スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山寺の紅葉


(写真)上板町神宅の大山寺。沢山のカメラ愛好家が霧と銀杏の幻想的な境内を撮影していた。

新年1月18日、毎年恒例の「力餅」が、本尊初会式の力奉納の行事として大山寺境内にて開催される。それに合わせて、麓の上板町役場から「力餅」を観に行く、ウォーキング大会も開催されており、その辺の取材に午前中から伺った。


(写真)力餅のポスター

男性の部、女性の部、小学生の部、幼児の部と有り、中でも男性の部は約150キロ近い大きな餅を持ち上げ、歩く距離を競う。
当日は餅投げもあったりと、一年で最も賑わう。

この大山寺(たいさんじ)は標高691mの大山(おおやま)の8合目付近にあり、山頂は奥の院の「黒岩大権現」が鎮座している。
四国のお不動さん36ヶ寺と別格20ヶ寺の共に一番霊場だ。

寺から麓に下る「四国のみち」を歩いて行く途中、猪野谷滝があるので、そこへ雨がパラパラしている中、紅葉の木々の下を散策していると、Tさんからの電話。来年企画している「土御門ウォーキン」の新ルート「西コース」を実際に歩いたとの連絡だった。
近い内に、このウォーキングのポスターを制作する予定!
スポンサーサイト

満城寺の田村さんの話

18時より三好長慶会に参加した。今日は海陽町の城満寺から田村住職に講演して頂いた。一緒に参加していたブーちゃん、いつもと違って何だか嬉しそう!そのお姿は、お坊さんの完成形!しかも東京大学では、なぜ?インド人は仏教を捨てヒンドゥー教に変わったのか?を研究したという。
曹洞宗の城満寺へは、今年、パワ友さんと伺ったことがある。広い境内には修行や参拝する場所が美しく配置され、気持ちがキリッと引き締まる感じ。
ぜひ、徳島県南に行く時は、立ち寄ってみてはいかがだろうか!


(写真)講演する田村さん

冬至の日没光が射す潜り穴・明神崎


(写真)淡路市明神崎 潜り岩から播磨灘に沈む日没と尾崎さんの縄文シャーマニックドラム

午前中は大学の講義参観に行った。授業はピアノの音を聴いて譜面に起こすソルフェージュと、リズムのリトミック。僕には絶対音感がないので、これをスラスラできる学生達は凄いと思う。絶対音感などは5歳前後に身につきやすいという。

昼から淡路島へ向かった。一番の目的は明神崎の潜り穴の角度と日没時の確認だ。
明神崎に行く前にナフシャの尾崎さんと冬至まつりの打ち合せをした。今回は12月20日の環状巨石群バイキングが1日目、翌21日のライブ&マルシェが2日目のプログラムとなる予定だ。
また、祭りのチラシができたらアップしたいと思う。
ちなみに、環状巨石群ハイキングの募集要項はできたのでアップする。

確かに潜り穴の方角は、冬至ラインとピッタリ合った。その日、晴れていれば穴の奥まで日が射すはずだ。
12月20日の環状巨石群ハイキングの後、
16時54分が日没。興味がある人達と行ってみようと思う。
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
4598位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
1042位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。