スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SVO改良作業 in 徳島

今日の帰宅も午前様ぐぅぐぅ そして、朝7時過ぎ。。。てんぷらかーのKさんからモーニングコール携帯
そう~今日は徳島市内にて、ディーゼル車1台を廃油で走れるように改良作業をする日DASH!
Kさんの作業風景を撮影することはもちろん、フォロー役として、いろいろお手伝いをさせて頂きました。


ののちゃんブログ-SVO改良作業 (写真)Kさん、車体の下に潜り込んでの作業。 ご本人は、もう少し痩せなくてはあせるっと言っておられました。。。爆弾


今日の車は、N社のワゴン車でして、Kさんとしては初めての車種だそうです。

フロントのグリルとバンパーの取り外しに少し苦労されていました。

僕ののちゃんも、3往復ほど近くのホームセンターへ買出しのお手伝いでKさんをホローチョキ

作業はどんどん進み、夕方6時前には無事に作業完了グッド!

途中、仕事で抜けていたオーナーのKさまも、ちょうど完了と同時に戻られ、てんぷらカーに変身した車にさっそく乗車&記念写真。


そうそう今回一つ気に入ったのは、お手製。。。廃油をろ過するフィルターボックス目

僕ののちゃんは、初めて見たのですが、ホームセンターでよく売っているポリケースに、穴を開け、下に垂れやすいようにその穴にチューブを挿し、その上にティッシュペーパーを重ねて、金網を載せる。。。っと言ったシンプルな構造の廃油ろ過装置叫び 凄いビックリマーク凄すぎる!!


ののちゃんブログ-廃油フィルターボックス
(写真)すべて、簡単にホームセンターで買えるモノばかりで装置が完成叫び


明朝、Kさんはフェリーで帰られる予定でしたが。。。先日の四万十市での一部作業を遣り残したそうで、今夜徳島で一泊してからまた明日、高知へ戻られるとのこと。

とりあえず、ホテルを手配して、まずはチェックイン。。。それから一緒に、温泉、居酒屋へご案内。。。

朝~晩まで、外の作業でしたので、やはり温泉は最高温泉


スポンサーサイト

Sくんとビデオ編集2日目

前日の編集から戻ると。。。午前様時計 今日2日目は、昼ごろまでたっぷり睡眠をとって、午後2時前にSくんのご自宅にお邪魔しました。

編集作業を確認していたSくんが。。。まだ入っていないデータがあるとのご指摘があり、未チェックだった、カメラやSくんのパソコンから、まだ残っている撮影データを僕ののちゃんの編集用HDDにコピーパソコン

そのコピー作業だけでも3時間ほどかかる感じ。。。ボーっと待っていると。。。Sくんが徳島市内にあるハンディを持ったメンバースタッフによるリサイクルショップ「太陽と緑の会」へ行きたいと言ったので、さっそく二人でGOGOGO車
Sくんの目当ての品は、バックビックリマーク 映画のテーマにもなっている「とりかえる屋のバック」が欲しいとのこと。


ののちゃんブログ-太陽と緑の会にて (写真)とりかえるバックを300円でご購入のSくん。 このカバンがSくんの手によってアーティスティックに変身するビックリマークかも!?


Sくんは、画家でもあり、「とりかえるステーション」を全国に広めるために日々、活動されています。

この「とりかえる」とは、簡単に言うと。。。より価値のあるサービスと交換することビックリマーク

不要とまでは言わなくても、それと交換で、少しでも価値のあるモノと取替えっこすること!!

その取り替える場所が「とりかえるステーション」ってことニコニコ


新しく買ったバックに、これから沢山の価値あるモノとサービスを詰めて、Sくんは活動を続けていくでしょう。


買物から戻り、ビデオ編集は深夜2時ごろまで続きました星空

そのSさんが主催するイベントの紹介。。。広島県竹原市にある「てんぽら」にて、12月8日(土曜日)に朝までわいわい、楽しそうな夕ごはん付きのライブがあります音譜 お近くの方、興味のある方は、ぜひご参加してみてくださ~ぃビックリマーク


ののちゃんブログ-長~ぃ夕方、遊ごはんのチラシ
(チラシ)


Sくんとビデオ編集1日目

非常に残念なのですが、職場の上司のご家族がお亡くなりになったとの連絡を頂きましたので、お昼に葬儀に行ってまいりました。

その告別式の後、昼食をうどん屋で食べ終え。。。その駐車場の奥には、あのハスキー犬の犬小屋がひっそりとありました。

そのハスキー犬は、一昨日、僕ののちゃんの足首を噛んだのですが。。。たぶん、犬小屋で寝ている感じぐぅぐぅ

。。。ってなことで、小石を転がすと。。。眠そうなハスキー犬がノソノソ出てきましたわんわん

まるで別の犬のような穏やかな表情ニコニコ とりあえず、ニコッと挨拶。。。


13時ごろから、13本のドキュメント映画の1本である、Sくんのビデオ編集を予定しておりましたが、もろもろの事情により、時間を変更して、夜の9時半ごろから編集作業を開始しましたテレビ


ののちゃんブログ-ビデオ編集
(写真)みんなで映像を確認しながらのビデオ編集作業。


Sくん関連の映像は、これまでの撮影合計時間が、72時間ほど叫び さらに来年にかけて引き続き撮影する予定です。

それを最終90分くらいのドキュメント映画にするつもりですあせる

とりあえず、明日も午後1時からSくんのご自宅で、ビデオ編集をしま~すチョキ


ののちゃんブログ-Sくん
(写真)ドキュメント映画のコンセプトについて語るSくん。

人生で初めて犬に噛まれました。

昼ごろまで寝ておりましたぐぅぐぅ  。。。っと言いますのも、昨日の月曜日は、講師のお仕事と、帰ってからはグラフィックデザインの仕事と。。。朝~朝まで一日中仕事漬けでしたあせる

とりあえず、すべての仕事と作業を終えて消灯したのは本日の午前4時時計


そうそう、昨日のことですが、昼休み1時間の間に、車を無料メンテナンスの作業所へもって行き、オイルとエレメントなどを交換して頂いたのですが、昼休み中には作業が終わらないとのことでしたので、歩いて近くのうどん屋に寄ってから仕事場へ戻ることに走る人

昼食を食べ終えたのですが、遅刻しそうになったので急いで裏道を通って近道DASH!
たぶん私有地だったのかもしれませんが、「がぅ~」といきなり、僕ののちゃんの右足をガブリと噛み付くアスキー犬爆弾

足を振り払って、どうにか脱出あせる ズボンの裾あたりが破けてしまいましたドクロ

辛うじて、出血まではしませんでしたが、歯型の一部が傷となっております。


その時思ったのですが、2日前の四万十市「六條神社」の謂われである千代鶴姫と皇子の狼に襲われ亡くなった伝説を思い出しました。

噛み付かれた時ですが、姫と皇子の無念な思いを、昨日の体験で、感じることができました。


ところで、今日の午後は母と一緒に、いろいろとお出かけ車

親戚が経営する施設では、廃油のてんぷら油を頂ける話しができて、超ラッキーチョキ

来年、てんぷらカーに乗る前に廃油の手配をボチボチ準備してこうと思っております。

WVO改良作業 in 四万十町

朝6時半過ぎに待ち合わせ場所のパワ友さん宅に到着。。。そして二人で高知は、四万十町へGOGOGO車
目的地では、あのKさんがディーゼルトラックをWVOでも走るよう改良する作業をされるとのことで。。。午前9時40分頃に到着フラッグ
さっそく、その作業風景を撮影させて頂きましたカチンコ
このWVOとは、Waste Vegitable Oil の頭3文字を取った略でして、つまり廃棄した植物の油のことです。

要は、家庭や飲食店で使い終わった天ぷら油割り箸


ののちゃんブログ-WVO改良作業の風景
(写真)マツダのトラック、タイタンの改良作業風景。


作業依頼者のTさんとは、この夏のヘンプカープロジェクト以来の再会でして、他にも当時、お世話になった懐かしい顔ぶれがありました。


ののちゃんブログ-WVO改良作業のKさん
(写真)廃油用の燃料タンクのホースを確認するKさん。


これまで、僕ののちゃんが取材したKさんの作業の殆どが、乗用車タイプでしたが、今日はトラックとあって、その作業の進め方の違いなどを拝見できました目


ののちゃんブログ-WVO改良作業のKさん
(写真)乗用車と違って、トラックでは車体の下での作業が割かし多かった感じでした。


ののちゃんブログ-廃油のろ過
(写真)依頼主のTさんは、廃油をフィルターに通し、タンクに注入する準備などされていました。


現場により、何が起こるか分からないと言っていたKさんですが、部品や部材の現地調達など、いろいろとハプニングは付きもののよう。。。しかし、何にごともなく無事に遣りおえるKさんは、さすがに凄いグッド!


ののちゃんブログ-WVO改良作業のKさん
(写真)通電しても弁の装置が動かないハプニング。装置自体の故障と分かり、別の新しい装置で対応。


まだ作業途中でしたが。。。パワ友さん、僕ののちゃんも明日、月曜日は仕事なので、失礼ながら午後17時過ぎに現地を後にしました。

投光器で照らしながらの作業が続いたようですが、後からKさんから電話があり、無事に終わったとの連絡を頂きました。 Kさん、お疲れさまでした。 そして依頼者のTさんはじめ皆さま、ありがとうございました。


ところで、Kさんが乗っている車なのですが、来年早々購入して、僕ののちゃんの車になる予定。。。ですニコニコ
マツダの中古車ですが、ディーゼルと廃油の両方で走るニューハイブリッド車なのです車
さっそく、運転席に座ってみましたが、身長188cmの僕ののちゃんにピタッとフィットグッド!


ののちゃんブログ-購入予定の車
(写真)マツダ プロシードマービー 2.5 ディーゼル+WVO

高知の黒潮町と四万十市の土御門上皇所縁の地を訪ねて

WVOの改良作業をされている四万十町のTさん宅を一時離れ。。。僕ののちゃんとパワ友さんは、土御門上皇の所縁の地へGOGOGODASH!

まず、最初に向かったのは、高知県幡多郡黒潮町上川口付近、 大方町史などの郷土資料によれば、この近辺に遷幸されるとあるが、明確な場所を特定することができませんでした。


次に向かったのは、高知県四万十市蕨岡甲(わらびおかこう)4727に鎮座する「高良神社」

こちらには、「土御門上皇(天皇)蕨岡御所伝承地」っと、石碑が建っていました。

「阿波の国・土御門上皇」のマップを制作する際、いろいろとお世話になった徳島県阿波市の蓮生寺K住職様は、以前、こちらに立ち寄られ、上皇について講演されたと聞いております。

ののちゃんブログ-高良神社
(写真)高良神社(こうらじんじゃ) 神社前の道を挟んだ向かい側には、後川がゆったりと流れていました。


最後に向かったのは、高知県四万十市大屋敷にある「井森神社」

以前にも書きましたが、京から中村の地へ配流なされた後、上皇の妻と子が亡くなった場所とされています。

しかし、その少し手前の側道にある「六條神社」の看板に目がとまり、車を駐車して立ち寄ることに。。。

その看板には、次の内容が書かれていました。


『六條神社
承久3年(1221年)承久の変で土佐に流された土御門上皇を追って、この地へきた千代鶴姫は、急に産気づき、片魚口で皇子を出産した。
ここを通過中産後の疲労もあり、樹のもとで休憩していたら樹の間から八匹の狼が現れた。
姫は皇子を抱え樹に登り、追い払おうと鏡を照らしたが、誤って鏡を落とし、姫・皇子ともに狼におそわれ無念の最後を遂げられたと伝えられている。』


何と悲惨なお話しでしょう。。。パワ友さんも言ってましたが、こんな酷い話しをリアルに書けるのは、本当にあった事実だから。。。っとビックリマーク 納得いきます。


ののちゃんブログ-六條神社
(写真)六條神社の哀しい謂れが書かれている看板。


先月の10月17日 にT宮司と上皇の所縁の地である高知の香美市を訪れた際、最初は高知中村(四万十市)をお誘いしたのですが、「暗い、行きたくない」っと仰ったので、その時は行かなかったのですが、今日ここへ来て。。。納得!!


ののちゃんブログ-六條神社
(写真)六條神社の鳥居前。


しかし、非常に悲しいお話しです。。。いや、事実です。。。


ののちゃんブログ-六條神社
(写真)六條神社の境内。


僕ののちゃんとパワ友さんは、境内に入って、参拝をさせて頂きました。

この「六條神社」で、千代鶴姫と皇子の悲しい謂れを確認した後、当初の目的地であった「井森神社」へ。。。地元の女性に場所を聞いて向かいました。 

1分もかからない道端に車を駐車して、少し長い階段を歩いて登りました。


ののちゃんブログ-井森神社
(写真)井森神社の参道。 鳥居には新鮮な榊が両端に置かれていました。


こちらの神社には、上皇に関する石碑などはありませんでしが、「坂本重吉翁頌徳碑」という石碑だけポツンとありました。

こちらも二人で参拝を済ませ。。。土御門上皇の高知ミニツアーを終え、WVOの作業をされているTさん宅へ戻りました。


夜、徳島に戻り、まず最初に寄ったのは阿波市にある「土御門上皇行宮跡」。

パワ友さんと一緒に参拝していると。。。何となくですが、僕ののちゃんは鳥肌をたてながら、「ありがとう」と女性的な感情を感じておりましたあせる

これで良かったんだ。。。っと何となく思いました。

今日一日、パワ友さん、お世話になりましたニコニコ


山陽・雲海の里会2日目、そして竹原へ。

2日目の交流会の朝。。。一番最後に起床あせる 何だかとっても眠れましたぐぅぐぅ
コテージの1階では、TさんとMさんの賑やかな&真剣な会話あせる。。。そして、主に女性メンバーにより朝食の準備をして頂き、全員、テーブルを囲んでの朝食会割り箸
ごはん、お味噌汁、野沢菜、野菜炒めなど。。。 ごちそうさまでしたニコニコ そして時間は午前10時前時計
慌てて、全員で借りていた2棟のコテージのお片づけDASH!
チェックアウトし、Hさんの提案で、紅葉が美しい森林とコテージをバックに全員で記念写真カメラ
Wさんのカメラで撮影したので、ブログにその画像をアップできないのが残念爆弾

それから、全員で、近くの「穴門山神社・あなとやまじんじゃ」へGOGOGO車
ものの15分くらいで到着。 そこは更に人里離れた、山深い森林。

ジグザグ上の参道の階段を登りつめると。。。古めかしい。。。でも威厳ある。。。素晴らしい本殿と絶壁の大岩がド~ンと鎮座しておりました叫び

この神社の御祭神は、天照大神と倉稻魂神。 後の合祀により、足仲彦命と穴戸武姫命。


その拝殿の後ろ左隣には、鍾乳洞がありました。 案内板には奥行き100mあるとのことですが、途中から天井が低くなって通り辛くなったので、20mほどのところでユーターン。
ちょうど、コウモリさんがぶら下って居られたので、しばし観察目
何人かは懐中電灯を持っていたので、協力し合って、全員洞窟の中を堪能いたしました。


神社の参道を降りて、駐車場でみんなと恒例のハグをして解散。

フリーエネルギーの取材が残っていたので、Tさん達に残ってもらい、しばし3号機のご説明などを撮影させて頂きました。


ただ、残念ながら、今日の穴門山神社のビデオ映像を広島のWさんに、そのまま渡したので、手持ちに画像が全くありません。。。ここまでは、文字だけの説明とさせていただきましたあせる


全員と別れた後、別のドキュメント映画に出演されている広島県竹原市のSさんに電話してみました。

しばらく会っていないので、ご都合を聞いてみると、OKだと言うことで、いざ竹原へGOGOGO車

そうそう途中、高速道の福山東SAでトイレ&昼食休憩をしよと立ち寄ると。。。何と食堂で、さっき解散したメンバーのMちゃんとバッタリ遭遇叫び 。。。ってなことで一緒にお喋りしながらの昼食となり。。。 何気なく前から歩いてくる男性の顔をみると、明日、高知の四万十町で会うSVOのKさんと、これまたバッタリと遭遇叫び叫び 県外でバッタリ遭遇する感動は、地元以上に興奮しますねっ!!

午後2時半ごろにSさん達が待っておられるテンポラに到着。

そこでは映画の上映会やライブなどいろいろな催しがされていて、今日はSさんだけでなく、奥様のAさん、長男Hくん、そしてお父様のAさんが、その店舗の天井の模様替え(撤去)をされていました。

今日は、Sさんに以前から渡したかった盆石の小道具を持っていたので、その一部をお渡ししました。

Sさんの仕事は、モノとモノを取り替える。。。とりかえる屋でして、僕ののちゃんの死んだ父が愛用していた盆石の小道具を、使っていただけそうなSさんに是非に。。。渡したくて。。。渡しましたニコニコ

ただ、残念ながらお盆やその他の道具を忘れてきたので、それは後日、渡そうと思っています。


ののちゃんブログ-盆石
(写真)Sさんにプレゼントした細川流、盆石の小道具。 さっそく作品を作りをされていました。


次回、Sさんとドキュメント映画の編集スケジュールを決めて。。。今日のところはバイバイパー

ひとつ気になっていたことがありまして、Sくんをはじめ、奥様のAさん、長男のHくん、3人ともがお肌ツルツルで非常に健康的。。。しかも以前より何だかパワーアップされているような感がありまして、お尋ねすると、Hくんのアレルギーが自然と改善しているとのこと。。。

そんな会話の中で、石風呂の話題が出たので、それにピピッと。。。僕ののちゃんひらめき電球
その石風呂の存在は何となく知っていたので、帰りに寄ってみることにしました。


ののちゃんブログ-床浦神社の鳥居
(写真)瀬戸内海を背景にそびえ立つ床浦神社の鳥居。


竹原市内にある石風呂旅館の岩乃屋へまずは、入場券を購入。。。少し高めの1,200円。

磯伝えに手摺り付き回廊をトボトボと歩いていくと、突き当たりが着替えロッカー、その手前が石風呂。

共に岩を削って、その穴の中で蒸し風呂の状態。。。床には熱で乾燥した海草が敷き詰められていて、香りと肌触りがGOOODグッド!

その海草のことを調べてみると。。。 リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ (竜宮の乙姫の元結いの切り外し)と言う階層だそうなビックリマーク 何だか長~ぃ名前あせる


ののちゃんブログ-岩乃屋の石風呂
(写真)この狭い回廊の奥に石風呂があります。


「あつい方」と「ぬるい方」の2つの蒸し風呂があって、僕ののちゃんは、2回づつ合計4回、蒸し風呂に入っては、回廊に出て、瀬戸内海の夕暮れを見ながら身体を冷ませる繰り返し。。。

何だか、毒素と眠気が出て、帰り道、眠いハズの運転が全然眠くなく安全運転で帰れました。


ただ、お風呂にもよったこともあり、帰り時間が非常に遅くなりましたあせる

コンサートと山陽・雲海の里会1日目。

午後1時から。。。ブーちゃん達によるコンサートが小松島のミリカホールで開催され、僕ののちゃんは客の1人として行ってきましたニコニコ

最初は観客席みんなで歌を3曲、歌声喫茶のように歌いました。

その後、サックス奏者の重鎮のUさん達によるジャズィ~な演奏と、ブーちゃんと義姉が加わっての歌と演奏が続きました音譜
最後の最後まで、会場に居れませんでしたが、非常に楽しい一時を過ごせましたグッド! お疲れさま。。。ブーちゃん。


ののちゃんブログ-ミリカでコンサート
(写真)小松島市ミリカホールにて。


コンサートホールを後にして、僕ののちゃんは、岡山県高梁市にあるコテージに向かいました車
集合時間は16時からでしたが、18時半ごろに到着。。。遅れての参加でしたが、改めての乾杯をして頂きましたビール


ののちゃんブログ-交流会1日目
(写真)隣に座っていたTさんに、ワインをお注ぎ中の僕ののちゃん。


今日の会の目的である、フリーエネルギーの3号機のお披露目と。。。トアル重要項目の総括が朝方4時ぐらいまでつづき。。。どうにか、総括を遣りおえることができた感じあせる

準備をしてきたTご夫妻、お疲れ様でした。 そして今回から参加されました福山のTご夫妻と倉敷の方、ご一緒に過ごせましたこと、大変嬉しく思っております。

そして何よりもMヤさんはじめ、全員がトアル件の総括に関われたことが非常に良かったと思います。


そうそう、僕ののちゃんはズーッと会の一部始終をビデオ撮影させて頂きました。。。至らない点も多々あったと思いますが、とりあえずありがとうございましたニコニコ

閉山直前の剣山見ノ越に行ってまいりました。

朝7時に師匠宅で待ち合わせ。。。そして剣山へレッツGOGOGODASH!

しかし、今日はたまたま同じ赤色のジャンパーでして、何だかお互いを意識目 。。。んで、僕ののちゃん、「ペアルックですねっ」っと師匠に一言音譜 一緒に居ると、よく親子と間違えられるのですが、やはり今日も同じ色の服を着ていたこともあり、何人かに親子ですかはてなマークっと何時も以上に言われましたニコニコ

ののちゃんブログ-次郎ギュウ
(写真)剣山のすぐ隣にある次郎笈。標高は1929m。 ちなみに剣山は1955m。


途中、Aさんのお寺に、ご挨拶。。。そして、午後9時過ぎに剣山の見ノ越に到着。。。まずは、売店のMさんに僕ののちゃんは、預かり物を頂きに行きました。 それは今月11月10日に東京のIさんと剣山に登山した際、パワ友さんから儀式用にと南極の氷を入れたクーラーボック。

預かって頂き、ありがとうございましたMさん。


次に向かったのは、剣神社。 U宮司さまが対応して頂き、師匠といろいろお話しされていました。

その一部始終を撮影する僕ののちゃん。。。これもドキュメント映画の1カットになる予定カチンコ

ののちゃんブログ-剣神社
(写真)剣神社で参拝する師匠。


見ノ越にあるもう一軒の売店にご挨拶して、東祖谷山へ。。。途中、売店や知人宅に立ち寄りながら、栗枝渡(くりしど)にある八幡神社に到着DASH!

別名、クリスト神社とも言われ、それなりのスポットとして超有名。


ののちゃんブログ-栗枝渡八幡神社
(写真)八幡神社の本殿は、さすが子どもの時に崩御された安徳天皇の愛くるしい色使いだっ目

すこし、近くを散策すていると。。。先ほどからズーっとワンワン吠えている柴犬を発見。

何やら遊んで欲しそう。。。口にボールを咥え、高台から上手にボールを落とすと、師匠がひらって、投げてあげると、それを追い駆け咥えて戻る柴犬。。。その繰り返し。。。


ののちゃんブログ-栗枝渡のサラちゃん
(写真)飼い主曰く。。。この柴犬の名前は、「サラ」 さすが栗枝渡に住んでいる犬だけある叫び


しかし、この栗枝渡から見る眺望は最高目 こんな高い山の斜面に暮らしている村人に、少し憧れます。。。


ののちゃんブログ-栗枝渡からの眺望
(写真)東祖谷中上方面。


帰りは、西祖谷山、山城、池田、三加茂を通り、師匠の自宅に立ち寄って、帰りました。。。

自宅に帰る途中、別のドキュメント映画に出演しているT社長の事務所にも立ち寄ってみました。

縄文鼓の仕上げ

朝方4時過ぎまで、家のすぐ横で道路工事をしていたので。。。(チョット騒がしくて) 今日も昼近くまで寝ておりましたぐぅぐぅ 明後日、ブーちゃん達は小松島にてコンサートがあるので、その練習の歌で目覚めました目


夕方4時に早めの夕食を食べ、僕ののちゃんは、淡路島のOさんのアトリエに行ってきましたDASH!

。。。って言うのも、作家さん達による縄文鼓作りの取材と僕ののちゃんが先日作った縄文鼓の仕上げをするためにお伺いいたしました。


ののちゃんブログ-Oさんのアトリエ
(写真)夕方6時前にOさんのアトリエに到着。 もう辺りは真っ暗。


アトリエに入ると、前回のワークショップでお会いした二人の作家さんが、縄文鼓を制作されていました。


ののちゃんブログ-縄文鼓の制作
(写真)さすが形といい、デザインといい、独特の感性の縄文鼓です。 龍が浮き上がっています目

教室のテーブルには、先日作った、土偶や土器、そして縄文鼓が並べられていて、縄文鼓はひっくり返して乾燥されていました。


僕ののちゃんは、撮影をそこそこに、自分の縄文鼓の仕上げ作業をチョキ

特に削った後のバリを取り除いたり、もっと深く掘り込んだり。。。3日前に制作した時よりも、粘土が多少乾いているので、仕上げとして削るのに丁度良い硬さでしたグッド!


ののちゃんブログ-乾燥中の土器など
(写真)みんなの作品は順調に乾燥中ビックリマーク来月12月11日まで、乾燥させ、12日に野焼きを予定しています。


21時過ぎに自宅に戻ると。。。東京からNちゃんが訪ねて来ていて、レンタルスタジオのチラシの打合せを23時ごろまでさせて頂きました。


土御門上皇の古書をお借りしました。

今日は久しぶりに、昼ごろまで寝てましたぐぅぐぅ  何て幸せなんだろ~か音譜 っと毛布の中で幸せを噛み締めながら目覚めました目 起きて歯を磨いて。。。ブーちゃんが用意してくれた天ぷら蕎麦をいただき。。。何て贅沢なんだろ~と音譜 っと食べながら昼食を終えました割り箸

午後4時前に師匠の家に遊びに行き、以前から興味があった古書を見せていただく事に。。。

持って帰ってもいいよビックリマークって言って頂けたので、自宅でゆっくり読むことにしました~チョキ


帰る途中、とっても夕日が美しかったので、吉野川の第十堰の近くに車を駐車して、しばらく陽が沈むのを眺めておりました目


ののちゃんブログ-吉野川第十堰
(写真)吉野川第十堰の北岸より。 高越山方面に太陽が沈みました。 微かに剣山山頂がチラッと見えます。


家に戻り、その本を読んでみると、土御門上皇に関わる祭典のことが沢山載っていました本

本の最後のページには、非売品とあり、印刷は昭和7年10月11日、発行は同年11月12日。。。

発行者の森本義男さんは、土成町在住の阿波国守護だった小笠原長清の末裔にあたるお方叫び

その系図も載っていました。


ののちゃんブログ-土御門上皇・清和天皇祭典史の表紙
(写真)表紙には、土御門上皇・清和天皇祭典史と記されています。


昭和の戦前の書籍とあって、袋とじの活字印刷。。。約40ページに及ぶ。

一通り目を通しましたが、現代文とは違い、漢文のような読み辛さがあり、きちんと把握するには、しばらく時間がかかりそうですあせる


ののちゃんブログ-土御門上皇・清和天皇祭典史の内容
(写真)最初のページには、後から貼り付けた宮内庁からの天皇陛下へ献上されたと記された用紙が引っ付いていました。


全てのページをご紹介することはできませんが、昭和6年に開催された土御門上皇700年祭と清和天皇1050年祭について、詳しく書かれています。


ののちゃんブログ-土御門上皇・清和天皇祭典史の第三章
(画像)本の8ページ、第三章 祭典次第。


昭和6年は、西暦で言うと1931年。。。100年後は、2031年。。。今からだと19年後。。。800年祭はあるのでしょうかはてなマーク

縄文鼓・土偶・土器づくりのイベントに参加&撮影

お昼ごろ一人、淡路島へ向かいました車

目的地は、Oさんが主催する縄文鼓・土偶・土器づくりのイベント会場のナ○○ャ。。。でも、その前にぜひ立ち寄りたい場所があったので、そちらへGOGOGODASH!
その場所は、偉大なる人道主義者『ゼネラル・樋口』とイスラエルにおいて、その功績を永遠に顕彰されている樋口季一郎の出生地である南あわじ市阿万上町ビックリマーク

第二次世界大戦さなか、ナチスの迫害を避けるため、多くのユダヤ人が満州に疎開しようとした際、オトポールというソ連の国境付近で立ち往生とり、当時、満州国のトップであった樋口季一郎陸軍少将が、そのユダヤ人達にビザを発行したとされています。

彼のビザ発行によって、2万人のユダヤ人が助かったそうですが、そのお方が、淡路島出身だったとは。。。あの外交官だった杉原千畝も6千人のユダヤ人を救ったとありますが、本当に偉大なお方達ですニコニコ
とりあえず、今日は初めての阿万上町でしたので、その町の小学校前の文具店で、樋口さんのことをお尋ねしてみました。 店に買い物に来ていた小学生達は、彼の名前はしりませんでしたが、その店主はご存知でして、詳しい人がいるからと。。。その方の家を教えて頂きました。

残念ながら、その家の方は留守中でしたので、また次回、訪ねてみたいと思います。


14時半に淡路市のナ○○ャに到着フラッグ

今日の準備のため、お疲れのはずのOさんですが、いたって元気なご様子。。。

そして、何よりOさんが嬉しかったことは、店内で販売していた土偶が売れたこと¥


ののちゃんブログ-土偶
(写真)今日、売れた土偶。

そして15時から、Oさんのアトリエに移動して、縄文鼓・土偶・土器づくりのイベントがスタートDASH!
最初、僕ののちゃんは撮影に徹しておりましたが。。。何か無性に縄文鼓が作りたくなったので、カメラを置いて、途中から制作に参加あせる
僕ののちゃん、縄文人になった気持ちで、粘土を積み重ねて壷型を作り、装飾を付け、太鼓の皮張りのヒモの穴をあけて完成チョキ とっても楽しくて、集中していたのかアッと言う間の制作でしたメラメラ


ののちゃんブログ-縄文太鼓づくり
(写真)参加者みんなの仕上がった作品たち。


参加者の中には、わの舞のメンバーも沢山参加されていまして、縄文鼓や土器、土偶の制作の後、わの舞などの参加者と舞をしました。 最初は店内で舞。。。次に野外で舞い。。。最後に海岸の浜で舞い。。。

寒い夜中の舞でしたが、夜空の星の下で、平和に同じ気持ちで舞を遣り遂げましたグッド!


ののちゃんブログ-わの舞
(写真)ナ○○ャの店内にて、わの舞をしている風景。


今日は、撮影に留まらず、縄文鼓づくりにも参加。。。しかも、わの舞の沢山のメンバーとご挨拶&ハグができたことが一番の思い出となりましたニコニコ

Elegance 自尊を弦の響きにのせて ~96歳のチェリスト 青木十良 の映画を見ました。

午前中、小雨の中、ブーちゃんと映画に行きました映画 場所は徳島ホール。。。不定期で、あまり見られない映画を上映している古い映画館です。

。。。んで、映画のタイトルは、「Elegance 自尊を弦の響きにのせて ~96歳のチェリスト 青木十良」

どちらかと言えば、ブーちゃんに誘われて見に行った感のある今回の映画ですが、只今、13本のドキュメント映画を制作中の僕ののちゃんにとって、見せ方の参考になる点が幾つかありましたニコニコ

過剰書きにすると。。。

①90分ほどの映画だと、20分、20分、10分、10分、っと場面展開は最長でも20分以内。

②見せ方として、スチール写真と動画をコラージュして、写真も効果的に見せる。

③ナレーションの代わりに、黒背景に白文字だけの文章だけで説明をする。


ナレーションは全く無い映画でしたが、音楽と撮影時の会話、インタビューだけで映像を補足していました。 改めて、特にナレーションが無くてもOKなんだ。。。っと思える映画でした。

ののちゃんブログ-自尊を弦の響きにのせてのチラシ
(チラシ)徳島ホールでは、一週間、毎日3上映されるそうです。


徳島以外でも上映を予定されているそうです。詳しくは、制作会社のHPでご確認ください。 →http://aokijuro.sblo.jp/


ののちゃんブログ-プロデューサーの舞台トーク
(写真)上映の後、40分ほど、プロデューサーの舞台トークがありました。


映画のタイトルにも付いている「Elegane」っと言う言葉をチェリストの青木さんは、よく仰ってました。

エレガンス=優美、とか華麗とか。。。曖昧な美しさだけで受け取られがちですが、青木さんやプロデューサーが言う本当の意味は、「自分の本当の生き方を貫くことビックリマーク」だと訴えているように思えました。


ところで、この映画のプロデューサーのMさんは、僕ののちゃんのちょっと知合いのMちゃんの叔母さんだっビックリマークって、映画館で気付きました。

噂では聞いていましたが、小松島出身のMプロデューサーの今回の仕事ぶりを拝見して、凄く素晴らしいお仕事をされているなぁ~っと嬉しく思いましたグッド!

沢山の郷土史などを頂きました。

歴史好きの僕ののちゃんですが、今日、郷土史などいろいろと研究し記事を書かれているNさんから沢山の郷土史やポストカードを頂きました本

早速、気になる一冊を読んでいます。。。それは「徳島の歴史民俗研究録 著者:高田豊輝」と言う書籍でして、他の郷土史の本には載っていないような、歴史研究者による勘違いの「問題の郷土史」とか、徳島那賀町にあったとされる「薩麻駅」の話しとか。。。興味深い記事が一杯グッド!

結構日ごろから、勘違いをする僕ののちゃんですので、反面教師としてこの郷土史の本を愛読させて頂きますあせる


ののちゃんブログ-徳島の歴史民俗研究録
(写真)徳島の歴史民俗研究録 著者は高田豊輝先生。 非売品の本なので非常に貴重ビックリマーク

昼過ぎに、カフェにてNさんとお別れし。。。沢山の本を車に積んで、1人うどん屋にて昼食割り箸
その後、近くの「葦稲葉神社」にちょっと寄ってみました。


ののちゃんブログ-葦稲葉神社
(写真)本殿が2つ並ぶ、左側が葦稲葉神社、右側が摂社の殿宮神社。


この神社の境内は結構広い。。。そして幹線道路からみると斜め45度ぐらいの方向に、拝殿ならび参道が向いているので、角度的に目を引きます目

本殿も2つ並んでいるのも何か珍しい感じビックリマーク

それぞれ、葦稲葉神社の方のご祭神は、葦稻羽神(倉稻魂命)と鹿江比賣神。また、殿宮神社のご祭神は、素盞嗚尊。


ののちゃんブログ-葦稲葉神社
(写真)拝殿前より撮影。境内には立派な井戸がありました。


神社の散策の後、家に戻り、昼寝のつもりが。。。夕方まで寝ておりましたぐぅぐぅ

淡路島の魅力を再発見。

朝9時まで高速道にETCゲート潜ると、通勤割引で通行料半額になるので、淡路に向け、鳴門海峡大橋を9時前に渡りました車
淡路南ICで降りて、まず向かったのが「阿那賀の弁天島」

こちらは、僕ののちゃん的に以前から行きたかった場所。。。地名の阿那賀(あなが)にも興味ありますが、海に浮かぶ弁天島に太鼓橋が架かるその風景を一度は見てみたかったのです目


ネットで調べると。。。

弁天島は今は無人島ですが、弥生時代には人が住んでいたとか。山頂には古墳があったと言われています。

約260年前、辨財天を御奉りしてからは辨天島(弁天島)と呼ばれていて、 ここ3回ほどの大嘗祭の御料としてこの島の鳴門鯛が奉納されたとのこと。 島全体が官有地で厳島神社の神域だそうです。

ののちゃんブログ-弁天島 厳島神社
(写真)弁天島に架かる橋を渡るには、200円の入場料が必要。 釣りの場合は1000円。


島の頂上には、厳島神社の境内がありました。 参拝をしてから、島を半周する程のグルリと囲む釣堀回廊を歩いてみました走る人

今日は、結構風と波が強くて、刺激的で壮大な海を体感できましたグッド!

若いグループがそんな中、釣りを楽しんでいましたあせる


ののちゃんブログ-弁天島 厳島神社
(写真)回路の端から弁天島の磯を撮影。


つぎに向かったのは、これまで3回目の訪問となる福良の煙島。。。 こちらも厳島神社が鎮座しているそうです。

残念ながら、こちらは船でないと渡れないのですが、いつかは上陸したいと思っています。

この島は、平敦盛の首塚があることで有名でして、煙の由来でもある敦盛を火葬した場所だと言われています。


ののちゃんブログ-煙島 厳島神社
(写真)一番近い岸から100mほどの距離に浮いていそうです。 泳いで渡っちゃおうかなDASH!

ののちゃんブログ-煙島 厳島神社 鳥居
(写真)煙島の東海岸には、島山頂の厳島神社につづく鳥居と階段が見受けられました。

今回の訪問は、ドキュメント映画の撮影に行く途中に、時間があったので、立ち寄ってみました。

この「弁天島」のある阿那賀と「煙島」のある福良には、それぞれ鳴門の大毛島にある亀浦港とフェリー航路が以前それぞれにありました。

しかし鉄の大橋が架かって、航路は廃止になりました。 現在は渦潮観光船の発着所となっています。


先日、トアル方から鳴門の渦潮に関わるトライアングルについて、調べてみて!? ってなご発言があったので、この弁天島と煙島、そして大毛島のそれぞれの神社を線で結ぶと正三角形になるので、これが何を意味するのか、今後も調査していこうと思っていますあせる

ののちゃんブログ-弁天島と煙島の地図
(写真) グーグルマップより、鳴門海峡のトライアングル。


そして、今日の一番の目的は、Oさんのドキュメント映画の撮影カチンコでして、昼前に待合せ場所のアトリエに到着。

今日のOさんは、小学校にてアートな授業をされるとのことでしたので、その風景を撮影させて頂きました。 まずは、校長室で校長先生とお話し。。。そしてドキュメント映画の撮影について説明して、OKを頂き、図工室へDASH!


ののちゃんブログ-小学校の授業にて
(写真)授業開始の挨拶をするOさん。


授業の内容は、縄文式の土偶、または土器を作ることビックリマーク ってなことで、15人の学生は、ワクワクな気分で、さっそく作業に取り掛かっていました。


ののちゃんブログ-小学校の授業にて
(写真)今回は小学6年生が対象でして、その作風もGOODグッド!

Oさんの授業は、13時半から16時までの150分ありましたが、全員、集中して作業しておりました。

無事に、作品を完成させ、しばらくは学校で乾燥させ、来月に予定されている野焼きで、この作品を焼くとのことメラメラ

帰る途中、校長先生から頂いた観光マップを頼りに、縄文時代の「堂の前遺跡」と弥生中期の「垣内遺跡・かいといせき」に立ち寄ってみました。

「堂の前遺跡」は何も看板もなく。。。たぶんこの辺だろうと感じながら、後にしました。

そして、「垣内遺跡・かいといせき」には、竪穴式住居などが展示されいて、遺跡公園を散策しました。


ののちゃんブログ-カイト遺跡
(写真)弥生中期ごろの「垣内遺跡・かいといせき」。 竪穴式の住居が何件かありました。


改めて淡路島の魅力を再発見した1日でした。。。そして、Oさん、お疲れさまでしたニコニコ

なつかしいビデオとのんびりした風景

午後、久しぶりに、師匠のご自宅へ遊びに行ってきました。

昨日まで、いろいろと忙しかったそうで、今日の師匠はのんびりされていたご様子ニコニコ

最近の出来事などを報告していると、とある話しが切欠で、懐かしいDVD映像を見せて頂きました。

約22年ほど前、師匠の自宅前に道場を建てた時のビデオ。

そこには、超有名な元プロレスラーと、昨日お会いしたIさんの若い姿がありました目
師匠的には、Iさんとは古い付き合いだったんだよ。。。ってなことを知ってほしかったようです。

しかし、今は民族資料館となっている建物が、もともと道場だったとは。。。ビデオを見て初めて知りましたあせる


ののちゃんブログ-懐かしいDVD
(写真)1990年の映像です。 22年前のア○○○オ○木さんは、やはり若々しいグッド!


まったりと、師匠宅でDVDを見ながら過ごしました。

ところで、最近お伺いする度に、だして頂くお茶なのですが。。。今回も新たに師匠が開発した健康茶。

いつも飲んだ後、感想を聞いてくるので、たぶん僕ののちゃんは、実験だいかもあせる

師匠曰く、今日の健康茶を飲んでから師匠自身、2Kg痩せたとか。。。そして最後に一言、奥方(ブーちゃん)にもこのお茶を飲ませてみ~ぃお茶

のほほんな時間を師匠宅で過ごした後、1人で阿波市土成町界隈を車でドライブ車
パワ友さんから頼まれているウォーキングマップの制作について、いくつかの候補地を巡ってみました。

地元ボランティアのTさんのアドバイスで、温泉施設をスタートとし。。。車ですが、実際の候補ルートを巡って確認してみました。


ののちゃんブログ-重力に逆らう水路
(写真)候補地ではないですが、水が低い所から高い方へ逆流しているかのように見える不思議な水路。


南の温泉を基点するウォーキングマップは、どうにかなりそうですが。。。北の温泉と道の駅を基点するウォーキングマップは、歩くルートが遠距離&限定されるので、結構工夫がいりそうな感じ。。。


ののちゃんブログ-ぶどう畑
(写真)この地区は、果物の産地。 特にぶどうは有名ぶどう


夕方まで、のどかな風景を楽しみながら、ウォーキングマップの候補地を巡りましたチョキ

つるぎ町ツアーに参加

朝9時過ぎに鳴門の某所にて。。。トアル方達と待合せて、徳島のつるぎ町へGOGOGO車

今回は、地元の住職様と、つるぎ町役場の方々がご案内役として、総勢10人ほどが参加ビックリマーク
目的地は、美馬中鳥の伊射奈美神社(いざなみじんじゃ)。


最初に吉野川北岸にある伊射奈美神社で参拝してから、すぐ近くにある吉野川の川の中にある伊射奈美神社原社跡に向かいました。

ちょうど島のように周りは、吉野川で囲まれており、この神社跡地に行くためには、川を渡らなければなりません。。。しかし、橋も船も無いので、今回は裸足で渡ることにしましたあし

ののちゃんブログ-中鳥の伊射奈美神社、川中島
(写真)美馬市美馬町中鳥の吉野川に浮かぶ伊射奈美神社原社跡がある島。

ぜひ、トアルお方を島にお連れしたい思いで、僕ののちゃんは、そのトアルお方を、背中におんぶして渡りましたあせる

島の川原を歩き、傾斜のキツイ場所をよじ登り、竹やぶをかき分けて進むと。。。そこには広場がありました。周囲は深い竹林で、別世界グッド!


ののちゃんブログ-伊射奈美神社の原社跡
(写真)島の中央にある伊射奈美神社の原社跡。


ののちゃんブログ-伊射奈美神社の井戸
(写真)境内の茂みをかき分けて進むと井戸を発見しました。


昔、この島には小学校があって、村人が住んでいたようです。 どれくらいの規模か調べていないので分かりませんが、小学校跡地があるくらいですから、そこそこの村だったようです。 恐らく、この島では農業以外に、養蚕業(ようさんぎょう)も盛んだったと思われ、蚕を飼っていた家々も沢山あったにちがいありません。


島を脱出して、貞光の道の駅にて、昼食をご馳走になり、次に向かったのは友内山の山麓にある「チチブシャの滝」

向かう途中から、雷雷が鳴り出し、怪しい天気に。。。

雨も降り出し、傘をさしての滝見学雨

そんな中、僕ののちゃんは褌一丁になって、ひとり滝行チョキ 滝壺は無く、15m程の断崖絶壁からやさしく清水が落ちてきます。。。足元も安定していて、滝行にはピッタリグッド!


ののちゃんブログ-チチブシャの滝
(写真)チチブシャ(乳房)の滝。


ののちゃんブログ-友内神社
(写真)チチブシャの滝の少し上流にある友内神社。 御祭神は、天日鷲命(あめのひわしのみこと)。


そして、最後に訪れたのは、一宇にある「地蔵寺」。 こちらは、僕ののちゃん的に以前から行きたかった寺。。。っと言うのも、言霊や剣山について研究をされていた「高根親子」の遺骨がある寺だからです。

師匠から、高根親子の功績を聞かされていたので、今日、その親子の供養ができたので、非常に嬉しかったですニコニコ


ののちゃんブログ-地蔵寺より一宇赤松方面の眺望
(写真)つるぎ町一宇にある地蔵寺の境内から赤松方面を望む。


19時ごろまで、寺にて座談会。。。その後、何人かは鳴門へ移動して、8時半ごろ解散しました。


平凡に11月11日11時11分11秒。。。

少し小雨が降る中、ブーちゃん先生の童謡を歌う会の合唱へGOGOGO車
今日は各地で、いろいろなイベントや儀式が予定されている日曜日。。。しかも11月11日11時11分11秒が午前中にカウントされる記念時時計
ちなみに、僕ののちゃんは、その時、合唱の休憩中でして休憩所で、バリバリおかきを食べておりましたお茶

でも、雨が降る度に確実に肌寒くなってきております雪の結晶 みなさま、どうぞご自愛くださいませニコニコ
ところで、今日、歌った11月の童謡と愛唱歌は次の通りです。。。


木の葉 作詞・作曲者不詳 ⇒YouTube


雀の学校 作詞:清水かつら 作曲:弘田竜太郎 ⇒YouTube


十人のインディアン 訳詞:高田三九三 アメリカ童謡 ⇒YouTube


小さい秋見つけた 作詞:サトウハチロー 作曲:中田喜直  ⇒YouTube


テルーの唄 作詞:宮崎吾朗 作曲:谷山浩子 編曲:松山祐  ⇒YouTube


花は咲く 作詞:岩井 俊二 作曲:菅野 よう子  ⇒YouTube


童謡を歌っていると、だんだん雨がひどくなってきて、なんちゃって観光大使は止めて。。。お弁当を食べた後、温泉に行こうと思いました温泉。。。が、行ってみると駐車場は満車爆弾

仕方ないので、雨の中、何も考えずに山道に入り、ひたすら車で登ってみました車
後で知ったのですが、那賀町にある「鉢ノ山」という標高621.1mの山。

20分ほどで行き着いた場所は新しく道路を造成している工事現場注意 日曜日の雨の日なので、誰も居ませんでした。

午後2時前に、こどもの部の講師を終えたブーちゃんを迎えに戻り。。。それから那賀町を後に、小松島市へGOGOGODASH!

次回のコンサートの音合わせとかで、練習場所にブーちゃんを降ろしてから、僕ののちゃんは1人、日ノ峰へ車

日曜日の午後というのに。。。非常に寂しい場所でしたあせる


ののちゃんブログ-遠見ヶ原展望広場より
(写真)日ノ峰の頂上にある遠見ヶ原展望広場よりお四国の道を望む。



午前中は剣山へ。午後は淡路島へ。

11月6日の淡路での紫苑の山 国生み・国造り祭からズーッとご一緒だった東京在住のIさんと二人で剣山へ行ってまいりましたニコニコ
昨日のIさんは、とある遍路小屋に宿泊され。。。少し歩きお遍路の気分を味わえたご様子。

朝6時にその遍路小屋にお迎えに伺うと、パワ友さんとすでにお話しされたようで、何と「南極の氷」と「火熾しセット」をIさんにお渡しされました。


6時半ごろ、小屋を出発。。。高速道の美馬ICで降り、貞光ルートで剣山へDASH!

途中、いつもの鳴滝で、簡単に禊を済ませ、土釜によってから、剣山の見ノ越駅に到着。

リフトは朝9時からオープンなので、15分ほど時間つぶし。 売店のMさんから「最近よくお見受けしますね~」っと、声を掛けられました。


リフトで西島駅まで行き、そこから大剣神社下の御神水で水を頂き、神社に寄ってから、頂上へ登りました。Iさんは僕ののちゃんを追越し、どんどん上へ上へと登っていかれましたあせる 


ののちゃんブログ-剣山宝蔵石
(写真)剣山頂上近くにある宝蔵石。


しかし、剣山の紅葉はほぼ終わり。。。ほんと、山の季節の移り変わりは速いビックリマーク

Iさんは明日の11月11日に合わせて、剣山で自分なりの儀式を予定されています。

そのため、今日は頂上で一泊されるとかグッド!

ののちゃんブログ-次郎笈
(写真)次郎笈を望む。 もう山は冬仕度。。。


6日と7日の淡路島の祭りに参加されたIさん。。。その祭りの様子をビデオ撮影していた僕ののちゃんですが、その祭主であるKさんに一言メッセージをビデオレターとして録画させて頂きましたカチンコ
たぶん、映画化された場合、Iさんのメッセージをはじめ、多くの関係者のコメントを映画に入れていこうと考えています。

とりあえず、Iさんのコメントの映像を撮って、僕ののちゃんは、剣山&Iさんとお別れ。。。

別の映画の撮影で、淡路島行かなければなりませんDASH!


ののちゃんブログ-ナフシャ 縄文太鼓
(写真)Oさんが制作した縄文太鼓。 ご自身でその太鼓敲いて音を披露して頂きました。 


14時に目的地の淡路市に到着。

今日はアートを体験するワークショップが行われるとのこと。。。その一部始終を撮影させて頂きました。


ののちゃんブログ-ナフシャ アート体験
(写真)アートな小物を制作するワークショップの様子。



ののちゃんブログ-アート体験の作品
(写真)そのワークショップで出来上がった作品。 



ののちゃんブログ-ナフシャ ギターとフルートコンサート
(写真)ワークショップの後は、ギターとフルートのコンサートを聴きながらのディナーナイフとフォーク

高越奥ノ院の御神事と忌部ツアー

昨日の神山に続き。。。今日も御神事。。。場所は阿波富士とも呼ばれている高越山の奥ノ院。

標高1,133mの高越山は、今が紅葉のピークかも。

僕ののちゃんは、小学生高学年の時、少年自然の家に滞在して以来の高越山でして、頂上への登山は初めてとなります。


ののちゃんブログ-高越山
(写真)山頂近くの駐車場から歩いて頂上に向かいました。 黄色や赤色などの紅葉がGOODグッド!

途中、高越寺の境内に立ち寄り、トイレ休憩。。。更に上へ上へと歩いていきました走る人


ののちゃんブログ-高越山の大木
(写真)途中、とっても大きな大木に出会い、その木に抱きつきました。


高越神社の境内で、まずはOさんが儀式。。。さらに上へ上へ。。。


ののちゃんブログ-高越山の神社
(写真)高越神社の奥ノ院へ。。。


奥ノ院の前にて、火の儀式、そしてOさんAご夫妻の演奏にAちゃんの舞。。。イザナミと非常に関係のあるこの奥ノ院にて、御神事を粛々と執り行なわせて頂きましたニコニコ


ののちゃんブログ-高越山の神社
(写真)奥ノ院のさらに奥にある祠。 神事中、扉を開けさせて頂きました。


御神事を終え、奥ノ院の前で昼食割り箸 Aさん&Iさん、そしてKちゃんなど、供物として作ってこられた、おむすびを全員で頂きましたおにぎり

2時半ごろに高越山の駐車場に戻って、下山。。。Oさんご家族は、徳島の肉親を訪ねるとのことで、みんなとお別れパー

僕ののちゃんを含め5人は、吉野川市の忌部神社へ行くことにしました車
今回は、忌部神社の更に奥にある「黒岩磐座遺跡」へ。。。


ののちゃんブログ-歓喜天 忌部
(写真)駐車場から歩いて上へ上へ。


歩くこと15分ほどで、「黒岩磐座遺跡」に到着。

この大岩の上には祠があって、そこには「忌部本宮」と書かれていました。 つまり、もともとこの場所に「忌部神社」があったようです。


ののちゃんブログ-忌部神社元宮、黒岩磐座遺跡
(写真)黒岩磐座遺跡の巨石の上で、歌と演奏と舞いを捧げるAご夫妻とAさん。


次に向かったのは、忌部神社のすぐ近くにある「岩戸神社」 ご祭神は、天太玉命です。

土御門上皇の伝説の地でもあるこの神社には、自然の風化などにより甌穴が至る所にある大岩が境内外れにあります。 この甌穴に貯まった水のことを「延命水」と呼び、上皇もこの水で癒やされたとのこと。


ののちゃんブログ-岩戸神社 忌部
(写真)甌穴の岩々がある神社の境内。


その後、岩戸神社でAご夫妻とAさんとお別れ。。。僕ののちゃんは、Iさんと二人で鳴門の八十八ヶ所参り一番札所の霊山寺、奥ノ院の種蒔大師東林院、大麻比古神社と駆け巡りました。

県外から来ているIさんは、明日、剣山に登頂されるのですが、その前に霊山寺と大麻比古神社へ行きたいとのこと。。。

平日のすでに暗い時間帯でしたので、静かにお参りできましたチョキ

明日11月11日は、そのIさんと一緒に剣山へ行くことにしていますDASH!

上一宮大粟神社にて大宜都比売まつり

昨日の淡路島に引き続き。。。今日も祭りニコニコ

場所は徳島の神山町にある上一宮大粟神社。 祭主は、徳島の女神ことNさん。

お天気は最高にGOOD晴れ 

こちらの神社のご祭神は、大宜都比売命 (おおげつひめのみこと)でして、阿波徳島を代表する神様ですドキドキ


ののちゃんブログ-大粟神社山道より (写真)大粟神社の参道より撮影。 朝10時ごろの太陽。


10時過ぎに、御神事がスタート。

まず、神社のA神主より祝詞とご挨拶。 少し不思議な祝詞。。。そして何よりA神主の人柄が面白いくて素敵っグッド!

奉納にさいて、とても美しい稲が何種類か授けられていて、それぞれの穂の色が違っていて美しかったです。

ののちゃんブログ-大粟神社神主の祝詞 (写真)祝詞をあげて、境内の波動を感じるままに受けているA神主。


A神主が立会う中、OさんとRさんの火メラメラと水みずがめ座の融合と調和の儀式が執り行なわれました。

まず、Oさんの火熾し、そしてギターと歌で奉納演奏。

ののちゃんブログ-火の儀式 (写真)神社境内にて火を熾すOさん。


その後、Rさん達による水の儀式と続きました。

ののちゃんブログ-水の儀式 (写真)ガラスの器に真名井の水を汲むRさん達。

ののちゃんブログ-水苔から湧水 (写真)神社境内にある「天の真名井」 こんこんと清らか水が湧き出ております。

ののちゃんブログ-大粟神社にて舞 (写真)舞をするRさん。 手前の金属皿は、叩いて美しい音色をだす演奏楽器。

歌舞奉納の最後を締めくくったのは、全員で輪になって身振り合わせ一体感にグッド! 感動のフィナーレ音譜 祭主のNさんも感激のご様子目 これで、伊弉諾神宮の伊弉諾尊。。。大粟神社の大宜都比売命。。。と、大きなお役目を果たすことができましたチョキ

ののちゃんブログ-大粟神社の拝殿にて (写真)拝殿にて全員丸く囲んでの座談会と昼食。。。


こうやって拝殿で昼食を食べながらの座談会は、非常に嬉しいことなのですが。。。もっと嬉しかったことは、Mっちゃんの計らいで、僕ののちゃんのお誕生日のご報告をみんなにして頂いたこと。

かつての阿波一宮でもあるこの大粟神社の拝殿で、しかも神主をはじめ参列者全員の前で「おめでとう」のお声掛け。。。ありがとうございますビックリマーク

無事に45歳を迎えることができましたニコニコ

<淡路・出雲・熊野> 紫苑の山 国生み・国造り祭 2日目

朝6時に起床ニコニコ 昨日のお約束で、わの舞のメンバーが6時15分から舞いするのに合わせて、僕ののちゃんも行きますとのことでしたので。。。撮影&途中からの舞参加で朝のお勤め完了チョキ
ここ最近、何度か舞にも参加させていただいていますが、まだまだ僕ののちゃんの舞は、ぎこちないロボットのようあせる


ののちゃんブログ-友ヶ島水道の朝日 (写真)宿泊していた窓から何とも言えない美しい友ヶ島水道の朝焼け晴れ 同室だったMヤさん曰くUFOのような太陽UFO


7時に朝食。。。そして由良公民館に移動して、2日目からの参加者と共に、8時過ぎに紫苑山へ出発走る人


ののちゃんブログ-大きな大きなクローバー (写真)たぶんクローバーあせる よく見かけるサイズの5倍はありそうなビックなクローバークローバー 道中に発見目

紫苑山の麓にある三十二番の祠で、まずはOさんのギター&歌でオープニング音譜 その後、Kさんがご挨拶とこの三十二番の祠の意味などについてお話しして頂きました。

ののちゃんブログ-紫苑山麓の祠にて
(写真)まずは紫苑山の麓の三十二番の祠にて。 大麻(おおぬさ)が中央に置かれていました。


99mの紫苑山(1mの地軸の心棒の青緑石をプラスすると100m)をゆっくり一列になって頂上へ向けて登山。 途中、少し急勾配がありましたが、全員無事に山頂手前にある広場に到着フラッグ
そこで、Oさんが火の儀式で「戦いを象徴する剣」と「核の炎」を天に返還されました。

その後、参加者みんなが炎を中心に輪になり、Oさんの掛け声と共に「むすんでひらいて」パー


ののちゃんブログ-火の儀式 (写真)Oさんによる炎の儀式の様子。

ののちゃんブログ-Kさんによる祓い

(写真)山頂に登る前、輪になった全員の前をKさん自ら移動しながら大麻(おおぬさ)でお祓いして頂きました。


ののちゃんブログ-わの舞 (写真)広場ではわの舞メンバーが中央で、初めての参加者は外円にて、舞を全員でしました。

ののちゃんブログ-紫苑山 (写真)広場にて一通りの儀式を終えた後。。。いざ、山頂へDASH!


山頂に3つの宮があります。手前から、まず「由良の宮」にて、Kさんによる祝詞とOさんによる歌の奉納。

次に、「布瑠部の宮」にて縄文式の火の儀式と歌をOさんが、また太鼓の演奏をIさんがそれぞれにして頂きました。

そして山頂最後は、一番奥にある「桃の宮」では、Kさんの祝詞、OKさんよるクリスタル演奏の奉納、Aご夫妻によるジャンベと歌の演奏奉納。。。最後にOさんにようるギターと歌の演奏で〆ました音譜

ののちゃんブログ-紫苑山の頂上にて (写真)山頂の3ヶ所の中央にある「布瑠部の宮」にてIさんの太鼓演奏に合わせて舞う参加者たち。

お昼は、Kさんの会社へ移動して、Kさんがみんなが寝ているときに作ったという昼食を頂きました。


ののちゃんブログ-昼食 (写真)外の駐車場でも、わになって暖かい太陽の下で昼食を頂いていました。


昼食を終え、次の祈願祭の「三上岳神社」へ移動車

少々分かりづらい場所にあるのですが、紫苑山より少し低い三上岳の山頂に全員が登り、藤原氏の御子孫であるFさんによる祝詞と国之常立神(くにのとこたちのかみ)のご説明など興味深いお話しを一杯して頂きました。

ののちゃんブログ-三上岳の山頂にて (写真)Fさんのお話しの様子。 みんな真剣に聞いていました。


ののちゃんブログ-三上岳の頂上にて (写真)この3つのご神体には、それぞれ壮大な事実があります。。。


三上岳を後に。。。次に向かったのは、伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)DASH!

移動時間の余裕があまりなかったので、ほとんどの参加者は高速道で移動車


ののちゃんブログ-伊弉諾神宮 (写真)淡路市多賀にある伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

参加者全員、拝殿に座り、祝詞、お祓い、お神楽、そして宮司のご挨拶。。。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮のお神楽 (写真)当宮に伝承されている神楽 「扇鈴之舞」を奉奏して頂きました。 

お神楽の後は、国生み・国造り祭の歌舞奉納が始まりました音譜 そのプログラムは次の通りです。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)国生みの調べ。。。テノール歌手のSさんが歌奉納されました。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)創作舞。。。歌と舞を奉納されました。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)大地の守り人。。。Oさんによるギターと歌の奉納。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)月の舞 Rさんの舞いと演奏を奉納されていました。 


このRさんの舞いの奉納より、外が暗くなってきたので、神宮の手配で本殿と拝殿の間に照明が灯されました。
拝殿から飛び出し、その本殿との間の踊場でも舞を奉納されていました。 


ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)Iさんの太鼓に合わせて、お二人の女性が舞を奉納。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)Nさんによるハープと歌の奉納。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)Aご夫妻による演奏。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)Aご夫妻の演奏に、Aさんの舞を奉納。 まるで、アメノウズメのようにぐるぐる舞っていただきました。

ののちゃんブログ-伊弉諾神宮の歌舞奉納 (写真)OKさんによるクリスタルボール演奏と、わの舞による舞。。。最後は、ほぼ全員で舞に参加グッド!


拝殿を降りて、本殿前の空間に、ほぼ全員が、わの舞に参加ビックリマーク こんな光景目 凄すぎます叫び
最後の最後、Kさんは参加者とハグをしながら、涙の感激のご様子ドキドキ

感動の一泊二日の国生み・国造り祭りの全プログラムを完了クラッカー

参加者の皆様。。。Kさんに代わり、大変ありがとうございましたビックリマークそしてお疲れ様でした、Kさん。

今回、撮影した映像は、映画化に向けて編集することになりそうですグッド! 自分で言うのも何ですが。。。凄い映像の連続でした叫び

<淡路・出雲・熊野> 紫苑の山 国生み・国造り祭 1日目

13時半ごろ、祭りの会場である洲本市総合福祉会館に到着。。。昨日の雨もすっかり上がり、いい天気晴れ
14時過ぎ、オープニングの演奏が始まった音譜 13本のドキュメント映画にも出演されている僕ののちゃんが非常に知るOさん&Aご夫妻の最高の演奏でしたグッド!

ののちゃんブログ-オープニング 

(写真)歓迎レセプションの演奏の様子。


演奏の後、主催者のKさんのご挨拶。 そして、オリエンテーション。
全員、輪になっての自己紹介。。。

僕ののちゃんも自己紹介だけでなく、只今取り組んでいるドキュメント映画のことや、この祭りでのビデオ撮影のお願いをお伝えしましたDASH! Oさんのホローもあって、この祭りの撮影も概ねOKを頂くことができました。


ののちゃんブログ-オリエンテーション (写真)自己紹介を兼ねたオリエンテーションの様子。

顔ぶれは、半分ほどは知っている仲間でして、遠くは千葉や熊本より参加されたもようです。


ののちゃんブログ-主催者のKさん (写真)主催者のKさんによる祭りのスケジュールとそれぞれの意味について解説を頂きました。

オリエンテーションの後、夕食会ナイフとフォーク 会場を後にしたのが、午後7時すぎ。。。宿泊先へ移動車
チェックインしてしばらくしていると、トアル方が宿泊先に到着。 一緒に温泉に入り、4時間ほどの滞在でしたが、いろいろとお話しをされていました。


明日は、午前6時に起きて、わの舞に参加しようと思います。



ののちゃんブログ-会場の花
(写真)会場の花

プロムナードコンサート ~歌の小径~

午前9時にブーちゃんに起こされ。。。簡単に朝食を済ませおにぎり イザDASH!コンサート会場へGOGOGO車
そう~今日は、ブーちゃん達のコンサートの日音譜 僕ののちゃんは、照明係りとしてお手伝いあせる
会場は徳島市内にあるアスティ2階のフレアホール。

12時半の開場時まで、準備、リハーサル&昼食を済ませ、PA室にて僕ののちゃんの開演ブザーの合図にて13時にコンサートは開演時計 客席は約140席ありまして、パイプ椅子を追加しての満員御礼クラッカー お忙しい中、パワ友さんも来て頂きました。


ののちゃんブログ-プロムナードコンサート
(写真)コンサート第1部のワンシーン。


コンサートは2部構成となっておりまして、まず第1部は「世界の歌めぐり」と題して、次の曲を演奏音譜


① オペラ「ラクメ」より 花の二重唱
② ウィーンわが夢のまち
③ 月の光
④ You raise me up
⑤ カタリ・カタリ
⑥ オペラ「ジャンニ スキッキ」より 私のお父さん
⑦ アメイジング グレイス
⑧ 落葉松
⑨ すてきな春に


ののちゃんブログ-プロムナードコンサート
(写真)第2部のワンシーン。


第2部は、歌の玉手箱 「童謡からオペラまで」と題して、次の曲を演奏音譜

⑩ トルコ行進曲

⑪ 秋の童謡メドレー

⑫ カチューシャの唄

⑬ ゴンドラの唄

⑭ 猫の二重唱

⑮ オペラ「メリーウィドー」より ヴィリアの歌

⑯ オペラ「蝶々夫人」より ある晴れた日に

⑰ 鞠と殿さま

⑱ 千の風 ~限りないいのちに包まれて~


そしてアンコールは、次の2曲。


⑲ いのちの歌

⑳ これでさようなら


全ての歌20曲を歌えあげたブーちゃん達。。。大変、お疲れ様でしたニコニコ


7generations walk 2012 final 祈りのギャザリング!

14時半ごろに目的地の「朝霧高原ハートランド」に無事に到着フラッグ
だだっ広い牧場の真ん中で、あの7Gのメンバー達のファイナルギャザリングがちょうど佳境グッド!
輪になって、祈りと歌を捧げておられました。

途中から輪の中に入るは、ご迷惑かもと思い。。。少し離れた場所でビデオカメラを設置して、しばらく見守っておりました。


しかし、今回は前日まで、参加できるかどうか。。。分かりませんでしたあせる
。。。っと言うのも、11月1日と2日は、T子さんの映画撮影は決まっていたのですが、3日は、広島のSさんのドキュメント映画の編集立会いや、本職の仕事の修正があったりと。。。その3日の予定は、どちらかを優先しなければなりませんでしたあせる 。。。が、広島のSさんはその日、マルシェが予定されていて、その前後の日は、ご一緒にゆっくり編集するのは、無理があると言うことで予定日を変更。

そして、本職の修正作業は、前日のT子さんの自宅にて、持ってきたノートパソコンを使って、効率良く作業ができたので、修正を完了することができましたチョキ
。。。ってなことで、11月3日は幸運にも、7Gの2012年ラストのファイナルイベントに参加することができました!!


ののちゃんブログ-7Gファイナルイベント 結びの祈り (写真)7Gメンバー達によるギャザリングの様子。

到着したころは辺り一面、雲に覆われて、富士山はまったく見れなかったのですが、幸運にも約90分後、富士山と出会うことができましたグッド!
よくパワ友さんが、イメージすることの大切さを言っていたのを思い出して、雲一つ無い富士山をイメージしていると。。。本当にそうなっちゃいました叫び
まぁ~偶然かもしれないし、何より7Gのメンバー達の祈りが天に届いたのかもしれませんビックリマーク きっと!!


ののちゃんブログ-7Gファイナルイベント 結びの祈り (写真)撮影しだしてから約90分後、雲一つ無い夕焼けの桜富士がそびえ立っていました目

これまで写真では美しい富士山を見たことはあっても、実際目の前で、雲が開けて美しい富士山を見るのは、生まれて初めてかも目


ののちゃんブログ-7Gファイナルイベント 富士山 (写真)11月3日、夕方4時ごろの富士山。

ののちゃんブログ-7Gファイナルイベント 結びの祈り 全員記念写真 (写真)最後はギャザリングに参加した7Gメンバー達と記念写真。 みんなバッチリグッド! 富士山クッキリ目

今回、参加するにあたって、僕ののちゃんの一番の目的は、徳島で出会ったメンバー達にDVDを手渡しすることビックリマークでした。。。

このDVDは、6月1日の小松島滞在から始まり、6月2日、3日のアースディ神山への参加、6月5日、6日の鳴門滞在でのビーナストランジットと鳴門の渦潮での祈りなどを僕ののちゃんが撮影して、それを99分に編集してまとめたDVDでして、祈りを終えた山田さんをはじめ、8人ほどの懐かしい顔ぶれに、そのDVDを手渡すことができましたチョキ 目的完了ニコニコ

さらに、夕食の準備中に、7Gwalkの山ちゃん代表に、撮影インタビューできたこともたいへん嬉しかったです。
今年、3月11日の沖縄から11月3日の富士山までを歩ききったと思えないほどの清清しさ&元気な山ちゃん。 ほんとうにおめでとうごうざいます!!

T子さんのショータイム

午後1時45分に、指定された大阪市内の施設に到着フラッグ そこでは、あの女装のT子さんが年に一度の施設のイベントに出演されるとか。。。で、僕ののちゃんはその一部始終を撮影させて頂きました。

もちろん、その施設の経営者でもあるT子さんですが、施設の関係者はみんな大うけビックリマーク

ののちゃんブログ-T子さんの化粧 (写真)控え室で化粧をするT子さん。


僕ののちゃんは初めて、T子さんの女装ショーを見るのですが、お笑い芸人顔負けの演技力。

笑いの絶えないショーは、ア~っと言う間の約45分ほどでしたあせる


ののちゃんブログ-T子さんのショー (写真)女装のT子さん。 美しさの追求では。。。なく、どちらかと言えば、笑いの追求。。。かもビックリマーク なぜはてなマークサランラップなのか分かりますか!?


会場内を隅々まで巡り、一人一人に愛嬌と笑いを提供していくT子さんの姿は、別の意味で美しく感じましたニコニコ
夢に出てきそうなT子さんの女装姿。。。この施設での次回予定は一年後とのこと。

ののちゃんブログ-T子さんのショー (写真)施設のご老人に、ちょっと恥ずかしいサービスをする女装のT子さん。


ショーの後、一旦、T子さんとお別れし、僕はノートパソコンを使って車中にて本職の仕事。。。

T子さんは、後片付けと施設の日常業務をされたとのことで、夜に再び落合って、夜食をご一緒することになりました。

そして、たまたま今日お休みとのことでお仲間のJちゃんも加わり、3人で夜景が美しい梅田のバイキング料理店に行ってきましたナイフとフォーク


ののちゃんブログ-T子さん達と夕食 (写真)ショーを終え、T子さん達と夜食。


ベジタリアンの僕ののちゃんのために、Jさんがコーディネイトしてくれた食事会でした。

広い店内の片隅で、料理を食べながら、T子さんとJちゃんの会話もビデオ撮影カチンコ
いろいろと懐かしい二人の思い出を語っていただきました。

しかし、バイキングなので食べ放題にもかかわらず。。。少ししか食べないT子さん!?
理由を聞くと、奥歯が非常に痛いとのこと爆弾

明日、歯医者さんとマッサージに行くビックリマークっと言って、店を出ましたDASH!

今日、僕ののちゃんの本職の仕事に、急ぎの修正依頼があったので、T子さんのマンションで作業&宿泊をお願いしたところ、快くOKを頂きましたチョキ ありがとうございましたニコニコ
結局、T子さんのマンションで午前4時前まで、ズーッとお仕事をさせて頂きましたあせる

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
5253位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
1226位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。