スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島と牟岐八幡神社 秋祭り2日目

洲本市内のコテージで一泊。朝目覚めると昨夜の話しに出てきた淡路島と北斗七星の関係で、そのポイントとなる7つの山々が何となく浮かんできたのでF氏に伝えた。とりあえず出発の準備を終え徳島方面へ。
途中、Dさん達と一緒に喫茶ビエントに立寄りモーニングをいただく。店内にあった季節外れの大きなヒマワリが、あまりにも立派だったので店主に、いろいろ質問。結局、その立派なヒマワリと種をDさんは頂くことになる。店主(女性)は徳島の出身者とのこと。

IMG_6564.jpg
(写真)店内にあった立派なヒマワリ

徳島市内で案山子の名人に会うまでの時間がまだあったので、オニオンロード北阿万の大神宮に向かった。この辺は凡直(おおしのあたい)の本拠地の一つ。そしてFさん曰く、「徳島の海部と淡路の凡直を行ったり来たりすることに意味がある!」と。。。
Dさんは少々お疲れのご様子だったので、僕達だけ山の斜面を登る狭い側道を進み、どんづまりで車を駐車して、高架を歩いて渡り境内へ。石組みからして要塞の跡ではと、Fさんは話してくれた。 ここでFさんと別れた。

11時過ぎ、徳島市内のトアル場所で、案山子の名人と会う。 今月、大阪で開催される「鶴亀物語」の会場に展示する案山子の打ち合わせ。とりあえず後日、Dさんのお弟子さん達が取りに東祖谷まで行くという。

ここからが、Dさんと行きたい場所が食い違った。 僕は当初から阿南のM邸に寄ってから、牟岐八幡神社を予定していたが、Dさんは木屋平のM住宅を突然希望された。
時間が時間なので、とりあえず阿南のM邸へ。少し不満気味のDさんだが、Mさんの「もののべ」のご神事を熱心に聴いておられた。途中、スーパーで買ったお寿司を食べながら。。。
もう時間は夕方、僕はDさんと牟岐八幡神社に行きたかったが、大変、お疲れのご様子だったので、Dさん達は大阪へ帰ることになった。別れる前、Dさんから「鶴亀物語」のインストゥルメンタルサウンドをDさんの車内で聞かせてくれた。Iさんによる作曲と音づくり。舞台でどう使われるのか非常に楽しみだ。

yoimiya.jpg
(写真)牟岐八幡神社の例大祭宵宮 境内参道にならぶ露天と賑わい

gosintou.jpg
(写真)拝殿前の御神燈の灯り

夜7時30分ごろ、牟岐八幡神社に到着。 宮司や社人さんから「Dさんは?」との質問があったが、「大阪に帰られた」と返事。みんな残念がっていた。 かなり体力的に厳しい感じだったので、Dさん帰られて正解だと思った。後日、Fさんからも帰えらせて良かったと電話があった。
今回一番の目的である神社例大祭の取材に集中できそうだ。宵宮の賑やかな境内をしばらく眺めながら、今夜はS宮司の2階で1人1泊。 いよいよ明日は、世襲制の社人さん達による古来からつづくという特殊神事が拝見できる。ワクワク興奮している。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3735位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
905位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。