スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合唱とドイツ館とバレエ

毎月1回の童謡を歌う会。今日、みんなで歌った歌は以下の通り。

① かわいい魚屋さん   作詞:加藤省吾 作曲:山口保治   Youtube

② 海   作詞:不詳 作曲:不詳   Youtube

③ 金魚の昼寝   作詞:鹿島鳴秋 作曲:弘田龍太郎   Youtube

④ 牧場の朝   作詞:杉村楚人冠 作曲:舟橋栄吉   Youtube

⑤ フニクリ・フニクラ   作詞:ジュゼッペ・トゥルコ 訳詞:清野協/青木爽 作曲:ルイージ・デンツァ   Youtube

⑥ アロハ・オエ   作詞・作曲:L. Liliuokalani 訳詞:徳山 璉   Youtube

那賀町での合唱の後、会場隣の美術館でコンサートがあったが、次の予定があったので、鑑賞せず帰宅。

16時より鳴門市ドイツ館で、パワ友さんの計らいで、第一世界大戦勃発100年と題しての展示会の打合せに行くことに。
とりあえず、連載記事「徳島ぶらり散策」の記事として書くことが決定した。 尚、先日作ったポスターは、また別のカタチで再利用する予定で決まった。

夕方からは、市内のホールで開催されるバレエ「くるみ割り人形」をブーちゃんと観に行った。 僕達が良く知るバレエダンサーが出演するとあって、楽しみにしていたバレエだ。

IMG_5583.jpg
(写真)開催前の会場にて パンフを手に撮影

スポンサーサイト

コテージ見学

たぶん、最後となる四国での会。。。その会場となるコテージの視察に行った。
少し遅れたが、現地で今回ホスト役のNちゃんと合流。一緒に、さぬき市長尾のコテージを確認した。


(写真)さくらの里コテージ

確認の後、近くの亀鶴公園を1人で散策してみた。その公園には、宇佐神社があり、神社の前に大きな池があった。その池の中央に古墳群がある島が浮かんでいた。島と神社の間は参道で陸続きとなっている。自分自身あまり体調が良くないこともあり、その公園を散策中、なんか身体が重く感じた。

IMG_5568.jpg
(写真)さぬき市長尾の亀鶴公園

車到着


(写真)後期プリウス到着

今日、自家用車が到着した。7月に玉突き衝突され、乗っていたプリウスが全損扱いとなり、しばらく不自由していたのだが、やっと二代目がやってきた。
新車ではないが、マイナーチェンジしたプリウスの後期型で、内外とも新品に近い美品!
早速、保険手続きをして午後から阿南のトアル集まりへ、この車に乗って向かった。


(写真)モノノベについて語り合うM氏とS氏

中耳炎など、体調がイマイチな僕でしたが、モノノベの祭壇前に座ると、何だか調子が戻る感じがした。

まだまだ暑い

今日は母の通院と買物に同行。病院の駐車場で待っも、只今、天ぷらカーはエアコン故障中なので、窓開けてもアッチチ。
車から飛び出し、川沿いの公園で、しばらく母の診察が終わるまで待ってみることにした。


(写真)徳島市内の公園にて

中臣系歴代家系図

午前10時30分、淡路島は洲本市のF邸を訪ねた。これまで何度か訪問したことがあるが、今日はF邸の由緒ある正門や、代々伝わるFさんの家系図をもとにF家に伝わるお話しを撮影した。天児屋命(あめのこやねのみこと)からFさんのお父様まで。つまり中臣と藤原システムのプチドキュメントだ。
昼御飯を頂き、Fご夫婦と子ども孫5人で記念写真を撮り、しばらくしていると洲本近くで地震があったので、撮影はここまでとなった。

詳しく書けないが、Fさんは中臣系の御家柄。
斯く言う僕も、Yお母さんによると「藤原系」らしい。確かに、僕はレビ系の病院で生まれたのに、何故か徳島でなくしばらく奈良で過ごし、初参りが春日大社なのがその理由なのかな?
しかし、モノノベからすると、「憎き○原」と言いますか、過去に強制的に「藤」姓に改名させられた時期があったらしいので、「藤」が付くから全員がナカトミ&フジワラ系とは限らないそうだ。

今回、モノノベ系とナカトミ系両方に関わることができ、もう一度、改めて歴史を勉強したいと思った。


CDジャケットなどの制作

愛媛在住のカズさんのCDジャケットをデザイン中。
タイトルは44分44秒のビジョン。
パッケージ表紙には、44:44の文字に、北極星を中心に44分44秒移動した星の軌跡とカズさんのシルエットをデザイン。
あと、ジャケット内側と歌詞カード、CDレーベルもデザインした。
予定では10月初旬には完成し、カズさんのライブなどで販売される予定とのこと。

ブログ用ジャケット外側
(ジャケット)ミュージシャンのアルバムCDのジャケットデザイン

魔笛

ブーちゃんの歌仲間で、またMヤ会のメンバーでもあるNちゃん出演のオペラへ、今日、ブーちゃんと2人で観に行った。会場は高松市、アルファあなぶきホール。京都のSさんも駆け付け、3人揃って、モーツアルト最後のオペラ「魔笛」を鑑賞。Nちゃんは、夜の女王のアリアなどを熱唱し演技を披露した。魔笛はフリーメイソンの物語で、その分かりやすい解説がユーチューブにあったので、下に紹介する。

赤羽根大師

徳島県西部の世界農業遺産登録に向け、永井代表から、祭りに来ないかと誘われたのが、つるぎ町一宇の赤羽根大師の大きな大きな数珠まわしの神事。
日本一ともいわれる樹齢800年の大エノキ。その大樹の下で、20名ほどが和になって、大きな数珠を反時計回しに、歌に合わせて回していく。
僕もその和に入って、数珠を回した。すぐ近くには、林先生も同じように回している姿があった。


(写真)

剣山へ

頂上ヒュッテで一泊、曇り空にも関わらず、幻想的な朝焼けが一瞬、窓の外に広がった。その美しさに自然と目が覚めた僕は、急いで身支度をして外に出た。そこには一緒に宿泊していたYさんやヒュッテの綱男さんなどの姿があった。そして宝蔵石神社からは松村宮司の太鼓と祝詞が聞こえた。
頂上で軽く朝食を済ませ、剣山頂上から次郎笈(ジロウギュウ)に続く尾根伝えを歩いた。途中まで来いガスで視界は悪かったが、しばらく歩いて行くとガスが抜け、振り返ると剣山頂上を望むことができた。


(写真)剣山の尾根にてYさんとツーショット。

次郎笈(ジロウギュウ)の手前で引き返し、大劔神社で参拝し、刀掛けの松を横切り、行場を巡った。まだキレンゲショウマが花盛りで、美しい黄色い花々が至る所で確認できた。

行場から西島駅まで戻り、リフトで見ノ越まで下山。 東祖谷山の栗枝渡神社に行き、そこで総代の男性と話しを伺うことができた。今年の例大祭は、9月8日16時から開催とのこと。 そして貴重な神社の由来の小冊子も頂いた。 必ず行きますとお伝えして、神社をあとにした。

最後に向かったのは、祖谷温泉。 ケーブルで降っていくと温泉があった。 渓谷を眺めながら、ゆっくり温泉に浸かった。
帰りは徳島道を走った。徳島駅前を午後8時発のバスに間に合ったので、そこでYさん達と別れた。

剣山へ

朝9時ごろ、教室引越しと採点の作業があったので、大学に寄った。
その後、午前10時30分、徳島駅前にてYさん達と待ち合わせて、僕が運転する車で剣山へ向かった。
神山の道の駅側の蕎麦屋で昼食を取り、国道438号を通り、川井峠で休憩。そこから剣山はすぐ目の前。しかし台風による山腹崩壊のため、木屋平小学校500mから通行止め。しかたなく迂回を探し、とりあえず中尾山高原グラススキー場へ向かった。しかし、ここも剣山へ抜ける県道260号線も通行止め。。。結局、穴吹町口山から貞光町の山間に抜ける県道255線まで北上し、貞光ルートで剣山にどうにかリフト時間までに到着できた。


(写真)穴吹の閑定滝にて

今日中にどうしても完了させなければならないCGの仕事があったので、僕はYさん達と一旦別れた。Yさん達は先にリフトに乗って、頂上ヒュッテに到着。僕は見ノ残の劔神社休憩所で作業を続けた。なぜなら頂上ヒュッテは、先日の雷により、インターネットが不通になったと知っていたからである。
作業を終えたころ、時刻は21時ごろ。すでにリフトは終了しているので、頂上まで暗闇を登山した。22時30分ごろ頂上に無事に到着。そのころ、頂上からは徳島市内や高松市内などのネオンがクッキリ見えた。 ただ広島方向だけは雲って見えなかった。翌日、ニュースで知ったことだが、この時、広島市内では大雨による大災害が起こっていたことになる。
非常に疲れていたので、その後、すぐに就寝した。

教室の引越しとアーチスト

今日は大学の教室の引越し。とりあえず、机と椅子、パソコンを新しい教室に移動した。
結構時間が掛かって、夕方ごろ、約束していたトアルアーティストさんの作品を展示する温泉施設に到着。作品販売用のポップなどについて打合せをし、夜、そのアーティストさんのご自宅で夕食を頂いた。


(写真)地産地消の食材で作った夕食。

徳島剣山系の世界農業遺産

午前7時30分、埼玉和光市で歌ってきたブーちゃんを迎えに、高速バスおりばへ。お疲れさん。

午前9時頃より、Nゲストハウスにて淡路島のY母さん達と、いろいろと打ち合わせ。久しぶりに洲本のF夫人の姿も。撮影の依頼がありました。

13時ごろ、徳島市内の飲食店で帰省中のHご夫妻と待合わせ。会津細川氏や阿波細川氏について語り合いました。

15時から2時間ほど、仕事の残務整理。

18時より、鳴門にて世界農業遺産の講演に参加。


(写真)世界農業遺産にすべき徳島剣山系の急傾斜地農業について公演する林先生

鳴門市長、川端議員など、鳴門主要人も参加されてました。
鳴門は現在、鳴門の渦潮を世界農業遺産登録に向けて、がんばっているとのこと。

講演は、谷川幸生(鳴門市在住、徳島山岳連盟、NPO法人 剣山クラブ会員)と林博章(阿波歴史民族研究会会長、鳴門渦潮高校教授)

谷川さんは剣山の希少野生植物をスライドで説明。剣山の野草の勉強ができました。時間の都合で1部だけの紹介でした。

林先生は、300枚以上のスライドを準備。徳島剣山系の「破砕帯」の水を上手に利用した棚田のシステム。尾根の木々を残し、上から下へ下ろしていく棚田づくり。その中央には山神の杜や巨木を残し、その周りで急傾斜地農業をしている。土が雨で流れないようにカヤを敷き詰め、循環型農業が特長だ。

余呉湖を周りながら

まさか今日、この余呉湖を訪れるとは一昨日まで、全く思ってもみませんでした。体調を崩されていることは知ってましたが、こんなに早く逝かれるとは思ってませんでした。
ご自宅にはたくさんの車が止まってました。ご家族とは何も交流がなかったので、いきなり訪ねてもご迷惑かと思い、この余呉湖に来ました。
静かな湖です。水面にMヤさんの顔を浮かべながら、数年間の思い出を巡らせました。
寺の鐘が鳴り止んだら、徳島へ戻ろうと思います。
アナタと出会えて良かった。


(写真)菊石姫と蛇の目玉石


(写真)余呉湖の湖畔より

T子さんと阿波おどり

13本のドキュメント映画の1本の主演女優、いや男優?のT子さん。今年3度目となる、徳島市阿波おどりをご一緒した。
大阪きら高速バスに乗って昼過ぎに到着。夕方、宿泊先のホテルに迎えに行き、徒歩10ほどの南内町演舞場の桟敷へ。
ここの桟敷、新町川に沿って少しわん曲していたので、僕達の席からは、桟敷の踊り出しから中間までは残念ながら見えなかった。
しかし、A席しか見えない、出口付近での踊りと鳴り物の納めは賑やかで良かった。T子さんも満足の様子。
また、来年も阿波おどりに来て、にわか連も体験したいとのこと。


(写真)徳島市 南内町桟敷にて

死んで何が悪い!祭りだろ!

台風11号が四国に近ずく中、簡単に昼食を済ませ、テレビをぼんやり見ていると、故人岡本太郎先生の回顧番組をしていた。
1970年の大阪万博の「太陽の塔」で有名だか、当日、僕はまだ3歳で、万博の記憶は全くない。
ただ、僕が彫刻専攻の大学生の時、岡本太郎展で実際会って握手をしてもらったことが、最初で最後の思い出だ。
先生の作品のモチーフは、古代の神々。
それらを表現した作品は、今みても古さを感じさせない、流行的なデザインでなく普遍的な「カタチ」なんだろう。。。絶対!
ところで、番組のなかで60代の岡本太郎先生は「御柱祭の木落し」の御柱に跨って、落ちて行きたかったそうだか、危険と言うことで、関係者により引き止めらられたそうだ。
その時の先生の名言が「死んで何が悪い!祭りだろ!」
いろんな意味で、素晴らしい芸術家、いや本当の日本人だ!


(YouTube)
この祭、あのカニちゃんも昔、撮影スタッフとして参加し、死にかけたらしい。。。




海上自衛隊 徳島航空基地

午前中、徳島航空基地へ取材に向かう。
10月上旬に開催予定の「基地祭」のお話しを伺うため訪ねたが、お盆前の忙しい最中にも関わらず、室長とお話しすることができた。
無理言って、この1週間で記事を仕上げる予定だが、海上自衛隊の祭りだけでなく、徳島基地の歴史や普段でも基地周りを散策できるコースを紹介したいと考えている。

IMG_5184.jpg
(写真)海上自衛隊 徳島航空基地

メガネ

昼過ぎ、小松島市へ向かう。トアル会の打合せを兼ね、知人のメガネ店で新しくメガネを作ってもらうためだ。
以前のメガネは、不注意で踏んでしまい片一方のフレームが取れてしまった。
夜の雨降りのドライブは、やはりメガネが無いと少し不安だったので、これで運転も安心。
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
4598位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
1042位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。