スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目(祭)イタリア・ヴネッティア 仮面舞踏

午前中、イスタンブールからヴネッティアまで、飛行機で移動した。飛行機の窓からは、アドリア海とトリエステの街並み。今回、青島捕虜イタリア兵の出身地であるトリエステの上空近くを空から拝見することができたので、トリエステ訪問は、これで充分かなと思った。午後から仮面舞踏で賑わうヴネッティアを散策した。
徳島でいうところの阿波おどり時期と同じで、一年の中で、最も活気づく今日と明日をヴネッティアの旧首都で過ごせるのも何かのご縁かなと思った。


(写真)ヴネッティアで最も有名で大きな橋


(写真)舟のうえにて

まずは参加者全員で、サンマルコ広場にあるヴネッティア共和国の議事堂などを巡った。そこには裁判所や牢獄、博物館などがあり、広い議事堂には、代々の長の姿が描かれているのだが、一人だけ黒く塗り潰された人がいた。まやかしなのか正義だったのか。。。


(写真)ヴネッティア共和国時代の国会議事堂内

サンマルコ広場には沢山の賑わい。自由行動は、自分の感覚を計るため、「迷う」ことに専念しょうと考えた。
スマホのwifiは不通のままに、事前情報は無し、身一つで迷う散策をした。


(写真)仮装する人達


(写真)仮装する人達

自由行動は2時間ほど。歩いては運河で行き止まり、戻っては狭い路地をさまよった。陽も落ち薄暗くなり、僕は完璧に「迷う」ことに成功。ゲームスタートだ!
ここからは、全て自分の感覚を信じて散策を楽しむことになる。

路地を歩いていると、後ろから「ここ何処だろうね?私たちの周りには日本人いないよね?」と女性二人の声が聞こえたが、僕も迷っているので謎のアジア人になり無視をした。
夜になるにつれ、行く人探しは仮面を着けだし、非日常の世界。日本ではなかなか味わえないヴネッティア迷路を体験できた。
今日泊まるホテルは、ヴネッティアで一番有名な橋の近く。。。何とかスイス?ってな名前だったと思い出し、辿り着いた大きな橋で探してみるも見付からず。。。あと30分でゲームオーバーという焦りもあって今日最高の時間を過ごすことができた。


(写真)勘違いした橋

結局、その橋は違う橋で、舟乗場の看板を見て、もう一つの橋へ小走りで向かった。
結局、ブーちゃんのお叱り電話を受ける直前にホテルに辿り着くことができた。
約5分のオーバーだが、ギリギリセーフ!

(写真)ブーちゃんと仮装

夕食の後、25ユーロで仮面を買って、ブーちゃん達と、ホテルまで歩いた。
明日はローマとバチカン市国へ行く予定だ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
1742位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
420位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。