スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍住町の神社を散策。

今日は、一日中仕事。。。あっそうそう、ヘンプカーのプロモーションビデオも修正を終え、本日、赤星さんに納品しましたグッド!
修正指示に従い、最後のシーンの「おーあささま~」を除くと、ちょうど時間は、3分14秒時計のビデオになりました。 パワ友さんからも指示があった「3.14」にピッタリだっチョキ 数霊的に良いらしい。。。
その最終の映像は、赤星さんのYouTubにアップされています。 リンク→ http://youtu.be/kZR6SV707iA

とりあえず、作業を終え。。。気分転換に近くの藍住町を散策走る人
最近は徳島県内で一番にぎわいのある場所となった藍住町ですが、その「ゆめタウン」の北隣を流れる正法寺川(しょうぼうじがわ)沿いにある「住吉神社」に行ってきました。
ここは、神功皇后・素盞鳴命・中筒男命・底筒男命の四柱をご祭神としていまして、境内には菅原道真が祀られている天神社もありました。
拝殿には立派な注連縄(しめなわ)が掛かっていましたが。。。たぶんビニール製ぽい。。。感じあせる う~ん、最近ヘンプカーとかで身近に麻についてドキュメント撮影している僕ののちゃんにとっては、非常に残念爆弾

ののちゃんブログ-藍住町の住吉神社

(写真)徳島の藍住町住吉にある住吉神社

少し境内を散策していると、大きなオオクスに出会いました目

鳴門市大麻にある大麻比古神社のオオクスが幹の周囲が8.1mに対して、この藍住住吉神社のオオクスは7.2m。
ゲートボールをしている年配者を横切って、歩いていくと。。。「住吉城址」の看板がありました。
昔はこの辺にお城があったそうですが、今は全くその面影もありません。

ののちゃんブログ-藍住町のオオクス

(写真)その住吉神社の境内近辺にあるオオクス。 高さ22m以上あるそうだ。

住吉神社から少し離れている場所に、藍住町の諏訪神社があります。
こちらも立派な境内と拝殿、本殿があります。 鳥居前には、注連縄(しめなわ)があったのですが。。。こちらも残念ながら麻ではなく、稲っぽい感じあせる

こちらの神社は、戦国武将の阿波三好氏によって、信濃国諏訪神社より勧請創建したものらしい。
しかし基本、藍住町にある殆どの神社は徳島県内の他の神社に比べて、規模も大きく、きれいに手入れされていますね~ぃグッド!

ののちゃんブログ-藍住町の諏訪神社

(写真)徳島の藍住町奥野にある諏訪神社。

ののちゃんブログ-藍住町の諏訪神社の拝殿と本殿

(写真)その諏訪神社の拝殿と本殿。

境内にゴロゴロと松ぼっくりが落ちていました。 しかも大きさが半ぱ無いサイズ叫び

この諏訪神社は、何だか全てがビックサイズビックリマーク
僕の手が小さくみえます。。。

ののちゃんブログ-藍住町の諏訪神社境内の松ぼっくり

(写真)その諏訪神社の境内に落ちていた大きな松ぼっくり。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

長野の諏訪大社は宝亀10年(779年)に阿波国から移遷されたのではないのですか?(阿波古事記研究会資料より)

2. Re:無題

>ゴーヤさん
コメントありがとうございます。
確かに、石井町の多祁御奈刀弥神社が諏訪大社の元宮だとする社伝があり、
779年(宝亀10年)の頃、移遷されたと云う阿波古事研の発表も一理ありますね。
吉野川を挟んで、藍住町の諏訪神社がその石井の分社なのか、または中世の承久の変により
守護となった信州の小笠原氏と後の末裔になる三好氏の氏神として、故郷信州の氏神一である諏訪大社から分神して、
藍住勝瑞城や三好大西城近くに、諏訪神社を造営した可能性も十分考えられると思っています。
しかしながら、藍住町奥野の諏訪神社が何時この地に建立されたのか不詳な上、
確認できる最古の記録としては、1688年(寛文11年)に本殿を建立したぐらいしか
情報が残っていませんので、いずれにしても推測の域を出ることはできません。
とりあえず「徳島県神社誌」には、三好氏が勝瑞に居住するに当たり、奥野諏訪神社を信濃国諏訪神社より勧請創建したもので
あると伝えているので、それを参考にブログを書きました。
ちなみに分かりやすく言えば、以下の3つの可能性のどれかだと思いますが、みなさんはどれだと思われますか?

①石井の多祁御奈刀弥神社の分社の一つ。
②石井の多祁御奈刀弥神社の分社だったこの社に、後の小笠原氏または三好氏により信濃国諏訪神社から分神合祀した。
③小笠原氏または三好氏により造営され、信濃国諏訪神社から分神した。
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3586位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
868位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。