スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出羽島を散策

朝6時30分に家を出て、牟岐町へ向かう。目的は3月1日から月末まで開催される牟岐・出羽島アート展2015の取材のため。
9時30分過ぎに、実行委員会のSさんに会い、いろいろイベントの詳細を伺った。
今回で3回目となるアート展、これまでと違うのは、島だけでなく、対岸の牟岐町の三協地区(橘・辺川・河内)でもアートが展示されることだ。またアーティスト達は去年から現地に入り、町民と交流しながら作品を仕上げているとのこと。
詳しくは、ムギデバ(牟岐・出羽島アート展2015さん)のHP、またはFacebookをご覧頂きたい。

その後、11時10分発の連絡船、大生丸に乗って出羽島へ。 15分ほどで到着。同じ海なのに、この島の港の透明度は最高に透きとおっていた。

DSC_0106.jpg
(写真)出羽島の港 大生毛とも呼ばれている美しい港

島発の最後の便は、16時35分なので、それまで島をぶらぶら散策した。
港を中心に、とても美しい佇まい。もちろん信号や車は全くないが、道は綺麗に整備されていて、非常に散策しやすかった。歩いていると昔、旅行したヨーロッパのクロアチアの小さな港町を思い出した。
港の水辺で、今年初の海中禊をしていると、「何してるの?」って声をかけてくれた女性2人の姿が。。。1人が島のゲストハウスを任されている女性とのことで、後で伺う約束をした。

DSC_0085.jpg
(写真)出羽島の街並み 折りたたみ式の板戸が特徴のミセ造り(蔀帳・ぶちょう)の民家

島を反時計回りに、一周した。 途中の「蛇の枕石」は残念ながら崖崩れで立入り禁止、大池の天然記念物・シラタマモは時期的な問題なのか発見できなかった。
島で最も標高の高い場所(76m)まで行き、出羽島灯台で休憩。そこからは、去年2回訪問した「大島」がよく見えた。
とりあえず、中央コースを下り、旧出羽島小学校へ向かった。
アート展は、この廃校になった小学校の体育館や島内の空家スペースなど10箇所で開催される予定。
以前、ご自宅にパワ友さんと伺ったことのある海陽町在住のアーティストYさんもこの体育館などで作品が展示されるらしい。

先ほど声をかけてくれた女性に会うためゲストハウスに立寄った。初めてだが、以前から来たかった場所だ。今日はあいにく経営者のNさんは出かけているとのことで、留守を任せてられているCちゃん(先ほど声をかけてくれた女性)と、いろいろ話しをした。今年、島で一番良いニュースを聞くと、何年かぶりに島に赤ちゃんが誕生するとのこと。今、まったく子どもがいない島にとって、この赤ちゃんは非常に嬉しい出来事だ!
まだ1時間ほど連絡船の出発時間があったので、Cちゃんの提案で港の岸辺に行くことにした。

DSC_0219.jpg
(写真)海に浮かぶ人影が!

そう、この水面に浮かんでいるのがCちゃん。まるで仙人のようだ。僕ののちゃんも挑戦した。さすがにボードの上に立つことはしなかったが、服を着たまま正座で乗り、港の外へ漕いで進んだ。

DSC_0226.jpg
(写真)ののちゃんも挑戦!

先日の元旦に、携帯電話をドコモのエクスペリアに変更したのだが、防水仕様なので、海中に沈めて撮影してみた。

kaichu.jpg
(写真)携帯を海に突っ込んで撮影すると、沢山の魚達が撮れていた

ありがとうCちゃん、また機会があったら、宿泊しますね。
最終便の舟に乗り、島とお別れ。取材と言うより、観光気分でリフレッシュできて楽しかった。

DSC_0246.jpg
(写真)島にさよなら

船から遠ざかる出羽島を見ながら、ふと、徳島県の一宇なら誰でも知っている谷貞ノ丞さんの家族のことを偲んだ。江戸時代の話しだが、庄屋だった貞ノ丞さん、不作続きで年貢の取立てに不満を爆発させる村人に代わり、徳島藩の殿様に物申したことで、最後打ち首になった偉人。その後、貞ノ丞の妻と子は、この出羽島に島流しされたとも、直ぐに亡くなったとも言われている。貞ノ丞さんのことは、以前一宇に訪ねたときにブログにちょっと書いてるので、興味ある方はチェックしてみてね。
もし、妻と子がこの島に流されたのなら、無事に生き延びたのだろうか?そして、打ち首になった貞ノ丞のことを思うと非常に切なく思う。。。

DSC_0242.jpg
(写真)連絡船・大生丸の片道運賃は、220円 8月と9月の2ヶ月間は230円
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3904位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
924位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。