スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牟岐八幡神社 秋祭り3日目

いよいよ今日、牟岐八幡神社例大祭が執り行われた。
榊宮司から参考に頂いた資料「海部の祭りと民俗芸能」より神社と例大祭の概要を書き記す。

名称: 牟岐八幡神社
場所: 徳島県牟岐町牟岐浦字八幡山1
由来: 牟岐の浜に流れ着いた三体の木造を後ろの社人が柄杓で掬い、ご神体として祀ったのが始まりとされる。承久2年(1219)、当時の地頭が奈良出身である縁故により、奈良八幡宮より再勧請され八幡神社となった。文献には八幡宮という名称も見受けられる。旧郷社。主祭神は、誉田別命、気長足姫命、玉依姫命。

この概要文の中で注視したいのが「奈良八幡宮より勧請され」の「再」の部分。つまり、牟岐→奈良→牟岐ということと、承久2年は、承久の変直前の年。翌年土御門上皇は四国土佐へ自ら移られた年だ。

例大祭の進行順は以下の通り。 今回は詳しく書かないが、今後、神社の由来書としてまとめる予定。

IMG_6717.jpg
(写真)13時30分より、祝詞奏上、玉串奉典

IMG_6747.jpg
(写真)14時00分より、花上式・種揚の神事 サカキの葉をちぎり、一升枡に入れ、社人と稚児がアル掛声を発声する

IMG_6781.jpg
(写真)14時30分より、記念撮影の後、稚児の曳く神輿 牟岐町内を練り歩く

IMG_6792.jpg
(写真)15時50分ごろ、御浜入り・渡御 牟岐港にて

IMG_6798.jpg
(写真)16時10分ごろ、社人と榊宮司 神輿に御霊を遷す

IMG_6804.jpg
(写真)16時20分ごろ、曲りの式・食の酌神事 特殊神事 注連縄を持った社人が一通りの儀式をする

IMG_6785.jpg
(写真)関船
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3735位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
905位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。