スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗七星ツアー1日目

朝5時まで仕事をして、ほとんど睡眠も取らず、淡路島へ向かった。
今日は、1泊2日で淡路島の北斗七星の星とリンクするスポットを巡る1日目。
予定では、杓の柄の部分の、篝場山(鬼神山)→伊勢の森→摩耶山→高倉山の4つを巡る。
朝9時に淡路IC近くの集合場所へ。大阪方面からDさんはじめ、5名と、地元4名と僕の10名で、まずは1つ目の星、篝場山(鬼神山)へ。 ここは近くの八畳岩から臨んだ。 今回の参加者のメンバーのことを考えると、頂上まで登山するのは、かなり難有りと判断。またの機会に登山を予定することにした。


(写真) 篝場山(鬼神山)を臨む

2つ目の星へ向かう前に、伊勢の森の下にある浅野滝(不動の滝)で禊をすることにした。僕も久しぶりの訪問で、褌一丁で軽く滝行をした。寒さのピークは終わっている感だった。


(写真)浅野滝(不動の滝)

常隆寺本堂の左側に鳥居があり、そこの階段を登って行くと、10分もかからない距離に山頂に辿りつく。淡路島には珍しく杉林の中を散策。黄砂がなければ播磨灘の奥に小豆島が見えたはず。。。


(写真)伊勢の森(常隆山山頂) 後姿はDさん

軽く昼食を終え、3つ目は、摩耶山。こちらも山頂近くまで車で登れるので楽だった。鷲峰寺が直ぐ側にあり、ミニ三十三ヶ所巡りが山頂へ続いていた。山頂は丸く開けており、Dさん曰く、ここは古墳ではと言っていたが、その渕には大小の岩々が螺旋状に配置されており、不思議な空間だった。
ここで参加者全員で輪になって手を繋いだ。何か電気のようなエネルギーを右手から左手へと伝わるのを感じた。その後、どうやら、僕の携帯がウントモスントモ言わなくなり故障したもよう。


(写真)摩耶山山頂

そして今日、最後4つ目の星、高倉山へ向かった。山頂の神社には何も居ないようで、北側の奥にある「潜り岩」こそ目的地と思われたが、時間はすでに17時を越えていたので、暗闇での散策は危険と判断し、山頂の境内でしばらく過した。

今日は淡路島のトアルコテージで1泊。食事を済ませ、お風呂に入り、僕は溜まっている仕事を、みんなが寝た後、ひとり黙々とパソコンでの作業を続けた。
とりあえず、1つ目から4つ目の星々を今日巡ったことになる。


(画像)北斗七星と北極星は、淡路島と小豆島にリンクする
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
4167位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
956位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。