頂きました。


とりあえず、来月11月6日、7日の紫苑の山 国生み・国造り祭りのことや、当日の記録撮影などについて、お話しさせて頂きました。

残念ながら、平日に祭りがあるので、パワ友さんは仕事のため参加できましせんが、Kさんは祭り会場の一つ、三上岳頂上の神社などをご案内くださることになりました車


車を道脇に駐車して、山道を歩くこと10分。。。三上岳の山頂に到着フラッグ

丸く平らな山頂部分に、その三上岳神社がひっそりと鎮座しておりました。 シンプルでありながら何か強烈なスポットだビックリマーク Kさんから、この場所の所縁を詳しく説明して頂きました~ぁ。。。大変興味深い内容でした叫び ぜひ、祭りにご参加してチェックしてみてくださいね~ニコニコ


ののちゃんブログ-三上岳山頂より
(写真)三上岳山頂より、先山頂上を望む。


三上岳山頂の神社にて、大麻(おおぬさ)の祓い&Kさんの祝詞。。。そしてパワ友さんの欲しかったトアルモノをゲットして下山走る人
山道をワイワイ話しをしながら下山している途中。。。僕ののちゃんの頭に目がけて、赤ちゃんの拳ぐらいある黒い物体が打つかってきました爆弾  その瞬間、アイタタッの激痛が頭にドクロ 大きなハチにさされた感じハチ
パワ友さんに見てもらうと、やはり何かに刺されているとのこと。。。

Kさんもご経験のある、日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)も疑いながらも。。。駐車場まで戻りました。

この日本紅斑熱は、虫に刺され10日後ぐらいに高熱がでるとのこと。。。ちょうど今日から10日後は、その紫苑山の祭り。。。 ひょっとして~僕ののちゃん不参加叫び

まぁ~いろいろ考えても仕方ないので、パワ友さんから何でも効く塗り薬を塗ってもらい。。。イザビックリマーク次の目的地へ車
そこは、まさに幹線道路の脇。 茂みの奥に低~ぃ鳥居。。。かなり土で埋まっている感じ。。。その奥に洞穴がありました目

洞穴の上部には光が差込む穴があって、幻想的に廃社となった祠が浮かび上がっていましたキラキラ


ののちゃんブログ-岩戸神社
(写真)この洞穴の岩戸神社は、誰からも忘れ去られたようにひっそりと佇んでいました。

僕ののちゃんが思うに、以前の大地震などで、洞窟内が崩壊したとみられ。。。土砂で可也の部分が埋まっているように感じました。

パワ友さんは、神秘的なこの洞穴を非常に気に入っていたご様子。 もちろん僕ののちゃんも、今日のツアーの中で、一番感動したスポットです。 Kさんビックリマークご案内して頂き、誠にありがとうございましたニコニコ

ののちゃんブログ-大麻
(写真)パワ友さんのご配慮で、僕ののちゃんも大麻(おおぬさ)を持ってお祓いさせて頂きましたチョキ

岩戸神社をあとに。。。途中、3人は喫茶店でお茶コーヒー ワラビ餅&コヒーを頂きならがら、先ほど刺された頭がズキズキドクロ

少し無理言って、洲本病院の救急医療に付いて行ってもらいました。。。

日曜日ながらも病院の緊急ロビーは大繁盛あせる 受付で聞いてみるも、今日は救急が多いのですぐに診れないとのことダウン

。。。ってなことで諦めて、Kさんを送りに由良へ。。。

それから、徳島にてパワ友さんとバイバイして、帰宅DASH! ブーちゃんに虫刺されのことを言うと、病院へ行くことを強く勧められ、地元の市民病院へ病院

受付で「今日は4人ほどスズメバチに刺されて救急に来ています。 こんなの珍しいです。。。」っとあせる

この時期って、スズメバチの被害が多いのかはてなマーク

診察では、2時間までにアレルギー症状など何か異変が起こるらしい~が、僕ののちゃんは、刺された頭の部分がズキズキ痛いだけで、血圧も体温も異常なし。。。しかも5時間以上経過しているし時計
ってなことで、大丈夫そう~音譜 念のため飲み薬と塗り薬を頂きました。


ところで、刺された頭、今のところ痛みも取れ大丈夫そうです。 Kさん&パワ友さん、今日もいろいろとご案内して頂きありがとうございました。 そして、いろいろとご心配をお掛けしました。

阿波市、一條神社の秋祭り

午後から久しぶりに、師匠に会いに行きました。

ちょうど、お茶用の黒米を炒っおられました。 ボランティアでこのお茶を必要な方々に渡しているのだとか。。。 僕ののちゃんも以前、このお茶を頂きまして、たまぁ~に飲んでいますお茶

外では、のどかな風景。少し風邪気味のラブラドール犬のミドリ、柴犬のラッキーとナナは元気そうわんわん


ののちゃんブログ-蛙と犬のミドリ (写真)アマガエルのピョン吉とラブラドール犬のミドリ。


お茶の仕度を終え、応接間で古文書などを拝見していると。。。ピンポ~ンっと玄関で。。。若い青年にお祝い袋を渡す師匠はてなマーク
その後、奥様が僕ののちゃんの車を移動して欲しいと言われたので、何故かな~っと行ってみると、賑やかな神輿(だんじり)がこちらに向かって来ましたDASH!

ののちゃんブログ-吉野町一条神社の秋まつり (写真)担ぎ手は君が代のハッピ。 この神輿は一條神社秋祭りの「君が代」の神輿(だんじり)。


しかし、こんなに沢山の若者が神輿(だんじり)を担ぐ姿をみるのは珍しい。。。しかも威勢が良いニコニコ

年々担ぎ手が高齢化&減っている今、これほど元気いい若者が揃うのには驚きましたビックリマーク

高くあげたり、低く落としたり、ぐるぐる回ったり。。。乗り子さんが落ちそうなぐらい傾いたり。。。心配になるほど、暴れたりヘタってたり、ビデオ撮影しながらも手助けしたくなる気分DASH!

ののちゃんブログ-吉野町一条神社の秋まつり (写真)乗り手の子どもたちは、太鼓を威勢よくたたいていました音譜


話しを聞いいてみれば、この一條神社の秋祭りには、「君が代」と「朝日組」の二つの神輿(だんじり)があるらしい。。。クライマックスは神社境内に入るのを、押しては押し返す「お入り」らしいですが、可也の盛上がりらしい。 毎年10月第4日曜日に、その「お入り」はあるそうです。



CGのアニメーション設定の作業

今日は。。。ほぼ真面目に仕事をしておりましたあせる
作業の内容は、コンピュータグラフィックスによるアニメーション。 よく言われているところのCGビックリマーク
最近、遠い風景ばかり見ていたので、パソコン画面をズーッと見ての作業は、何か変に新鮮爆弾
コンピュータで空想の世界を制作することは、思い通りの世界をクリエイトできるので。。。何だか創造主になった気分ニコニコ

作業内容は、仮想空間に、車がバックで駐車してから、運転手の女性が車から降りて、玄関に向かうアニメーションの設定。 とりあえず設定は完了しました。。。後は明日、設定したアニメーションをレンダリングして、ムービーを仕上げる予定です。

ののちゃんブログ-アニメーション作業
(画像)コンピュータグラフィック(CG)によるシミュレーションムービーのカットパソコン 女性が車から降りたところ。


わの舞メンバーと剣山ツアー

朝8時に鳴門ナマステゲストハウスへ。。。わの舞のメンバー達をお迎えに行きました。

予定では、剣山へ向かう途中の午前中に、Aご夫妻のお宅に訪問を考えておりましたが、わの舞メンバーのお2人が、昼過ぎには剣山を下山するスケジュールで徳島をあとにしなければならないため。。。Aご夫妻宅のご訪問は急遽キャンセルとなりましたあせる 折角のAご夫妻の計らい。。。わの舞の方々も楽しみにされていましたが、誠に残念でした。


時間的な余裕が無かったので、今回は滝での禊はあきらめ、見ノ越の売店通り前のお手水で軽く禊をさせて頂きましたニコニコ

また、紅葉シーズンとあって、第一駐車場は満車満 少し離れた第二駐車場に駐車しました駐車場


ののちゃんブログ-剣山の紅葉
(写真)剣山の紅葉は今がピークかも。。。


徳島の剣山は標高1955m。 近畿以西の西日本では愛媛の石鎚山1982mに次いで2番目の標高を誇る。

この剣山は女体山でして、多くの伝説があります。その中で一番の謎が。。。イスラエルのソロモンの秘宝伝説ヒミツ 果たして、この伝説の真実は如何にはてなマーク


ののちゃんブログ-人懐っこい小鳥
(写真)見ノ越駅でリフトに乗ろうとしていると、非常に人懐っこい小鳥が足元に。。。超かわい~ィドキドキ


約15分乗って、西島駅に到着してから、約40分かけて山頂まで徒歩で登山走る人

気を利かせ、厚着で登りましたが途中から結構、汗をかいて。。。上着を脱ぐメンバーも汗

天候にも恵まれ、割かし遠くの眺望を見渡せました目


ののちゃんブログ-剣山からの眺望
(写真)山頂付近から西方面の次郎笈の眺望。 何だか鳥になった気分。


頂上付近はミヤマクマザサの生息域で、勝手に立入ることができませんビックリマーク そんな中で、わの舞の舞をどこでするのがベターなのか。。。木の回廊を歩いて探していると、人気が少ない休憩場所を発見チョキ

真平らでありませんが、どうにかできそうグッド!


ののちゃんブログ-剣山山頂にてわの舞
(写真)剣山の頂上を背景に、7人がわの舞をしました音譜


ののちゃんブログ-剣山山頂にてわの舞
(写真)わの舞、御柱の舞を終え、静かに佇む。 頭の赤いしめ縄は、Mっちゃんから購入した大麻比古神社のモノ。


剣山の頂上にて、わの舞による御柱が立ちましたクラッカー ありがとうございますニコニコ

舞を終え、大剣神社ルートで下山。。。途中、名水百選の御神水の水場に立ち寄り、各自ペットボトルに水を入れたり、その場で飲んだりグッド! ほんとうに美味しい水だっビックリマーク

リフトの西島駅にて、昼過ぎに下山しなければならないお二方とハグしてお別れ。

残った5人のわの舞メンバーと一緒に、「阿波の宮」に向かいました。

ここは、剣山の新しい聖地。 今年の7月17日に淡路島のUさん達と一緒に聖域として開かせて頂いて以来。。。多くの方が訪れています。

そして、やっと今日、わの舞のメンバーによるご訪問が実現しましたチョキ


ののちゃんブログ-剣山阿波の宮にて
(写真)イワクラの頂上にてYちゃん。。。まるで絵画の世界のような美しいポーズ。後光がさしていました。


ののちゃんブログ-剣山阿波の宮にて
(写真)イワクラの頂上にてKちゃん。。。巨石から彫り出された天を仰ぐ女神像のようでした。


ののちゃんブログ-剣山阿波の宮にて
(写真)イワクラの頂上にてKちゃん。。。まるで妖精のように空中をフワフワ飛んでいるようでした。


ののちゃんブログ-剣山阿波の宮にて
(写真)イワクラの頂上にてSちゃん。。。太陽の光を自由に扱える王子のようでした。


「阿波の宮」を後にして、リフトで見ノ越駅まで下山。 時間は15時過ぎ。。。みんなお腹スキスキ状態割り箸

見ノ越の食堂で、遅い昼食をとりましたニコニコ

帰りは、徳島の松茂とくとくターミナルで、わの舞のメンバー達とハグして別れしました~っ。。。来月、淡路島での再会を約束しての暫しのお別れですパー

わの舞の徳島一泊二日の同行ツアー。。。僕ののちゃんにとっては、阿南も剣山も地元ですが、何だか世界一周旅行をしたかのような、新鮮で壮大なツアーでしたチョキ

わの舞のメンバーからもいろんなパワーを頂きましたグッド! 本当にありがとうございました!!


ののちゃんブログ-剣山の虹
(写真)剣山のリフトで下山中、上空に不思議な虹虹 雨も降っていないのに、なぜ虹!? 最高の祝福ですアップ

わの舞メンバーと阿南ツアー

午前10時に徳島の松茂とくとくターミナルにて、わの舞のメンバーと合流ニコニコ そう、今日はメンバーの方々を阿南市ツアーにご案内する日DASH!

まず向かった阿南の最初のスポットは、「淡島神社」。。。実は、「中林海岸」へ行こうと神社には立ち寄らず、進んでみたものの、海岸ぶちの道路が崖崩れで、完全通行止め状態爆弾

結局、来た道を戻って、これは「淡島神社」に立ち寄れビックリマークの意と思い、その神社へ向かうことにしました。

しか~し、すぐ手 前のよく似た神社の「辨財天神社」に間違って行ってしまいましたあせる

折角なので、参拝をしてすぐ近くの「淡島神社」へ向かい、参拝をさせて頂きました。

小高い丘の上に鎮座する拝殿は、海に浮かぶ青島(淡島)をご神体にしているように思えました。


次に向かったのは、阿南市大潟町の「龍宮神社」に向かいました。

途中、細い道を抜けて、海岸縁の駐車場に着くと、磯釣りの人たちの車が数台駐車されていました。

駐車場の片隅に境内を持たない本殿がありました。。。これがその「龍宮神社?」って思いましたあせる
少し海岸を南へ歩いて、磯の大岩の向こう側に行くと、小さな小さな海岸と岩場の絶景スポットがありました。 その岩場を登って行くと小さな祠があって、僕ののちゃん的に、こちらの祠が「龍宮神社の本宮」のような感じを受けました。

お昼時のヌクヌクとした岩場の高台の上で、しばらく座って、ボーッと海を眺めておりました目

見能林町のセルフうどん屋にて昼食を済ませ。。。すぐ近くの「賀志波比神社」に行きました。

こちらは、小さな神社にもかかわらず、古事記にとっては重要な神社でして、伊弉諾神が禊ぎをした「竺紫の日向の橘の阿波岐原」の場所としても、最近有名になっているようです。


次に向かったのは、少し離れますが、長生町の「八鉾神社」へ車

少し風変わりで、重たい筒に入ったおみくじを、各自ひとりひとり引きました。

僕ののちゃんにとって、今回で3日目となる参拝ですが、また違ったインスピレーションを授かったような気がします。 わの舞のメンバーも同じような感覚だったと思います。


そして、今日のツアーのメインかもしれない。。。「明神山の巨石」へ向かいましたDASH!
こちらは僕ののちゃんも初めてのスポットでして、以前から行きたかった場所です。

今回、わの舞のメンバーと一緒に来ることができ、僕自身も感無量ニコニコ


ののちゃんブログ-明神山の巨石
(写真)椿町にある明神山の巨石。 人が小さく見えます。


ののちゃんブログ-明神山巨石の上にて
(写真)巨石の上からの眺望は最高グッド! 柔らかな日差しを浴びながら、しばし佇みました。


ののちゃんブログ-明神山山頂からの夕日
(写真)明神山山頂付近から、室戸方面の眺望。 雲から光線が幾重にも続いておりました。


巨石を降りて、駐車場の反対側にある「峯神社」で参拝。。。そして最後に向かったのは四国最東端の「蒲生田岬」 太陽も沈み、暗くなりかける前にどうにか到着することができましたフラッグ
灯台がる高台の手前にある芝生広場で、僕ののちゃんも、わの舞の舞に参加。

8人全員で、四国最東端で舞ましたチョキ


ののちゃんブログ-蒲生田岬にて
(写真)2つの舞をしました。


全てのツアースポットを巡り終え、最後に「かもだ岬温泉・旧船瀬温泉」へ温泉入りに行きました温泉
少し冷え切った身体に、最後の最後、温泉につかってリフレッシュチョキ

温泉の後、だいぶん遅くなりましたが、鳴門の宿泊先に到着したのが、午後9時20分ごろ。。。遅い夜食となりましたあせる 僕は宿泊しませんでしたが、Mっちゃんの手料理を食べて家路へ戻りましたニコニコ

わの舞のメンバーとの阿南ツアー、最高でした!! 明日は2日目。。。剣山登頂ですビックリマーク

志国こうち会2日目と聖書特別集会

朝、起床すると晴れ コテージの台所からは味噌汁の美味しそうな香りが。。。アチャ~あせる 僕ののちゃんが朝食を作る予定でいたのですが、愛媛のMちゃんをはじめ、女性メンバーがすでに、朝食の準備を。。。

急いで身支度をして、みんなにご挨拶ニコニコ コテージの外では素晴らしい雲海が見れるよっ!! ってなことで、全員コテージを出て見晴らしの良い場所で、雲海を眺めておりました目 

昨夕の夕焼け、昨夜の満天の星とオリオン流星群、そして今朝の雲海と晴天。。。たぶん生まれて初めてぐらいの体験かも、こんな自然と宇宙からのプレゼントはビックリマーク

ののちゃんブログ-雲海 (写真)回っている風力発電の細い羽が僅かに確認できます。 標高750mからの雲海。


午前10時にチェックアウトして、全員で近くの縄文杉に行きました。

観光地化されていて、入場料200円いりますが、それを払う価値があるほどの大杉。

夫婦のように2本の巨大な杉がそびえ立っていました叫び その夫婦杉を束ねるように大きな注連縄が円を描くように飾られていました。 
 
ののちゃんブログ-縄文杉 (写真)夫杉は、根周り20m、幹周15.0m、樹高60m、樹齢は3000年 妻杉は、根周り16.5m、幹周10.6m、樹高56m。

その縄文杉のすぐ近くから、美空ひばりの歌が聞こえました。 全員でその方へ歩いていくと、公園のような場所に、ひばりの歌碑が立っていました。

資料によると、昭和22年、9歳の美空ひばりが当地でバス事故に遭い1ヶ月半の入院をし、その折り、日本一の『杉の大杉』に「日本一の歌手に」と祈願したとのこと。。。確かに昭和を代表する日本の歌姫でした音譜

今回の交流会の締めくくりに、ちょうど「川の流れのように」の歌がなぜかピッタリグッド! Mヤさんをはじめ、みんなシミジミとひばりの歌を聞いておりました。

ののちゃんブログ-美空ひばり遺影碑 (写真)川の流れのように、以外にも歌碑の前にあるボタンを押すと他の歌、2曲も聴けました。

とりあえず、Mヤさん達3人はここで、お別れ。。。みんなでハグしてお別れの挨拶パー
残りの8人のメンバーは、僕ののちゃん先頭で、「龍王の滝」に向かいました。

山間の急勾配を通る道を潜り抜け、平家の落人の様な家々を通り、辿り着いた駐車場から徒歩10分の所に、その滝は悠々とありました。

この滝の特徴は、滝もさることながら、巨石に圧巻叫び たぶん一枚巨岩の間から滝が落ちている感じ。。。資料によると「日本の滝百選」の一つで、滝上流の梶ヶ森頂上付近より湧きだしているとのこと。

確かに滝壺の水は澄み切っていました目 

ちょうどお昼時もあって、滝の周りには休息中の沢山のギャラリーがいたこともあり、恒例の褌一丁の滝行はしませんでした。。。 その代わり、美味しく水を飲み干しましたニコニコ


ののちゃんブログ-龍王の滝 (写真)落差は20mぐらい。巨石の右端に斜めの割目と穴があって、Tさん曰く龍が住んでいるとのこと。


滝の駐車場に戻り、4人のメンバーとハグしてお別れ。。。山を下り国道までご案内。。。そして、残りの4人は、大歩危小歩危ルートで途中、昼食をとって帰ることにしました。

ののちゃんブログ-大歩危 (写真)大歩危峡にある老舗「まんなか」の駐車場より撮影。 ちょうど遊覧船が出発していました。


まんなかで食事を終え、駐車場で残りのお3方とお別れのハグ、井川池田ICまで僕ののちゃんが先導でご案内車

一泊二日の志国こうち会、最高のタイミングで四国3回シリーズのラストに相応しい交流会でした。 遠い中ご参加頂いた皆さま、大変ありがとうございましたニコニコ


その後、自宅に帰る前に、阿南の某教会に向かいました。 いろいろとお世話になっているT先生に一目会いたかったのと、教会のイベントで関東よりT牧師さんが特別集会されるとのご案内を頂いていたので、とりあえず向かいました。。。

午後14時から始まった集会でしたので、もう終わっていると思っていましたが、どうにか終わる直前5分前時計 少しでしたが牧師とお話しすることができましたチョキ 5分後、僕ののちゃんが見送る中、徳島阿波おどり空港に向けて関係者全員、車で出発されましたDASH!

自宅へ帰る途中。。。寄り道車 阿南市内の外れにある「若杉山遺跡」の近くまで行ってきました。

18時を過ぎたころでしたので、もう周囲は暗くなっていました。 車では最後まで行けない遍路道だったので、また次回、挑戦したいと思います。

勝瑞フェスティバルと志国こうち会1日目

お昼、徳島の板野郡で開催されている「勝瑞フェスティバル」に、ブーちゃん&義姉と一緒に、ちょっと寄ってみました走る人

戦国の武将、三好長慶そして実休に所縁のある勝瑞の地に、三好氏縁のある四国や近畿各地の町市や人達が集う祭りでした。

徳島の長慶会会員として、是非行っとくべきビックリマークっと急に思い立ち。。。会場入りあせる
だだっ広い会場に、ゆるキャラ達を発見目


ののちゃんブログ-はにたんと僕
(写真)ゆるキャラの「はにたん」とツーショットカメラ かわい~ぃドキドキ

そして、次に目に止まったのが。。。鷹たち目 全部で3羽。
資料によると、放鷹術という、鷹狩りをする鷹たちニコニコ

しかしオリに入っていない、鷹をすぐ目の前でじっくり見るのは初めて目 おとなしそうだが、目は非常に鋭そうDASH!
実際に、その放鷹術の実演があったそうですが、残念ながら時間的な都合で見れませんでした。

ののちゃんブログ-放鷹術の鷹達 (写真)すだちくんを見つめる鷹を撮る広報の女性。


しかし、アーっと言う間に時間は過ぎ。。。今日の一番大事な会に頭を切り替えてGOGOGO車
行き先は、四国二名島の境目、そう高知県の大豊。 ここで、3回シリーズのラストとなる「志国こうち会」が開催されました。 しかも僕ののちゃんはホスト役あせる 16時からの開催なのに。。。ホスト役の僕ののちゃんも16時に到着爆弾アレレドクロ 先に到着していた愛媛のMさんが、僕に代わってコテージのチェックインや部屋の各種準備を一人でして頂いてくださりました。。。本当にスミマセンダウン そして、ありがとうございましたアップ

ののちゃんブログ-志国こうち会の会場の夕日 (写真)会場コテージのバルコニーからは素晴らしい夕日を望むことができました晴れ

全員が揃うまで、手分けして夜食の準備。

メニューは、そば米雑炊と栗山菜ごはん、キノコの炒め物、そして郷土料理の「こんちん」。

「こんちん」は、会場の高知県大豊町に伝わる郷土料理でして、小麦粉にささがきにしたゴボウを入れておやきのように焼く料理。

黒砂糖と醤油で味つけして、プレートで焼いて、夜食の後のおやつとして、みんなで食べました。 ごぼうの食感と香ばしさが最高にGOOODグッド!

ののちゃんブログ-郷土料理のこんちん作り (写真)こんちんの材用となるゴボウを、ささがきしてくれた大阪のNさん。 その包丁の腕前は絶品ですグッド!


18時半ごろ、みんなが揃い、乾杯~ぃ音譜 そして夕食会。。。お酒も入り、参加した11名は、解決すべき事項について意見交換DASH! Tさんによる対立の話しや、Mさんの隠された思いの開放など、夜遅くまで続きました時計
その後、全員で野外へ出ました。。。すると夜空は、街中で見るのと完全に別モンビックリマーク 満点の星空に、天の川がクッキリハッキリ叫び しかもオリオン流星群のピーク時と重なってか、流れ星のオンパレード流れ星

月は沈み、標高750mほどの山地から見下ろす下界は、雲海で村の明かりも弱まり、幻想的な天体ショーを寒さも忘れ、全員でしばらく楽しみましたニコニコ

ののちゃんブログ-オリオン座流星群 (写真)オリオン流星群を見終わりコテージに戻り、深夜4時過ぎまで話しは続きました。。。

自由なあそび場ようだい家、ひょっとして最後のライブ?

夕方から神山の陽大家へ行ってきました音譜 ひょっとしたら。。。イヤ。。。たぶん。。。会場となる「自由なあそび場ようだい家」としては最後のライブになるかも。。。ってなことで、何より優先して今日のライブに、ビデオカメラを持って向かいましたDASH!


道路脇の表札辺りで撮影していると、たまたま陽大さんが高台の家から下りてきて。。。いきなりのご挨拶ニコニコ
ライブ会場のアルジである陽大さんは、そのステージ用にと、家の前の田んぼから、美しい穂を付けた稲を刈って、飾るとのことグッド!


ののちゃんブログ-陽大さんの田んぼ
(写真)稲を刈る陽大さんの背中。 今日のライブ、陽大さんにとっては、米の収穫祭でもあるようだぃアップ


陽大さんの後を追って、自宅前の庭&会場へ。。。すると夜食の準備を手分けしてやっておられました。

先ほどの田んぼの米を使った「米炊きようだい」や、神山の無農薬野菜を中心に料理した「えっへん食堂」など、みんなで同じ釜の飯を食べる大切な作業のようだっビックリマーク


ののちゃんブログ-ライブ前の料理
(写真)オーガニックで殆どがベジタリアンな料理。 野菜の炊出し、釜飯、サラダ以外にも、高野どうふやナムルなど沢山ありました。


今日のライブは、まず「カミヤーマンバンド」からスタート音譜 神山町在住の土着系バンドでして、歌のKさん&Tさん達は、お互いの赤ちゃんを抱いてのボーカル。。。

とっても暖かくて、やさしい音楽でしたグッド!

 
ののちゃんブログ-陽大さん家でのライブ
(写真)夜になると一段と寒くなり、何人かは。。。焚き木の周りで、立って踊って、身体を温めておられました。


そのあと、名古屋を中心に活動されている「ニュージェネレーションしあわせ応援団」のライブ音譜
演奏者も参加者も、みんなノリノリで歌って踊って。。。って感じで夜遅くまで盛り上がっておりましたお月様

ののちゃんブログ-ライブの陽大さん宅
(写真)陽大邸でのライブ風景。 今日はMっちゃん、西カズさん、カニご家族、クボ&マユちゃん、湯浅さん等々、徳島県下の有名人が勢揃いでしたあせる


明日は、志国こうち会のホスト役として、一泊二日で高知県の大豊へ行ってきま~すDASH!

数学のラジアンとは?

講師の仕事をしている僕ののちゃんですが。。。その授業の中で、数学的な授業がありまして。。。

今日は、来週の授業に備えて、教え方の予習をしておりましたあせる その中でも、「ラジアン」の説明と問題について、ご紹介させて頂きます。


円の一周は360度あります。これは古代バビロニア(もしかしたらシュメール)の人が1ヶ月を30日、1年を約360日とした起源が由来していると考えられていますニコニコ
円周率π(パイ)は3.14159265と永遠に続く数字です。。。

これは、円の直径Lを1としたとき、円周の長さがLの長さの約3.14倍あることを示しています。

ののちゃんブログ-パイとは
(画像)πを絵で表した図。 歯車を回転させると、円周は、直径の3倍チョットあります。それを分かりやすく表した画像です。


ラジアンとは、弧の長さが円の半径に等しいとき、この弧に対する中心角の大きさを「1ラジアン」と表現するそうです目


円周を半径で区切ると、半径は直径の2分の1ですから、円周を半径の長さで区切っていくと、直径のときより2倍、3.14×2=6.28個で区切られますビックリマーク
この半径の長さで区切られた一つの角度が1ラジアンで、ちなみに、度数で表すと約57度となります。


ののちゃんブログ-ラジアン

(図)円周を半径の長さで区切った図。 つまり、1r=1ラジアン


円周一周は、半径の長さが6個と少しの長さ、つまり2πラジアンとなり、
半円では、πラジアン。 90度では、2分の1πラジアンとなり、全ての角度をπで表現できます。
つまり、1ラジアン=180度/πとなります。


ではでは問題 円弧ABの長さが3/5πrの時、中心角の角度はいくらでしょう?

これは来週、実際に僕ののちゃんの授業で出す問題です。


ののちゃんブログ-ラジアンの問題
(図)答えは明日、コメント欄に記入いたします。。。

土佐高知の土御門上皇ゆかりの地を求めて

朝8時の待ち合わせで、T宮司さまと高知へGOGOGOビックリマーク 日帰りで行ってきました車
行き先は、いずれも土御門上皇の伝説が残る。。。香南市の宝幢院&月見山、そして香美市の龍河洞です。

雨雨が降る中、朝10時過ぎに宝幢院に到着。 こちらは、1221年の「承久の変」の後、ご自身の意を持って土佐の四万十川河口付近に配流なされた上皇が、阿波へ移られる際、立ち寄ったとされる場所が、この宝幢院に隣接する月見山ですお月様


まずは、宝幢院に寄ってご挨拶ニコニコ 社務所の女性に土御門上皇のことをお尋ねしてみました。

女性曰く「中村から阿波への移動中に、この山に立ち寄られ、月を眺め、寺の者がお接待をしたようです。」 っとのことビックリマーク その他、新たな情報はゲットできましせんでしたあせる



上皇の歌った、『鏡野やたが偽りの名のみして恋ふる都の影もうつらず』。。。の歌碑がその月見山の山頂にあるとのことですが、何しろ凄い雨雨で近くを車で通り過ぎるだけにしました。。。


次に向かったのは、香美市の龍河洞。 僕ののちゃんは、小学生低学年の時、両親に連れて来れられた時以来の2回目となる訪問。

自分の身体が大きくなった分、何だか洞窟が小さくなった感じ爆弾 春夏秋冬、常に16度をキープしている洞窟内は、雨の湿った天気にも係わらす、清清しかったですグッド!


ののちゃんブログ-龍河洞
(写真)龍河洞の鍾乳石。


洞窟入口の案内板には、『洞名の起こりは承久の変(1221)の後、土佐に配流された土御門上皇が入洞された時、錦の蛇が現れ、上皇を案内したという。天皇の乗物、「竜駕」が転じて「龍河」となったとの伝説がある。』。。。っと書いてありました目 残念ながら、錦の蛇ではなく、コウモリが現れ、T宮司の小さな悲鳴が洞窟内で響いておりました爆弾

恐らく、この龍河洞と月見山を寄ってから、野根の峠を越えて、阿波へ入られた可能性が大きいようです。 


洞窟を後に、香美市立図書館でしばらく時間潰し。 高知の郷土史や村誌などを見ましたが、残念ながら土御門上皇についての新しい情報はありませんでした。 この点、徳島の方が上皇に関する書籍が多いことに気付かされました。

その図書館で、書籍を見終え、手持ちの携帯でネット検索していると新たな情報を入手。。。

陵墓のページにて、『土御門天皇妃千代鶴姫、土御門天皇皇子 四万十市大屋敷133番地の井森神社』の記事。

ひょっとして、京から中村の地へ配流なされて、すぐに上皇の妻と子を亡くされたのかはてなマーク

そう言えば、今回の土佐路の旅においてT宮司は、最初は高知中村をお誘いしましたが、「暗い、行きたくない」っとの発言があったのですが、そのワケは。。。ひょっとして、この妻と子の死に関係しているのではっひらめき電球 っと僕ののちゃんは勝手に思うのです。

いずれにしても、配流先で一年も経たない内に徳島へ移る理由の一つとして、妻と子の死亡説も何となく裏付けます。。。


図書館の後、道すがらのカフェでコーヒータイムコーヒー 外は台風のような悪天候台風 しかしながら、タイミング良く、車の乗入れの際は雨が小降りにニコニコ 感謝感謝。


16時、先週、阿波宮にて奉納演奏された繁藤雅陽会のお二方の所にお邪魔しました。

高知のトアル教会内は非常に美しく、大変な天候にも係わらず、Mさんをはじめ、Sさんも駆けつけて頂きました。 ありがとうございましたニコニコ

師匠から借りて練習予定の、「笙(しょう)」の調律とメンテナンス方法がメインでして。。。とりあえず、調律をしてもらうために、預けて高知を後にしましたパー


今回の日帰りの土佐路は雨にも係わらず、土御門上皇の所縁の地3ヶ所をゆっくり巡ることができました。 T宮司ありがとうございましたニコニコ

紫苑の山 国生み・国造り祭

昨日、縄文まつりの会場に向かう前に、淡路由良のKさんの所にお邪魔させて頂きました。

今年、剣山にて「阿波ノ宮」を鎮座、開かせて頂いた時、剣神社での記念写真をお渡ししました。

数日前まで、ご入院されていたKさんですが、来月開催予定のシオンの山の祭りに向け、いつもの元気なKさんに戻っておられましたニコニコ

今年のシオンの山の祭りは、ドキュメント映画としてできるだけ映像を記録していこうと、僕ののちゃんは考えておりまして、Kさんもその意向にご賛同頂いております。

。。。ってなことで、この祭りの告知をさせてくださ~ぃ。 Kさんにも解禁OK頂いておりますビックリマーク

平日ですが、皆様のご参加をKさんに代わってお待ちしております。

ののちゃんブログ-紫苑の山(国生み・国造り祭り)チラシ
(画像)紫苑(シオン)の山 国生み・国造り祭りのチラシ。 平成の岩戸開き2012


詳細は以下の通りです。


行事名: 国生み・国造り祭り(平成の岩戸開き2012)


期間と会場: 2012年11月6日(火曜日)

         13:00~14:00 受付 会場 洲本市総合福祉会館

         14:00~18:00 歓迎レセプション 主催者あいさつ&オリエンテーション

         18:00~    懇親会


         2012年11月7日(水曜日)

         07:30~08:00 由良エトワールから由良公民館へ移動

         08:00~11:00 紫苑山登頂

         11:00~12:00 由良から広田へ移動

         12:00~13:00 昼食休憩

         13:00~1400 三上岳神社にて祈願祭

         14:00~15:00 一宮のいざなぎ神宮へ移動

         15:00~18:00 いざなぎ神宮にて祈願祭と歌舞奉納


参加費: 3,500円(6日の夕食と7日の昼食弁当付き)

       宿泊の場合、別途4,500円(一泊朝食付き)9,000円(二泊の場合) 宿泊場所「エトワール生石」


主催: 国生み・国造り実行委員会

後援: 淡路古文化研究所 ・ くにうみ食育研究会


チラシ一式のPDF(メッセージ含む)のダウンロード

縄文まつり 2012 in 淡路 二日目

いよいよ縄文まつりもクライマックスの2日目。。。

淡路由良のKさんの所に寄ってから、午後3時頃ちょうどUAさんのライブ中に、祭りの会場に足を運びました。

今日は13本のドキュメント映画の内の1本であるOさんのドキュメント撮影も兼ねており、その映画の全曲を提供して頂くことになっている、えま&慧奏さんのライブを撮影いたしましたカチンコ


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 Thaiko
(写真)手前、えり花さんの舞いと、後ろで演奏する慧奏さん。


今回のライブは、えま&慧奏 with えり花 のユニット「Thiko」の演奏と舞いでして、えり花さんの舞いとダンスは最高にイッチャっていますグッド! 機敏な動きと、どくどくのオーラアップ 観客もうっとりニコニコ


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 Thaiko
(写真)えり花さんの奥で、弓奏するえまさん。


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 Thaiko
(写真)Oさんも台に上がって、ライブを楽しんでおられました。


今日も沢山のお仲間達と会うことができました。 わの舞のメンバーの女神達、徳島の神山でお世話になっている方々、そして淡路ナフシャのOさんご家族などなど。。。


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 奈良裕之 舞
(写真)奈良裕之さんの民族演奏にあわせて、女神たちによる即興の舞いができあがっていた音譜


夕方ごろから、パラパラと雨が降り出し雨 屋内でしばらく、来週徳島に来県されるMちゃん&Kちゃんとお話し&軽食タイム。。。陽も沈み、奈良さんの古代民族楽器が鳴り響き、会場は幻想的な雰囲気。


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 奈良裕之 舞
(写真)最後は奈良さんの演奏に合わせて「かごめ、かごめ、かごの中の。。。」っと童で舞いをされる女神たち。


いつの間にか、雨もほぼ上がり。。。まだまだ、縄文まつりはつづくようでした。。。

縄文まつり 2012 in 淡路 一日目

昼からパワ友さんと一緒に、淡路の仁井小学校跡で開催されている「縄文まつり」に行ってきました。

この祭りは、名前の通り「縄文」をテーマにした祭りのようです。。。

マルシェで出展されているナフシャのOさんのブースでは、土偶や土器などが展示されいました。

しかし、僕ののちゃん達が到着する前に、結構大きく重い土器がロクロごと倒れてバラバラに割れたとか叫び まだ窯で焼く前の段階だったようで、非常に残念な出来事でした。

とりあえず、いろいろあったOさんですが、全てをありのまま今日もドキュメント撮影させて頂きましたカチンコ

ののちゃんブログ-縄文まつり2012 会場前
(写真)縄文まつり会場前。 廃校になった仁井小学校の運動場がメイン会場でした。


お腹が空いたので、ベジカレーを頂くことに。。。 ご飯の保温ジャーは、晴れソーラーパネルで充電したバッテリーから電源を取っているとかで、自然エネルギーの普及にも力を入れられているマルシェでした。


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 マルシェ
(写真)自家発電カレールーシーさんのマルシェ。道中の運転代として、カレーなど、昼食をパワ友さんより頂きました。


まだお腹が空いていたので、別のマルシェへ。。。

タピオカの看板に目がとまり目 ご注文。

このタピオカサンドは、タピオカ粉に水と塩を足して、生地をそのままフライパンで焼いた物に、いろいろな物を挟んでサンドウィッチを作っております。


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 マルシェ
(写真)リマ タピオカサンドのマルシェ。

僕ののちゃんが注文したのは、タピオカサンドのラタトゥイユ。

ラタトゥイユをウィキで調べると。。。野菜煮込み料理のようで、玉ねぎ、ナス、ピーマンなどの野菜をにんにくとオリーブ油で炒めて、トマトを加えて、香草とワインで煮て作るのだそうです。


ののちゃんブログ-縄文まつり2012 タピオカサンド
(写真)タピオカサンドの白いガワは、少しネバネバした感じの不思議な食感でした。


校内に入ると、何やらツギハギビニールの生き物を発見目
セロテープで引っ付けたビニール袋を扇風機の風により膨らませて、中で遊んだりできる体験アートグッド!
なかなかのアイデア作品で、しばらく見入っていると。。。今夏のヘンプカープロジェクトで親しくなったKさんから声をかけられ。。。嬉しいご挨拶ニコニコ

いろいろお話しをした後で、自然栽培で稲を育てたアルバム写真を一通り見せて頂きました。 まさに!これこそ縄文農法だと。。。勝手思っちゃいましたあせる


ののちゃんブログ-あわび
(写真)淡路島美術大学。。。略して、あわび。 岡本純一たちによる体験アート作品。


午後15時半ごろ、会場をバイバイ。。。また明日も行きますDASH!

。。。んで、帰りは淡路の南端まで一般道で帰りました。 途中、UKさんの所に立ち寄りましたが、あいにく留守だったので、そのまま帰りました車


ののちゃんブログ-2012年の沼島
(写真)淡路島の由良を通り過ぎて、海岸線を走っていると、沼島がクッキリ見えました目

今日、パワ友さんに土御門上皇のマップを1200部渡しました。 その内、600部をMさんにお渡し頂いたと夜に連絡がありました。 ありがとうございました。


パンフを配りに行きました

午後から、土御門上皇のマップを配りに阿波神社、大麻比古神社、大山寺、師匠のところへ行ってきました。

いずれも、ありがたい話しで、このマップを快く受け取って頂き嬉しい限りですニコニコ

ののちゃんブログ-大山寺の境内
(写真)大山寺(四国別格二十霊場、第一番) つい最近、護摩の儀式があったそうです。


大山寺では、ホットコーヒーのおもてなしを頂き、帰る際、副住職さまからイベントをご案内してくださりました。それは、麓の上板町から大山寺までの観音道を紅葉を楽しみながら登山するイベントニコニコ

師匠は、お孫さんの野球試合の応援で外出中とのことでしたので、僕ののちゃんもその球場に向かいました。

到着した頃、すでに6回の表でして、師匠のお孫さんのチームが6点、相手が0点と言う強豪ぶり。

安心して試合を見ることができました。


ののちゃんブログ-阿波球場にて
(写真)中学生の野球チームの試合。


最後に寄ったのは、2ヶ月に一度のペースで開催される「三好長慶会」の定例会に行ってきました。

いろいろ立ち寄りすぎて、20分ほどの遅刻。。。スミマセンあせる

すでに義姉は最前列で座っておられましたので、その隣に座らせて頂きました。

今日の講座内容は、「阿波七条の島原への展開」でして、戦国時代の七条家の足跡を辿る壮大な講座となりました。

その内容を簡単にお伝えすると、長宗我部の四国討伐の際、徳島の上板に住んでいた七条家は、香川の引田、そして十河、海を渡り小豆島。。。そして終には長崎県島原半島南側へ移り住んだとのこと。

現在も、徳島には100件ほどの七条さんが住んでいて全国で一番多いそうですが、長崎にも第3位の規模で30軒ほどの七条さんがいるそうです。 おもしろいことに、九州の長崎なのに、南島原のあるエリアでは小豆島弁らしいですビックリマーク

定例会の最後に、11月4日に予定されている「三好長慶 武者行列まつり」の話し合いがありました。

残念ながら、その日はブーちゃん&義姉のコンサートがあるので、行列には参加できません。


ののちゃんブログ-三好長慶 武者行列まつり
(写真) 三好長慶 武者行列まつりのパンフ。


明日は、淡路島で開催される縄文まつりに行く予定ですDASH!

土御門上皇の命日祭

今日10月11日は旧暦において、土御門上皇が崩御された日でございます。

阿波市にある「社乃杜」の敷地内にある「阿波宮」にて、執り行われる命日祭に参列させて頂きましたニコニコ

午後18時30分に到着、19時に拝殿に参列。 参拝者は3人。

粛々とT宮司による祝詞がよまれ、しばらくすると後ろ側で人の気配が。。。すると雅楽の奉納演奏が始まりました。 演奏は、「笙(しょう)」「篳篥(ひちりき)」「龍笛(りゅうてき)」の三管音譜 

土御門上皇がおられた鎌倉時代にタイムスリップした気分でしたビックリマーク

命日祭の後、コーヒーブレイクタイム。。。奉納演奏された繁藤雅陽会の御三家に、いろいろ話しを聞くことができました。

僕ののちゃんも、以前、師匠から笙(しょう)を習ってみたら。。。っと言われているので、早速、来週ですが、師匠から借りている笙を持って、繁藤雅陽会の所へ行くことになりそうですグッド!

ののちゃんブログ-土御門上皇 所縁と伝説の地 観光マップ 第二版
(画像)第二版の土御門上皇 所縁と伝説の地 観光マップの内側。


この今日に合わせ、第二版の「土御門上皇 所縁と伝説の地 観光マップ」が昨日、四千枚届きました。

その内、600部を今回、社乃杜の阿波宮に奉納させて頂きました。 今週末の10月14日に土成地区にて開催される国文祭に、このマップを撒いて頂くために、少し多めの奉納となりました。


明日、大麻比古神社のK宮司さまへ100枚(鳥羽神社分として)、阿波神社に100枚、大山寺に200枚、師匠に200枚、このマップを奉納する予定です。

剣山、ほら貝の滝へ2日目

剣山2日目。。。朝起きると、トアル方の腰の調子がイマイチとのこと爆弾

とりあえず、一緒に朝の温泉へGOGOGO温泉

朝食をゆっくり食べてから、四季美谷温泉を午前10時に出発車
車2台に分かれて、約1時間ほどで、ほら貝の滝への登山道入り口の駐車場に到着フラッグ

今日は、体調のことを考えて、トアル方は駐車場で待機。。。僕ののちゃんとFさん、Nさんの3人で、ほら貝の滝へGOGOGODASH!


今日は温泉のオーナーから教えてもらった左側ルートから登りました。

しかし、出だしから超BATコンディションの獣道。。。これはダメだと思い、沢を渡って、対岸の右側ルートに戻って、沢を登ることになりました。

ここ最近、台風が多かったこともあり、登山道はガタガタ&キエテイル。。。の連続叫び
沢に掛かっていたハズの木橋は流されているは、ロッククライミングのように崖を登るは。。。の超難題コースドクロ もうこれは修験道ビックリマーク そう~僕達3人は修行をしているのだっDASH!


ののちゃんブログ-ほら貝の滝へのルート
(写真)ほら貝の滝登山口から20分ほどの場所にあるはずの木橋が木っ端微塵の姿に。


予定では1時間30分ほどで着くハズのほら貝の滝。。。ズタズタの登山道のため、沢を渡って登って、また渡って登っての繰り返し。。。
約3時間後、その滝近辺に到着したものの、ほら貝の滝が無い爆弾
アレレ~っとみんなで探し回るが、それらしき滝はありませんでしたダウン

その代わり、大岩が6個ほどゴロゴロしている場所に不思議な空間を発見目
そこには洞窟があって、滝ほどではありませんが隙間から水が垂れていました。

すでに午後2時を過ぎていましたので、その大岩と洞窟を見ながら遅い昼食を取りました。


昼食の後、僕ののちゃんとNさんは、その洞窟まで行き、その空間を身体で感じ取るように、しばらくジッとしておりました。。。

ののちゃんブログ-ほら貝の滝近く
(写真)この洞窟のような場所で、Nさんは祝詞。。。僕ののちゃんは、スッテンコロリンしましたドクロ

祝詞をあげているNさんの背後で僕ののちゃんは丸石の上で立っていたのですが、ツルンっと滑って、そのまま丸石に尻餅。。。アゥ~ッってな激痛ドクロ 数年前の親の墓参り以来の見事なズッコケでしたあせる


幸いにも骨折はしませんでしたが、お尻に青アザ。。。そう言えば、後で聞いた話しですが、駐車場で待機していたトアル方、僕達3人が登山している間、大きな雷を落とされたようです。。。そんなことできるんだ~っ

16時ごろに駐車場に戻って、剣山スーパー林道を下り、四季美谷温泉で温泉&夜食を食べ、今日の報告会を開いて、温泉を後にしました。。。ズボンが泥まみれの僕ののちゃんに、トアル方からズボンを譲ってくださりました。 次回の再会の時に、洗ってお返しいたします。。。ありがとうございましたニコニコ

剣山、ほら貝の滝へ1日目

昨日の電話で、今日と明日の2日間、トアル方々が徳島に来られるとの連絡があり。。。またまた僕ののちゃん、お供をすることに。。。

行き先は、徳島の剣山。 那賀川の源流に向けて進むルートでご案内しました車
途中、阿南市長生町にある「八鉾神社」に立ち寄りました。

そこで、しばらく静かに何かを感じられていたトアル方。。。


次に、相生のもみじ川温泉でトイレ休憩と昼食、そして木沢の四季美谷温泉でトイレ休憩。。。

最終目的地の「ほら貝の滝」登山口に着いたのが午後14時50分。 そこから行けるとこまで、トアル方とFさん、そして僕ののちゃんの3人は「ほら貝の滝」に向かってGOGOGODASH!
沢の右側ルートを登って行くのですが、結構危険な急斜面ドクロ 手すりのロープがあるところはまだマシな方でして、何も無い急斜面は、一歩間違えれば谷に転落する危険性で一杯あせる

とりあえず、30分ほど登った場所で休憩し、引き返すことにしました。


宿泊先の四季美谷温泉に戻る際、崖工事の交通規制があったので、時間潰しに、剣山トンネルの方へ行ってみました。 近くのヒュッテは閉館していて、トンネルも通行止め。

因みに、トンネルの向こう側には、那賀川の源流の地があります。 その近辺で2回ほど源流コンサートで合唱をしたこともある僕ののちゃん。。。懐かしい場所ですニコニコ



ののちゃんブログ-少し紅葉
(写真)紅葉のピークはまだ数日後と思いますが、ちらほら黄色や赤色に染まりつつある山々もみじ


温泉に到着後、しばらくして仕事を終えたNさんが合流。。。夜道、険しい山道を一人で運転してこられました。 お疲れ様です。

みやびのまつり in 京都 綾部

朝10時30分頃に目的地、京都の綾部で開催されている「みやびのまつり」の会場に到着フラッグ
「すべてのいのちに慈しみと感謝の心を」を祭りのテーマに、何だか全てに感謝したくなる快晴の天気晴れ
まつり2日目の参加でしたが、歌あり、舞あり、トークあり、そして美味しい料理あり。。。充実の半日でした。

会場の受付では、顔なじみのNちゃん。。。そして、入って会場を歩いていると、わの舞のMさん。。。マルシェをブラブラしていると、鳴門のMっちゃん、神山のSさん、Mさん、そしてシンガーソングライターの愛ちゃんなど、まるで徳島にいるような気分でしたあせる


ののちゃんブログ-みやびのまつり会場 (写真)2日目のメインステージ前にて。


お腹がすいたので、食べ物のマルシェへ。。。ビーガンな僕ののちゃんにとって、こう言う祭りでのマルシェの殆どがベジ料理だらから超~嬉しいドキドキ

お米から手作り。。。大地のカレーの看板が目に付いたので、さっそく注文。 余りにも美味しかったので、オカワリの二杯目を注文ニコニコ

ののちゃんブログ-みやびのまつり ベジタブルカレー (写真)ピーナッツたっぷりのベジタブルカレー。岡山からのマルシェを出店だそうだ。

食後、ブラブラしていると、わの舞のMさんから声をかけられ。。。いつも撮影側の僕ののちゃんですが、今日は舞に挑戦しました。


ののちゃんブログ-みやびのまつり わの舞 (写真)講師のTさんを中心に十数名が輪になってレクチャー&実践をしました。


そして僕ののちゃん的に、今日の一番のトリペンギン それは褌学会&褌クラブ達による御神事ビックリマーク
男根の御輿に女性が乗って、褌クラブの男たちが担いでワッショイDASH!ワッショイDASH!

赤色や黄色、そして白色。。。連凧のように、各色の褌に次々と褌で繋がりあって、会場内を練り歩いておりましたグッド! 8月のヘンプカー以来ですが、キャプテンにも出会えて嬉しかったです。

ののちゃんブログ-みやびのまつり 男根御輿 (写真)男根の御輿。この上に女性が乗ります。


会場受付側のブースでは、ドラム缶などを使った薪ストーブの実演展示をしていました。

興味深く見ていると、そのドラム缶の中から焼き芋が。。。ありがたくいただきましたチョキ
そうこうしていると、先月の「心と地球を繋ぐ時」の祭りでソロ演奏していたKちゃんにも遭遇。 今回はスタッフとして活動されているとか。。。

ののちゃんブログ-みやびのまつり ストーブ (写真)手前のオイル缶(ペール缶)ストーブは、内側が2重構造でロケットストーブの構造。

15時過ぎに会場をバイバイパー もっと居りたかったのですが、少し睡眠不足でしたので、早めのに帰ることにしました。

途中の中国自動車道の上りは長蛇の渋滞。。。自宅に着いたのは、結局22時頃でしたぐぅぐぅ

女装のTさんに会いに行きました

夜19時、大阪の堂山に到着。。。そう今晩は、13本のドキュメント映画の1本である「女装のT子さん」の2回目となる撮影日カチンコ
近場の駐車場に車を止めて、待ち合わせの店に向かうが。。。迷子になった僕ののちゃん、T子さんに電話して、向かいに来て頂きました。 今回も女装姿でなく、スーツ姿の普通のT子さんでした目

最初は居酒屋へ行き、これからの撮影のスケジュールと撮影内容の打合せをしました。

T子さんの提案で、3回目の撮影は、ふるさとの島根にお邪魔することになりそうですあせる

打合せを終え、T子さんと別の店へ行きました。。。その店のマスターは今年1月26日にT子さんと一緒に徳島に遊びに来てくれたJちゃん。

徳島の上勝町が舞台となった映画「人生、いろどり」の応援で徳島と縁のあるお2人ですが、今日このようなカタチで撮影に出演して頂けるとは、少し不思議な感覚です。

ののちゃんブログ-大阪堂山のトアルビル
(写真)大阪市堂山の雑居ビルにあるJさんのお店。

徳島から持ってきたお土産(相生晩茶、栗、スダチ)をT子さんとJちゃんに渡し、とりあえずみんなで乾杯ビール

カウンター席に座るお客さんに、ドキュメント映画の説明をし、T子さんとJちゃん以外の顔出しはNGとして、ビデオ撮影のOKを頂いてから撮影を開始カチンコ 。。。っと言っても、どこにでもある飲み屋の風景でして。。。見た目はオッサン達ですが、会話は少々乙女のギャップがGoodでしたニコニコ


ののちゃんブログ-歌うTさん
(写真)カラオケを歌うT子さん音譜 女装はしていませんが、振り付けのしなやかさ流石グッド!


T子さんをはじめ、殆どのお客さんがカラオケ好きとあって、しばらくカラオケが続きました。。。

しかし、よくよく考えるとこのカラオケや店内のBGMの歌は、著作権の問題で、映画のシーンとして使うには少々難あり爆弾 もちろんT子さんも指摘されていて、著作権についてもっと勉強をしなければっあせるっと思いました。


ののちゃんブログ-カラオケ
(写真)店内のカラオケの画面。 基本、カラオケは女性歌手の歌が殆どでしたあせる

確かに徳島の一般的な飲み屋と違う平和なノリ。。。そして、いまいちパッとしない日本ですが、ここだけは昭和のバブル時期のような少し華やいだ空間でした。

結構プライバシーの厳しい場所でありながら、撮影を受け入れて頂いたことに感謝しています。


ののちゃんブログ-ベジ食
(写真)ビーガンな僕ののちゃんの為に、わざわざベジ食を途中買出しに行ってくれたJちゃん、ありがとうございます。

童謡を歌って秋を感じる

ブーちゃん先生の童謡を歌う会の合唱にGOGOGODASH! 今日はピアノ伴奏者のK先生が都合によりお休み。。。その代わりに義姉が担当することになり、3人で那賀町相生へ向かいました車
今日、歌った童謡と愛唱歌は次の通りです。。。

シャベルでホイ 作詞:サトウ ハチロー 作曲:中田喜直


虫の声 作詞・作曲者不詳 ⇒YouTube


あな町この町 作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 ⇒YouTube


お山の杉の子 作詞:吉田テフ子 作曲:佐々木すぐる  ⇒YouTube


ロンドンデリーの歌 アイルランド民謡 訳詞:近藤玲二  ⇒YouTube


花は咲く 作詞:岩井 俊二 作曲:菅野 よう子  ⇒YouTube


童謡を歌った後、昼食を食べ、子どもの部の童謡講座が終わるまでの約90分間、僕ののちゃんは、ナンチャって那賀町観光大使のお勤めに、相生町内をドライブ車

今日は、那賀川中流にある(旧)相生町のセントラル、延野→入野→牛輪→鮎川→大国→延野を時計回り1周してきました。

まずは、豊後神社で参拝。。。その神社の前の景色は、まさに「日本の秋」ってな感じ目

ののちゃんブログ-相生町豊後神社前
(写真)稲藁を積上げた姿が、目にとまり撮影。 下の衛星写真では①


時計周りに、さらに進むと秋なのに緑色が映える畑を発見。

これは。。。相生晩茶の茶畑か!? 
この晩茶は番茶と書かず、昔の字を敢えて使用しているようです。全国でも珍しい、乳酸菌による後発酵製法によるお茶。

毎年7月中旬ごろから、枝をしごくように、茶摘をするそうです。
蒸して手で揉んだ茶葉を大きなオケに詰め、漬物のように上に石を載せて発酵させる。
漬け込む期間は10日以上。漬け込んだ茶葉を庭で1日乾燥させて仕上げます。
乳酸菌の働きで発酵が進み、甘酸っぱい香りと、サッパリした酸味が特徴のようです。
この詳しい資料については、相生森林美術館に隣接する「相生ふるさと交流館」に展示されています。

相生ふるさと交流館ホームページ


ののちゃんブログ-相生町茶畑
(写真)相生緑茶生産組合近くの茶畑。 秋なのに春のような緑々風景。 下の衛星写真では②


すぐ近くに大きな神社を発見。 大宮八幡神社と記されていて、広い敷地内には公民館や摂社など、この相生を代表する神社のようだ。 主祭神は「品陀和気神・ほんだわけ」「息長帯比売命・おきながたらしひめ」「大雀神聖神・おおささぎ」「須佐之男神・すさのお」


徳島県神社誌によると「和銅4年(711年)鮎川・手輪の両村の氏神として宇佐八幡神社より勧請せし由伝う。続く」とある。 記されている西暦711年とは、平城京に遷都した翌年。結構古い神社だっDASH!


ののちゃんブログ-大宮八幡神社
(写真)相生の鮎川にある「大宮八幡神社」 下の衛星写真では③


しかし、この(旧)相生町には、非常に興味深い開拓の歴史がある。

まだ調査中なので、詳しいことは書けませんが、簡単に言うと、山地を蛇行しながら流れる那賀川の蛇行部分を埋め立て、流れを切替え、農地を開拓しています。

下のグーグルの衛星写真を見れば一目瞭然目


ののちゃんブログ-相生町延野Googleマップ
(写真)Googleマップより。 このような蛇行地帯を埋立てた箇所が(旧)相生町には3ヶ所見受けられます。


ワクワクの土成ツアー

朝7時過ぎに起床晴れ パワ友さんからお誘いがあり、朝8時に阿波市土成にある神通山千光院にGOGOGODASH! できれば、土御門上皇のウォーキングマップを作ろうひらめき電球ってな話し合いを予定ビックリマーク

集まった4人は、土成を心より愛する人達でして。。。ウォーキングマップのいろいろな提案を頂きました。


現に、Tさんは来月の11月に、土成において、四国八十八ヶ所の7番、8番、9番の3ヶ所を巡るウォーキングを主催&代表されていまして、現実的なお話しと、実際にそのコースをTさんの車で案内して頂くことになりました車

午前中、Tさんの運転で4人は、3ヶ寺だけでなく、土御門上皇と細川家の所縁スポットも立ち寄りました。

巡ったコースは次の通りです。


01 神通山千光院
02 土成3ヶ寺ウォーキング(土成支所)   11月11日に開催されるスタート&ゴールの会場
03 法輪寺   四国八十八ヶ所の9番札所
04 熊谷寺   四国八十八ヶ所の8番札所
05 新四国庵(新四国霊場) 土成町にあるミニ八十八ヶ所 神宮寺が管理している
06 神宮寺
07 平井水大師   弘法大師の所縁の井戸がある
08 憩の家 林観音庵
09 嵯峨原の女御
10 岩屋古墳
11 山皇子神社
12 十楽時   四国八十八ヶ所の7番札所
13 太鼓坂   坂を歩くと太鼓の音がするとか
14 龍蛇谷川河川   10月14日に開催される国民文化祭の会場。「じんぞく」と言う魚を捕って名物のたらいうどんを食べる。
15 蛇の目淵   下に写真あり
16 蓮生寺
17 秋月城跡
18 細川和氏之墓
19 三宝大荒神
20 粟凡逗秋月右馬
21 秋月城跡(別所)

2時間ほどの短時間で、なんと21ヶ所の(旧)土成町の観光名所を巡りましたグッド!

その内、10ヶ所は僕ののちゃんにとって、初めての場所でした。

運転とご案内をして頂いたTさんとパワ友さんありがとうございました。


ののちゃんブログ-アケビ
(写真)10番の岩屋古墳の近くで自然に成っている「アケビ」 昔は子どものお菓子代わりとして、また薬にもなるそうだ。


下の方でご案内している「御所たらいうどんフェスタ」の会場の一つでもある龍蛇谷川の川原でしばらく休憩しました。

この川原では、当日のフェスで200円ほどでたらいうどんが食べれるそうです。

しかもうどんのだし汁に使う「じんぞく」と言うハゼに似た魚の「じんぞく狩り」もできるのだとか。。。


ののちゃんブログ-沢カマキリ
(写真)14番の龍蛇谷川河川にて。沢の落ちた木片にカマキリがズーッと流水を眺めていました目


この宮川内谷川の支流の一つ、龍蛇谷川には小さな滝や淵があるそうですが、今日は時間的な都合もあり、駐車場近くの「蛇の目淵」に一人行って見ることにしました。

先日、剣山に行く途中に寄った貞光の「土釜」を小さくした感じ。。。水流で丸くくり貫かれた甌穴は見ごたえありました。


ののちゃんブログ-蛇の目淵
(写真)15番目の「蛇の目淵」 駐車場から沢伝いに2分ほど上流にありました。 静かな場所です。


今日、土成をご案内して頂いた地元のTさんが係わる2つのビックイベントの告知です。

もし、お時間のある方は、立ち寄ってみてはいかがですかニコニコ


ののちゃんブログ-御所たらいうどんフェスタのチラシ表
(写真)御所たらいうどんフェスタのチラシの表。


ののちゃんブログ-御所たらいうどんフェスタのチラシの裏 (写真)御所たらいうどんフェスタのチラシの裏。




ののちゃんブログ-土成3ヶ寺ウォーキング2012 (写真)土成3ヶ寺ウォーキング2012の実施要領のチラシ。

縄文土器の太鼓づくり。

夜1時に起床、夜2時に淡路島のOさんアトリエに到着。。。実は、睡眠1時間あるかないかのネムネムののちゃんでしたあせる 目的は13本のドキュメント映画の内の1本の撮影でして、Oさんの創作している陶芸作業を一部始終ビデオに収めましたカチンコ

この陶芸は、工芸と言うよりか、楽器になるとか音譜 大きな瓶の開口部に動物の皮を張って、太鼓にするらしい。。。 つまり、縄文土器の形をした打楽器ビックリマーク 来週10月13日と14日に淡路で開催される縄文まつりに、その太鼓の一部を展示するそうですニコニコ

また、12月中旬までに、全部で13台の縄文太鼓を作る予定で、Oさんはそれに向けて、黙々と作業をされていました。


ののちゃんブログ-土器作り
(写真)ロクロに乗せた大きな瓶を回転させて、傷が付くかどうかで、形状を確認するOさん。


朝8時過ぎまで、粘土をこねる→ひも状に伸ばす→瓶の淵にのせてる→形状を整える→回転させて針で出っ張りを確認→さらに形状を整える。。。の根気のいる作業を繰り返しておられました。


ののちゃんブログ-土器ひっくり返し
(写真)すでに一台の縄文土器はほぼ完成されていした。天日で乾燥させる前にひっくり返すのだそうです。


結構大きな土器なので、ひっくり返すのは一苦労ビックリマーク しかしOさんは、考え抜いた遣り方で、無事に土器を上下逆に回転させることに成功グッド!
ところでOさんは、午前中、店のオープンの準備をされるとのことでしたので、僕ののちゃんは、ネムネム限界だったので、お許しを得て、店内の片隅のベンチで寝ておりましたぐぅぐぅ

午前11時ごろ最初のお客様が来店。。。昼過ぎまで、Oさんはキッチンで料理の準備。。。僕ののちゃんは、店内にある本を読んだり、Oさんの美味しいランチを頂いたり。。。マッタリ~っとしておりましたグッド!

ののちゃんブログ-土器運び
(写真)ランチタイムの後、天日干しするため、縄文土器を野外に搬出。


とりあえず、今日の撮影を終え、15時過ぎに自宅に到着。。。夕方まで、2時間ほど寝ちゃいましたぐぅぐぅ


師匠と剣山

朝7時に起床、8時に宿泊先のレストランにて、トアル方々と朝食を一緒に食べました割り箸
そして、今日はその中の一人が誕生日だと言うことで。。。ハッピーバースディクラッカー
午前11時に見ノ越の「剣神社」で師匠と待ち合わせ時計 天気は快晴晴れ 何だかワクワクな一日になりそうですニコニコ


トアル方と師匠の御対面。。。そして挨拶はソコソコ。。。お互い共通する興味深い話しが続きました。

師匠が持ってきたトアル物も剣山で見るとまた、違って見えますねぃあせる
しかし、僕ののちゃんの大ミスで1ヶ月ほど予定を間違ってのセッティングでして。。。急遽、今日となった今回のご案内は、いろんな方々にご迷惑をお掛けしましたダウン
そのお一方が。。。剣神社のU宮司さま。 本来なら奥様がお茶出しなど接待をされるのでしょうが、急な対応に間に合わす、宮司さまご本人によるお接待となり。。。誠にスミマセンでしたあせる

しかも、拝殿内で非常に貴重な物をみんなで、ワオ~ワオ~っと見ている時、僕ののちゃんは、台の上に置いていたトアル方のメガネを踏んずけて割っちゃいまして。。。テンションダウン しかし、トアル方は大きな心の持ち主でしたアップ


いろいろ話しは尽きませんでしたが、見ノ越の食堂で昼食を頂き、全員リフトで西島駅へ行きました。

師匠も今回は登山して頂き、トアル場所までご案内してくださりました。

ののちゃんブログ-師匠 (写真)剣山に詳しい師匠ですが、御歳80歳前にして登山して頂きました。


早秋の風は少し肌寒い感じでして、少しづつ紅葉が始まっていました。 山道の脇には、野の花が咲いていました。

また11月前に師匠は秋の紅葉を楽しむために、剣山に行くとのこと。。。できれば僕もついていきたいDASH!

ののちゃんブログ-野の花 (写真)リンドウの花。 漢字では「竜胆」って書くんだね。

トアル場所。。。今年。。。何回目なんだろ~ そして何人ご案内したんだろ~

確かに、この場所は2012年ベスト3に入るヘビースポットかもあせる
現地での師匠の説明で、トアル方も非常に感銘されたご様子でして、今回の一番の目的地だったみたいです。

僕ののちゃん&師匠による剣山ご案内ツアー、無事に終えることができました。

ご関係者の皆様、ありがとうございました。


アナタがワタシ、ワタシがアナタ

今日は、トアル人達を剣山にご案内する役として、朝11時にトアル場所で待ち合わせ。。。

そうそう、その前にやっておかなくてはいけないことがありまして、鳴門市の大麻比古神社にGOGOGODASH!
来週の11日までに第二版の土御門上皇の所縁と伝説の地マップを印刷しなければならないので、そのマップの変更箇所をK宮司にチェックして頂くために、お伺いしておりました。

とりあえず、OKを頂き、印刷屋さんに入稿できそうですグッド! 今回は、国文祭の阿波市でのイベントに配って頂くために、4000枚印刷することにしています。


大麻比古神社での用事を済ませ、待ち合わせ場所に移動車 午前11時過ぎに、トアル人達と再会ニコニコ

僕ののちゃんの車を先頭に、もう一台、尾行して頂き、剣山方面へGOGOGODASH!

剣山に登る前に、恒例の禊。。。つるぎ町の鳴滝で、僕ののちゃんは褌一丁でドボーンチョキ

その他の人達は、手や足を滝壷の水につけて清めておられました。

今日の鳴滝は、台風17号の影響か、いつもより水量が多かったです叫び なので、滝の下には行かず、少し離れた滝壺の淵でしばらく禊をさせて頂きました。

100mの落差を3段の滝となって、流れ落ちる鳴滝。。。トアル人達も感激されていましたドキドキ


鳴滝の後、ついでなので、すぐ近くの土釜にもご案内。 緑色片岩の自然の甌穴は見事でして、轟く水流がグルグル洗濯機のように回っていました目


お腹が減ったので、国道438号を登る途中の『そばごや』と言うそば屋に入りました。

僕ののちゃんは2度目の入店でして、小麦のツナギを全く使っていないGOOODな蕎麦を頂きました。

少し頑固そうなおっちゃん店主の趣味は多彩でして、今回はアンティークな発動機の数々を写真で見せて頂きましたビックリマーク


ののちゃんブログ-そばごや (写真)店名も『そばごや』。。。一直線なそば屋さん。 徳島県美馬郡つるぎ町一宇字犬墓。


次に向かったのは、国道438号のトアルヘヤピンにある「お堂」と「天の岩戸」。

天の岩戸では、大阪から観光に来ていたOさんと初対面ながら、以前どっかで会ったかのような出会いがありました。

少し暗くなるまで、「天の岩戸」にある神楽岩の上で座談会をしました。。。トアル方が仰った「アナタがワタシ、ワタシがアナタ」の言葉が一番記憶に残りました。 本人には真っ当に言えませんが、根本的に僕ののちゃんと同じ意識と心情で行動されている方だと改めて思いました。


まだ今夜の宿泊先が決まっていなので、山頂近くの宿泊所に電話するも難しそうだったので、師匠に電話して、見ノ越にある民宿を紹介して頂きました。

残念ながら、大きな湯船の温泉温泉リクエストがあったので、その民宿では夕食&お土産をして、東祖谷山にある「いやしの温泉郷」に宿泊することにしました。

予定では、この日は自宅に戻る予定でしたが、時間も夜8時ごろでしたので、一緒に宿泊することに。。。

明日はどんな一日になるのでしょうかニコニコ おやすみぐぅぐぅ


社乃森 一泊二日のタイムスリップ二日目

朝7時過ぎに起床。。。パワ友さんにさそわれて、宿泊している旅殿・社乃森の境内を散策しました走る人

少しひんやりした空気感グッド! その広い境内には、第83代天皇の、土御門上皇が御祭神の御所阿波宮が鎮座しています。

さっそく、パワ友さんと一緒に朝の参拝へ。。。 拝殿でお話しをしていると、T宮司様も朝のお勤めとして、拝殿にお越しになられました。


ののちゃんブログ-阿波宮
(写真)阿波市にある御所阿波宮。 土御門上皇が御祭神。


午前8時過ぎ、食殿に移り、朝食を頂きました。

巫女のMさんが、食卓のご用意をいろいろして頂いた中、いろいろな話題で盛り上がりました。


ののちゃんブログ-ののちゃん朝食
(写真)ビーガン用の朝食。 僕ののちゃんが美味しく頂きました。


ののちゃんブログ-パワ友さん朝食
(写真)通常の朝食。 パワ友さんの分です。


今日から、僕ののちゃんは講師の仕事が再開です。10時ごろまでに徳島市に戻らなければならないので、先にチェックアウトをさせて頂きました。 パワ友さんは今日、仕事が休みだと言うことで、午前11時ぐらいまで、ゆっくりされるとか。。。

パワ友さん&T宮司さまに見送られながら、旅殿・社乃森を後にしました。。。

今回の宿泊は、すべてパワ友さんにお世話になりました。 人生の中で、記憶に残る一泊二日でした。。。パワ友さん、T宮司をはじめ旅殿の皆様、本当にありがとうございました。


ののちゃんブログ-朝食
(写真)食殿から庭方向を撮影。


今回、一泊二日しました旅殿 御所 社乃森のホームページは→http://www.yashironomori.jp/

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
1742位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
420位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。