スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松空撮の作業

朝8時前に出発、行き先は高松。
これまで何度か天候不順でキャンセルが相次ぎ、今日こそは終わらせたい空撮の仕事。
高松市内上空の2ヶ所を撮影した。
今年はあと鳥取市内の空撮がまだ残っている。日本海の冬の天候は厳しそう~だなぁ。

IMG_3048.jpg
(写真)高松市上空の空撮。サンポートと瀬戸内海に浮かぶ女木島が右側に写っている。
スポンサーサイト

長慶会の例会

午後6時より、駅前のシビックセンターにて開催される長慶会に参加した。
今日は義姉も参加とのことでしたが、僕はひとりバイクに乗って行った。会場は40人ぐらい、立見もちらほらだったので、急遽、椅子を5つほど借りることに。。。因みに1席50円!

まず、よく知るNさんの講演。歴史的な話しと言うより、元経営者の苦労話しや介護の大切さの話しが特に印象に残る良いお話だった。Nさんだからこそ、こうやって笑い話としてお話しできるのだろう。
そしてトアル町のH議員のトアルことについての説明(まだ詳しく書けないので。。。)
さらに、新曲「長慶賛歌」を演歌歌手の宝木まみさんと三野町在住の会員達と共に合唱。。。
最後は会長のI先生のしめの言葉で、今後、三好実休を中心に、様々な茶会を「勝瑞城館跡国史跡」で企画していきたいと、今年最後の長慶会を終えた。

IMG_7156.jpg
(写真)長慶会・Nさんの講演の様子。

会の後、会長とNさん達とホテルの喫茶でコーヒーを飲んで。。。いざ、バイクにまたがってみると。。。後輪のタイヤがパンク気味! 時速15キロで、どうにか走れるぐらいだったので、ゆっくり家まで、ジョギングのスピードでバイクを走らせて帰る。

身体ヒエヒエで家に帰ると、ブーちゃん自家製の干しブドウパンが、焼きあがっていた。

IMG_7178.jpg
(写真)ヌクヌクのパン最高!


風邪で安息日

数日前より、気管支炎を起こしてまして体調が不良。体温計で何度計っても「Low」としか表示されないので熱は無い。。。と思う。

IMG_7190.jpg
(写真)体温を計測したら。。。こんな感じ!

最近ず~っと睡眠不足が続いており、しなければならない作業もここ最近に遣り終えることができたので、ちょうど身体を一休みさせるいいタイミング。
昨夜9時頃から昼2時まで約17時間、眠り続けることができました。こんなに睡眠時間が取れたのは久しぶりだ。

風邪かもしれないが、ブーちゃんもよく似た症状で、喉の調子がイマイチらしい。。。歌を仕事にしている人にとって、喉の不調は人一倍辛い。しかも二人して胃腸も疲れ気味なので、今日の夕食はお粥で済ませた。

オオゲツヒメの研究家

少し風邪気味な今日、香川県在住のFさんから電話があり、急遽、石井町で落ち合うことになった。
どうやらFさんは、美馬市古宮の不動の滝へ行く予定だったらしい。。。が、変更して僕ののちゃんに電話をかけてきたそうだ。

Fさんは神社や山々をレイラインで結び、その根拠についていろいろ調査するのが得意なお方。夏至ラインや冬至ラインについて、これまで教えて頂いたが、まだまだ奥が深そうだ。
そんなことで、今日は実際に会って、お話しをしましょう!っとなったのだが、石井町に最近引越してきた知人がおられるそうなので、その女性のご自宅にお邪魔して、いろいろと話しを伺った。
その女性Kさんは、全国の一宮神社を巡っておられ、最近はオオゲツヒメの霊を意識しながら、様々な角度から研究をしているとのこと。
このオオゲツヒメ(大宜都比売)は徳島・阿波の御祭神であって、分かり易く言えば、蚕と五穀(稲、粟、小豆、麦、大豆)の神様。伊勢神宮の外宮に祀られている豊受大神と同一神であるとも言われている。

IMG_7191.jpg
(写真)Kさんから頂いたオオゲツヒメに関係する資料。

僕ののちゃんも、レビ族の阿波に渡ってきたシナリオをお二方にお話しをさせて頂いた。
しかし、この辺の話しとなると、僕ののちゃん。。。どんどん自然と喋りだす。。。自分でも所々忘れるので、ちょっとずつでも書き留めておこう~

風呂の日

夕方6時50分ごろ、徳島市内を震源地とするM3.1の地震があったようだ。。。っと言うものの、同じ市内に住んででいる僕ののちゃん、なぜか全く気づきませんでした。
今日は26日、つまり「ふろ」の日でして、市内のトアル温泉が終日無料!さっそく、夜遅くに出かけてみました。
夜23時と言うのに、お風呂は一杯でした。

学内教職員授業参観

毎週月曜日は、僕ののちゃん的にもっとも忙しい曜日。
ただ今日はいつもと違う。。。それは、学校の方針で、別の先生の授業を参観しないといけない1週間で、僕は1時限目にある音楽科のM先生の授業を参観することにした。
授業は、「ソングライティング」でして、作詞や作曲の必要な技法を習得するのが目標。
どうやって曲が仕上がっていくのか!短い時間であったが、M先生の授業から、そのコツと技を感じとることができた。 フレーズ等ささやかなインスピレーションが降りてくるタイミング、徐々に曲として仕上げていく過程。。。クリエイトする感覚を生徒に伝えるM先生の的確な解説と実技演習に、僕もなるほど~っと思ってしまう授業だった。
改めて、自分の授業は、こんままでOKなのか!?と自問した。

また、当番で学生が1曲をセレクトし、その歌詞と曲調について解説をする時間があった。
今日は男子学生で、選んだ曲は、何と僕が高校生の時に流行っていた80's...「Open Arms」だった。
非常に懐かしい。よくぞこの曲を選んだもんだ!
彼の説明で印象に残ったのは、直訳すれば「ひろげた両腕」だが、「翼をひろげて」と訳するのがピッタリな曲。。。まさに同感。 この曲のセツナイ感情の部分を楽譜から拾い出し、曲調について、彼なりの解説に聞き入った。

IMG_201311302216446fa.jpg
(楽譜)男子学生が書き写した「Open Arms」の楽譜。著作権のため、一部白抜きをした。


YouTube Open Arms

2時限目から夕方4時限目まで、自分が担当する授業をして、今日の仕事を終えた。

安養寺の巨石発見!

兵庫県の佐用町2日目。。。いよいよ皆とお別れの時。約2年半、会を引っ張ってこられたMヤさんが最後のご挨拶。私達に変っていく姿を身を持って、最後まで見届けさせてくれたMヤさん、そして仲間達。。。ありがとう!

IMG_7128.jpg
(写真)最後のMヤ会、お別れの「ヤルゾーオー」

昼前に作用町を出発し、いざ、淡路島へGOGOGO!
もちろん目的は、まだ見ぬ巨石を探すため。。。
途中、香川県在住のFさんから、山や神社、そして滝に関係するレイラインの電話があり、また少々睡眠不足だったので、車中で1時間ほどの睡眠をとりました。

先日11月8日に淡路市の巨石巡りをしたのですが、最後に巡った「不動岩」が、やはり他の5つの巨石と類が違うとKお母さんも言っていたので、手前の寺(安養寺)の裏山を再探索することに。その時、カズさんがNさんのIpadで衛星写真による上空確認により、ココだと言った場所が。。。結局、的中する結果となりました。

とりあえず、安養寺の駐車場に車を止め、ひとり裏山を北西方向に50m歩いて登りました。
道なき道をかき分けて登っていくと、断崖絶壁の岩の上に辿り着きました。
そう~、これがその。。。捜し求めていた巨石だったのです!

IMG_7146.jpg
(写真)淡路市の安養寺

最初は小高い山の頂上だと思っておりましたが、ところどころ岩肌が現われており、頂には倒れた六角柱型地神塔がありまして、少し西側を歩いていると断崖絶壁に気づき、危険だと思い、その崖の下へ脇道をつたって降りていくと。。。何と巨大な岩だった~ってな感じ。。。
下から見上げると、入り江のような、ステージのような、不思議な砂岩の壁に覆われた空間がポッカリ開いており、今年の地震で、少し崩れた跡も確認できました。
巨石自体は木々に埋もれて綺麗に写真に収めることができませんが、簡単にラフ図を描いてみました。

lafu.jpg
(ラフ図)発見した岸壁岩(仮称)の全容図。もっと大規模な巨石かもしれませんが。。。

IMG_7130.jpg
(写真)巨石の上にある地震で倒れた六角柱型地神塔

IMG_7136.jpg
(写真)岸壁岩(仮称)の全容をパノラマで撮影。木々が少々邪魔だが、大きすぎて収まっていない。

これで環状巨石群すべて揃いました。。。たぶん!6ヶ所の巨石を3ヶ所ずつラインで結ぶと、不動岩の時より美しい六芒星になりました。
そしてそのラインの交点は、前回より更にポイントとして正確な場所が分かってきました。
11月8日の時、車中のSさんが息苦しくなり、突然、小高い森林に消えて行った場所!それは、淡路市山田甲。。。そう~その場所が中心だったのです!!

この岸壁岩(仮称)以外の巨石は、一部地元の観光スポットとして案内板などが標してあります。
もし関心のある方は、その存在をご自身で確認してみてください。
ユダヤなのか。。。縄文なのか。。。それとももっと古い時代の祭事場だったのか。。。
6ヶ所の巨石が直径2.8Kmの環状にほぼ等間隔で配列している意味!? それを見出してみてくださいね!

awaji_kyosekigun.jpg
より鮮明なマップをダウンロードできます。自由に印刷して散策にお役立てください。
淡路市・環状巨石群を巡る PDFファイル

巨石を無事に発見でき、嬉しくてKお母さんとカズさんに電話で報告しました。
徳島へ帰る前に、ナフシャに立ち寄りました。
丁度、冬至に開催予定のまつりについて、OさんとSちゃんが話しをしている最中で、偶然にもユライの御二方も後から来られ、いろいろと冬至まつりについて意見が飛び交いました。
あらためて、その冬至まつりのチラシができましたら、このブログでもご案内しま~す。

IMG_7149.jpg
(写真)ナフシャのベジタリアンにピッタリなピタパン! 味良し、色合いとボリューム絶妙にGOOOD!

コンサートと最後のMヤ会

今日の昼からは、徳島県小松島市ミリカホールにて、「小松島童謡を歌う会10周年記念」の講座とコンサートが開催されました。
もちろん、講師であるブーちゃん先生も歌います。入場料無料で午後1時から開演、多くの来場者で賑わいました。

とりあえず、一緒に小松島へ向かい。。。リハーサルのためブーちゃんを会場で降ろしてから、昼過ぎまで僕ののちゃんは、ひとり阿南市富岡町へ向かいました。
只今、富岡町の「徳島ぶらり散策」記事を校正中でして、その記載確認のため、取材に協力して頂いた所へ立寄りました。
結構、妙泉寺のご住職さまのお話が面白かったので、いろんな話題でアッと言うまに1時間が過ぎちゃいました。
再就職の話し、永代供養の話し、葬式の話し、縁結びの話し。。。などなど。
この妙泉寺では、12月22日に「冬至開運星祭り・みかん焼きの日」として、10時から18時まで、櫛に刺したみかんを焼いて食べる行事が開催されます。 無病息災、開運と。。。いろいろ冬至に行われる伝統行事に参加してみてはいかが!?

IMG_7117.jpg
(写真)妙泉寺の境内に咲いている10月桜だったけ? 11月下旬というのに毎年桜が咲くとのこと! ビックリ!

住職様と別れて、お菓子屋さん、うどん屋さん、ホテル、観光案内所などへ記事の確認のため回り、小松島のコンサート会場へ急ぎました。

IMG_7124.jpg
(写真)コンサートの様子。ピアノは山本先生、デュオは義姉(左)と、ブーちゃん(右)

会場に着いたころ、第一部のわらべうたを皆と歌うコーナーが終わりかけでしたが、あとは最後まで会場で歌を聞いたり歌ったりしました。
出演者の皆様、お疲れさまでした~

コンサートの後、ブーちゃんは義姉に任せて、ひとり図書館へ本を返しに行き、いざ!兵庫県作用町のMヤ会へGOGOGO!
徳島から高速道を走り、夜8時過ぎに、みんなのいるコテージに到着しました。
いつものことながら、懐かしい顔ぶれ。。。いきなりのハグもあったりと、暖かく向かい入れてくれました。
今日がMヤ会として最後の会、2年半も続いてきた会もラスト! お酒、会話、ヒーリング、マッサージと深夜3時ぐらいまで、みんなワイワイがやがや。
結局、大部屋に20数名全員が雑魚寝状態で朝を迎えることになりました。まるで懐かしの修学旅行だっ!
僕ののちゃんは、10人ほどの男女にヒーリング&マッサージを。。。5人ぐらいかな逆にされました。
記念に残る最後のオールナイトのMヤ会でした。

富岡町のぶらり散策記事

徳島エコノミージャーナルの連載「徳島ぶらり散策・富岡町」の取材をほぼ終え、記事を纏め上げることができました。最終確認はこれからですが、取材に応じて頂いた富岡町のみなさま!誠にありがとうございました!!

散策のメインは12月23日から25日までの3日間、富岡町内の牛岐城址公園などにてクリスマスイベントが予定されています。阿南市に本社を置く、日亜化学工業株式会社はLEDなどダイオードの世界的有名な企業でして、そのお膝元の富岡町で開催されるイベントでは、沢山のLEDを使った電飾のオブジェが楽しめます。
また、もう1つは「カタツムリのケーキ」こちらは来年1月末までの限定販売で、阿南市内の5店舗で、各店創意工夫したカタツムリの姿をしたケーキが食べれます!もちろんカタツムリは入っていませんが。。。
なぜ、カタツムリ?かは以前の僕ののちゃんのブログに書いているよ!

tomioka.jpg
(記事)2013年12月1日に発刊されるecojaに掲載予定。

阿南市富岡町の取材ふたたび

僕ののちゃんが連載している「徳島ぶらり散策」の取材のため、今日も昼前から阿南市富岡町入り!
まず、向かったのは阿南市役所のロビー。 そこには42年前に阿南で初めて発見されたカタツムリの標本が!DNA鑑定の末に今年、新種のカタツムリであると判明!その名は「アナンムシオイガイ」これこそが、只今、阿南市の5店舗で販売中のカタツムリのケーキの主役なんだって!
何たって、貝の直径は約3.5mmだから。。。米粒ほどのサイズ!

IMG_7004.jpg
(写真)阿南市役所1階ロビーにある「アナンムシオイガイ」の標本。ガラスの試験管の中身は、貝のフタなんだって!

次に向かったのは、商店街にあるうどん・そばの「福助」さん。快く取材に応じてくれた。
この店は夏目漱石「坊ちゃん」のモデル弘中又一先生が足を運んだ老舗。富岡名物「坊ちゃんうどん」がおススメ!

IMG_7020.jpg
(写真)福助さんのきつねうどん。

福助さんの大将の心遣いで、急遽これから始まるという「富岡まちづくり協議会」の例会に参加させて頂きました。そこで、いろいろな富岡の名所を教えて頂きました。ありがとうございました。
さっそく、紹介してくれた「泣石」「女寺の景徳寺」などを取材。
因みに、男寺は阿南公園登山口の正福寺。牛岐城主の新開氏の故郷武蔵国にならって、女寺と男寺をもうけた。

IMG_7105.jpg
(写真)女寺の景徳寺。 現在は廃寺となっている。早く復旧して観光スポットとして整備を期待したい。

最後に向かったのは、僕ののちゃんが小学生の頃、良く遊びに行っていた阿南公園。山を登って、中腹に八幡神社があるのだが、その一帯から弥生時代の土器が沢山発見されているとのこと。
シイノキの巨樹や巨石もゴロゴロあったりと、なかなかのスポットだと改めて思った。

IMG_7062.jpg
(写真)阿南公園の竹林。竹取物語に出てきそうな雰囲気。

とりあえず、全ての取材を終え帰宅。。。原稿をまとめあげないと。。。

師匠の奥様のために上映会

やっと、師匠の奥様にドキュメント映画「劔の夜明け」を見て頂く事ができました。
今年の7月16日、劔神社境内での初上映から約5ヶ月過ぎようとしている今日、僕の以前からの願いであった奥様への上映会が叶いました。
このドキュメント映画の完成は来年度中の予定でして、まだまだ手を加えなければなりません。
この映画は「高根親子」がメインでして、師匠からは、それに関するいろいろな資料を提供して頂きました。
その師匠をずっと支えてこられた奥様。。。僕が13本のドキュメント映画を手がけるきっかけとなった旨の1人でもあります。

dvd.jpg
(写真)ドキュメント映画「劔の夜明け」DVDのレーベル見本。

今週、アメリカのトアル映画製作会社からも「高根親子」について、問合せがありました。ますます親子の研究が世界中に取上げられるでしょう!

久しぶりの師匠宅訪問と満月

久しぶりに師匠宅に寄った。皇室カレンダーと干支の竹細工をプレゼントしてくれるとのことだった。
しばらく立寄っていない間に、残念ながら、ラブラドール・レトリバーのミドリが亡くなっていた。
今年、同じ犬の種類のハナも亡くなったばかり。。。

IMG_6991.jpg
(写真)来年の干支の午。 師匠が手作業で知人に配るため作った竹細工。

で、その代わりに。。。恒例の師匠の年賀ハガキの印刷のお手伝いをした。
今日は、午の竹細工を撮影し、ハガキの裏の構成デザインを遣り終えた。日を改めて12月中旬までに、宛名書きの住所録を更新し、師匠の年賀ハガキをプリントする予定だ。

IMG_6993.jpg
(写真)帰宅する途中、吉野川の上空に浮かぶ満月。

広島で空撮

早朝、徳島を出発して向かったのは広島市。今日の天気は快晴!11月の清清しい青空から広島市内を空撮した。
風も殆ど無く、撮影は思った以上に早く終えることができた。

IMG_2500.jpg
(写真)広島市中区の上空。奥に平和公園の紅葉が見える。

I社長の記事ほぼ完成

僕ののちゃんが連載中の「とき廻り・ひと巡り」の12月号に掲載予定の原稿が、ほぼできつつあります。
取材に応じて頂いたI社長、お忙しい中、大変ありがとうございました。

isawa.jpg(画像)とき廻り・ひと巡りの12月号記事

富岡町を取材

今日は阿南市富岡町へ、連載記事の取材のため伺った。
富岡町は、僕ののちゃんのもう1つの故郷でもある。。。短い期間だが、小学校2年生から4年生までの3年間、富岡小学校学区内に住んでいたので、非常に懐かしい~
まず、富岡町へ伺う前に、別の取材でお世話になっているテニススクールへ立寄る。
こちらのテニススクールでは、社長以下、コーチなど社員全員で、テニス場隣の畑を管理している。社員の食育と環境を考えた、ちょっと珍しいテニス運営会社だ。
ちょうど、立寄った際、フロントの女性が畑に植えた小松菜の苗を大切に手入れしていた。

IMG_1672.jpg
(写真)テニス場隣の畑で手入れするKさん。

取材を終え、いざ富岡町へ。
カタツムリのケーキを作られているケーキ屋さんを3軒、阿南市商工会議所さん、牛岐城趾公園管理事務所さん、光のまちステー ションプラザさんなど。。。立寄った。
いろいろ立寄っている内に、空はすでに夜空。

とりあえず、LEDイルミネーションと併せて、四国で初めて認定された「恋人の聖地」へ。LEDのトンネル階段を登りつめた場所に黄金に輝く錠とプレートが証として建てられていた。

IMG_6925.jpg
(写真)恋人の聖地の錠とプレート

この聖地は牛岐城趾公園の丘の上にあり、もともと阿波守護細川氏の家臣だった新開氏の居城だ。
戦国時代、新開氏は阿波三好氏に属するようになり、最後は長宗我部によって謀殺され、牛岐城は落城する。
秀吉の四国攻略により長宗我部勢は撤退したが、蜂須賀公の家臣・賀島政慶を最後に廃城となる。
今は、城門などを整備し市民の憩いの場となっている。

IMG_6956.jpg

一通りの取材を終え帰宅した。

唄を歌い、那賀町を廻る

今日は童謡を歌うため、ブーちゃんと那賀町へ。
ときどき雨がパラパラしていたが、会場に着いたころ、晴れ間も。。。那賀町の山々はあと数週間で紅葉のピークだ。

IMG_6695.jpg
(那賀町の紅葉川の紅葉)

みんなで歌った童謡と愛唱歌は以下の通り。

秋の子   作詞:サトウハチロー 作曲:末広恭雄   Youtube

ねこふんじゃった   作詞:阪田寛夫 作曲者:不詳   Youtube

あんたがったどこさ   わらべうた 編曲:熊谷孝   Youtube

おにぎりころりん   作詞:まどみちお 作曲:小森昭宏   Youtube

遠くへ行きたい   作詞:永六輔 作曲:中村八大   Youtube

バラが咲いた   作詞 作曲:浜口庫之助   Youtube

童謡を歌って昼食をとり、ブーちゃんが子どもの部を担当する時間、ひとりで那賀町請ノ谷から平谷にかけてドライブ。 すると神社の各舞台に共通ののぼりを発見。それには「杜舞台」と。。。その内の2軒を訪ねてみた。

IMG_6704.jpg
(辺川神社)急な斜面にへばり付くように階段があり、登と拝殿がある。

IMG_6713.jpg
(辺川神社の舞台アート)和紙をオブジェに幻想的な空間を演出。備前焼の陶芸も展示されていた。

IMG_6714.jpg
(辺川神社境内の寒椿)

IMG_6725.jpg
(谷内八幡神社)

IMG_6723.jpg
(谷内八幡神社舞台のアート)舞台の奥に銀河を表した巨大作品。

IMG_6719.jpg
(谷内八幡神社境内のアート)那賀川の支流、谷内川の水車の力を利用した太鼓などの音色を響かせるアート。

IMG_20131110220549a7b.jpg
(杜舞台の芸術作品店チラシ)

淡路市・環状巨石群を巡るツアー

前日の紫苑山の祭りの流れで、僕ののちゃんのご案内で、カズさん、Mっちゃん、宮さん、Yご夫婦、Nさん、Sさん、Y子さん達と巨石めぐりをした。
この巨石、不思議なことに直径2.8kmの円状にほぼ均等な割合で配列しており、それぞれを地図上で先で結ぶと六芒星が現われる!

さっそく、朝9時に五色のウエルネスパークに集合。そこから車で20分ほどの巨石群の中心地点にまず、行くことにした。

IMG_6660.jpg(写真)6つの巨石の対角線を結んだ、その中心に位置する場所。ため池だった。

しかし、このため池を見届けて、ぐるっと時計回りで一周する途中で、同乗していたSさんが、息が苦しくなり車を止めて欲しい言ってきた。 車から降りるやSさん、ため池の裏山へひとり吸い込まれるように消えていった。何か強いエネルギーをみんな感じてたようだったが、後日、このポイントに僕ののちゃんは、納得いくことになる。。。
ため池の畔に、みんなで歩いて移動。そこでY母さんにより、御神事をする予定でしたが。。。場所が違うとのことで、次のスポットへ。
東京出張から直接バスに乗って、このツアーに1人の男性が途中から加わった。偶然にもウエルネスパークにバスが到着したとのことで、僕ののちゃんは迎えに行き、以降の巨石ツアーに参加した。

車で移動し、道端の広いところに車を駐車して、緩やかな山道をみんなで歩いた。ちょうどみかんの実がたわわにに実った季節。秋も満喫できた。
ため池の畔を歩き、竹林の間を抜けると夫婦岩が大きな鯨のように横たわっていた。

IMG_6662.jpg(写真)夫婦岩。

次に向かったのは、船石のある山王山の頂上。案内役の僕ののちゃん、実は初めて場所。地図で見ればルートは3ルートあったが、直感で北ルートを選んだ。後で知ったがこのルートのみ車で山頂に到達できるルートだった。
山頂には、男根もしくは舟のような巨石が山本神社の境内にあった。巨石には間違いないが、圧迫感は無かった。
しかし、その南斜面へ降りていくと、ごろごろと巨石群が横たわっていた。
Y母さんが、ここから6つの巨石群の中心に目がけて、祈りは通づるとのことでしたので、ここで御神事をすることにしました。カズさんと宮さんによる歌とギターの奉納。。。時間も丁度お昼でしたので、みんなでなおらいをしました。

IMG_6679.jpg(写真)山王山頂上にある岩群。奥に船石がある。

なおらいを終えて、次に向かったのは俵石。
山田小学校の裏山の斜面に、その俵石はモアイの像のように顔を出していた。
さっそく、近くまで車で行き、徒歩15分ほどで到着。最初、駐車した麓から見上げた時は遠くに思えましたが、いざ登ってみると近かった。
ここでは、俵石の横にもいくつかイワクラがあり、その1つの神楽石の上で、Y子さんによる歌の奉納があった。
ここで、僕ののちゃん、今回のツアーのために用意しておいた巨石マップ一式をファイリングのまま、置き忘れた。。。しまった!

IMG_6684.jpg(写真)俵石。

次は交合石。僕ののちゃんにとって、こちらは2度目となる場所。
結構、みんな歩きつかれていると思われたが、秋葉山頂上まで全員が登山。
この近辺が、おそらく今年4月13日の早朝にあったマグにチュード6.3を記録した震源地だとされている。

IMG_6688.jpg(写真)交合石。記念に女岩と男岩の裂け目に手を突っ込んで記念写真。

。。。で最後、不動石へ行ってみた。
しかし、実はこの岩だけ六つの配列の円から飛び抜けている。つまり異色の岩だ。
僕ののちゃん的に、その手前にある安養寺近くに巨石があるのではと思っていたので、途中、その寺で車を止めて、カズさんやYお母さんにその旨をお伝えた。
とりあえず、安養寺を出発し、目的の不動石へ。。。恵日寺の境内横に車を駐車して200mほど坂道を登り、今日最後の不動岩の前に到着。
さらに上に、ゆらぎ岩などがあるとのことだったので、元気なSさんだけ見に行かれた。
Yお母さんによると、やはりこの不動岩は他の岩とは種が異なるとのことだったので、帰り道、安養寺に戻り、夕日が沈む暗い中、裏山をカズさんやSさん達が中心となり、まだ見ぬ巨石を探索した。

IMG_6689.jpg(写真)不動石

結局、足元が見えないぐらい暗くなってきたので、中止。また改めて、僕ののちゃんが探してみると約束して、今日の巨石ツアーは終了。
身体が冷えていたこともあり、五色のウエルネスパークに戻り、夕食を取って銭湯に浸かり、解散した。
そうそう、今日は僕ののちゃんの46歳の誕生日でした。記念に残る1日でした。ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。

近い内に、また淡路に立寄った際は、安養寺の巨石を探索する予定ですので、また改めて報告しま~す。

rokubouseki.jpg(マップ)今回のツアーのために用意したマップ。

6周年目の紫苑山

早いもので、6周年目となる淡路島、紫苑山の例大祭。毎年11月7日に淡路島のKさん達が守り続けている御神事が今日、参加者数十名と共に執り行なわれました。
10時過ぎから、ぞくぞくとkさんの工場に人が集まりだし、10時半ごろからミーティングルームで御神事の説明がありました。それからみんなで車に乗り合わせて、紫苑山の山麓の由良公民館へ。 そこからは徒歩で紫苑山の山頂へGOGOGO

IMG_6640.jpg(写真)工場内にあるミーティングルームで祭りの趣旨を説明するkさん。

麓で御神事、中腹の広場でわの舞、山頂の3ヶ所で御神事など、すべてを終えたころ、時間は午後2時前でした。
今回のわの舞は、歌&ギターに大村和生さん、そしてギター宮さんとベースにMっちゃん。生演奏で舞うのは最高だっ!
5周年は2日間に渡り盛大に執り行なわれましたが、今回の6周年は今日一日限り、それでも前回と同じくらいの人たちで賑やかな祭典となりました。

IMG_6641.jpg(写真)紫苑山の東斜面にある石群 名前忘れました。

Kさんの工場で遅い昼食を終え、みんなで若人広場へ向かいました。17時前に到着しましたが、現地はまさに工事中。。。中に入れそうにありません。Mっちゃんが近くの道端にある公園を見つけ出し、西の空に沈む太陽を眺めながら御神事をすることができました。

IMG_6656_201311282222587da.jpg(写真)若人の広場が工事中のため、近くの公園で御神事をしました。

御神事を終える頃、辺りはすでに真っ暗。淡路の南に位置する若人の広場から、北東部にあるナフシャへ、Kさん達を僕の車に乗せて移動しました。

IMG_6659.jpg(写真)ナフシャのピタパン ベジタリアンにも嬉しい素材ばかり。 紫苑祭の後、ここナフシャに集まり、大村和生さんと宮さんのライブ、わの舞が行われました。

天ぷらカーの修理再開

朝、空撮に行く手配だったが、連日の濃いガスが空に発生した状態がまだ続いていたので、取止めました。
庭の草刈を少しして、昼から久しぶりに動かなくなっている天ぷらカーの修理を再開することに。
ここ暫く、調子が悪くて、ほっておいたのだが。。。それがいけなかったのか、完全にエンジンが掛からなくなってしまった。

天ぷらカーの修理作業
(写真)点滴と手押しポンプで応急処置をしたが。。。いっこうに油を吸ってくれない。なぜ?詰まっているのだろうか?
Kさんに電話をしたが呼び出し音が海外な感じ。。。KさんのFBで確認すると、アメリカに行っているご様子。
夜、逆に連絡を入れてくださり、その原因について少しアドバイスをくれた。
まだまだ先は遠し。。。って感じ!

県南へ

宍喰にて
(写真)徳島県南、県境の町、海陽町宍喰。

先月、雑誌の取材でお世話になった徳島県海陽町の轟の滝へ行きました。
保勢窯のHさん、轟神社、海陽町観光協会に取材でまとめた雑誌を手渡しました。
帰り道、「ニホンタチバナ」が自生しているという、牟岐町の水落エリアを通ったものの、夕方17時を過ぎ、薄暗くなっていたので、タチバナの木を見つけることはできませんでした。
徳島では昭和26年に、徳島県下で最も大きい島、その名も「大島」分かりやすい!この島でこの「ニホンタチバナ」が最も早く明らかにされたと言われている。
この大島の対岸が牟岐町の水落。。。これ以外に「日和佐」などでも確認されている。
昔々、11代垂仁天皇の命により、「非時香菓・トキジクノカグノコノミ」を求めて「常世の国・トコヨノクニ」に渡った「田道間守・タヂマモリ」が持ち帰ったとされる柑橘系の樹木。残念ながら戻ってきた時には、すでに垂仁天皇は崩御されており、田道間守は痛く悲しんだとされている。

牟岐町水落にて
(写真)もう辺りは暗いが、この下どこかに「ニホンタチバナ」が自生している。。。ハズ。水平線に出羽島などが見える。

結婚記念日

今日で10年目となる結婚記念日。ブーちゃんと徳島市内にある南インドカレーを食べに行った。

キルシュナ (KIRUSHNA)
(写真)今年春に移転した南インドカレーのキルシュナ (KIRUSHNA)

インドカレーを食べ終え、近くの文化の森へ。そこでは太鼓の賑やかな音が。。。

文化の森 太鼓まつり
(写真)太鼓財団徳島支部『太鼓まつり』 文化の日、徳島の文化の森21世紀館の野外ステージにて「和の息吹」と題して徳島県下の太鼓団体が集結。その中には、以前、雑誌の取材を受けて頂いた「太鼓一家」のNさんも!

今日、僕ののちゃんが、行けなかった徳島県三好市三野で開催された「三好長慶武者行列」に、パワ友さんが行って、ビデオ撮影してくれた。ありがとうです!

母の四十九日

今日の昼、義母であり、ブーちゃんにとっては実の母の四十九日でした。
朝、自宅を出る前、家を出ようとする亡き母の姿が感じ取れました。
「まだ出発せんのか?」「もう行こう!」と、誰よりも早く家を出たいと。。。ふいに、玄関の椅子に腰を掛けて待っている母の姿が浮かびました。
ブーちゃん、義姉、義兄にその事を伝えると、不思議そうに笑っていましたが、無事に成仏できて良かったとみんな思ったはず。

義母が生きていた頃、徳島市で亡くなった霊達の案内役をしていた母。。。僕ののちゃんは勝手にそう思うのです。
あの世の吉野川(三途の川)を渡り、最終の目的地へ迷わないように義母は無意識の内に、迷える霊を案内していたのです。
だからそんな義母がいない今、誰かがその役を勤めなくてはいけなくなりました。
さて?誰だろ?

会食(お齋)
(写真)会食。僕ののちゃんだけベジタリアン仕様にしてもらった。

青貝と巻すしの代わりの饅頭と豆ごはん
(写真)真言宗の多い徳島では、引き出物の中身として、「青貝」あおがいという饅頭と巻寿司などを入れるのが一般的で、今回はその代わりに、饅頭と豆ごはんのセットを入れた。

部品到着

分解できるガソリンフィルター
(写真)KIJIMAガソリンフィルター。部品屋から連絡があったので、取りに行った。
これバイク用らしいが、ひょっとしたら天ぷらカーに応用できないかと思い購入。
しかも、分解ができちゃうすぐれもの。。。その上、1,785円という手ごろさ!
しかし、これを装着する前に、現在、動かない天ぷらーをどうにか、動くようにしなければ話にならない!
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
2964位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
706位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。