スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐高知の土御門上皇ゆかりの地を求めて

朝8時の待ち合わせで、T宮司さまと高知へGOGOGOビックリマーク 日帰りで行ってきました車
行き先は、いずれも土御門上皇の伝説が残る。。。香南市の宝幢院&月見山、そして香美市の龍河洞です。

雨雨が降る中、朝10時過ぎに宝幢院に到着。 こちらは、1221年の「承久の変」の後、ご自身の意を持って土佐の四万十川河口付近に配流なされた上皇が、阿波へ移られる際、立ち寄ったとされる場所が、この宝幢院に隣接する月見山ですお月様


まずは、宝幢院に寄ってご挨拶ニコニコ 社務所の女性に土御門上皇のことをお尋ねしてみました。

女性曰く「中村から阿波への移動中に、この山に立ち寄られ、月を眺め、寺の者がお接待をしたようです。」 っとのことビックリマーク その他、新たな情報はゲットできましせんでしたあせる



上皇の歌った、『鏡野やたが偽りの名のみして恋ふる都の影もうつらず』。。。の歌碑がその月見山の山頂にあるとのことですが、何しろ凄い雨雨で近くを車で通り過ぎるだけにしました。。。


次に向かったのは、香美市の龍河洞。 僕ののちゃんは、小学生低学年の時、両親に連れて来れられた時以来の2回目となる訪問。

自分の身体が大きくなった分、何だか洞窟が小さくなった感じ爆弾 春夏秋冬、常に16度をキープしている洞窟内は、雨の湿った天気にも係わらす、清清しかったですグッド!


ののちゃんブログ-龍河洞
(写真)龍河洞の鍾乳石。


洞窟入口の案内板には、『洞名の起こりは承久の変(1221)の後、土佐に配流された土御門上皇が入洞された時、錦の蛇が現れ、上皇を案内したという。天皇の乗物、「竜駕」が転じて「龍河」となったとの伝説がある。』。。。っと書いてありました目 残念ながら、錦の蛇ではなく、コウモリが現れ、T宮司の小さな悲鳴が洞窟内で響いておりました爆弾

恐らく、この龍河洞と月見山を寄ってから、野根の峠を越えて、阿波へ入られた可能性が大きいようです。 


洞窟を後に、香美市立図書館でしばらく時間潰し。 高知の郷土史や村誌などを見ましたが、残念ながら土御門上皇についての新しい情報はありませんでした。 この点、徳島の方が上皇に関する書籍が多いことに気付かされました。

その図書館で、書籍を見終え、手持ちの携帯でネット検索していると新たな情報を入手。。。

陵墓のページにて、『土御門天皇妃千代鶴姫、土御門天皇皇子 四万十市大屋敷133番地の井森神社』の記事。

ひょっとして、京から中村の地へ配流なされて、すぐに上皇の妻と子を亡くされたのかはてなマーク

そう言えば、今回の土佐路の旅においてT宮司は、最初は高知中村をお誘いしましたが、「暗い、行きたくない」っとの発言があったのですが、そのワケは。。。ひょっとして、この妻と子の死に関係しているのではっひらめき電球 っと僕ののちゃんは勝手に思うのです。

いずれにしても、配流先で一年も経たない内に徳島へ移る理由の一つとして、妻と子の死亡説も何となく裏付けます。。。


図書館の後、道すがらのカフェでコーヒータイムコーヒー 外は台風のような悪天候台風 しかしながら、タイミング良く、車の乗入れの際は雨が小降りにニコニコ 感謝感謝。


16時、先週、阿波宮にて奉納演奏された繁藤雅陽会のお二方の所にお邪魔しました。

高知のトアル教会内は非常に美しく、大変な天候にも係わらず、Mさんをはじめ、Sさんも駆けつけて頂きました。 ありがとうございましたニコニコ

師匠から借りて練習予定の、「笙(しょう)」の調律とメンテナンス方法がメインでして。。。とりあえず、調律をしてもらうために、預けて高知を後にしましたパー


今回の日帰りの土佐路は雨にも係わらず、土御門上皇の所縁の地3ヶ所をゆっくり巡ることができました。 T宮司ありがとうございましたニコニコ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

1. 高知での足跡

ののちゃん、こんにちは。
あの大雨のなかの探索、ご苦労様でした。
帝も1年間、ほんとうに心細かったでしょうね。
お妃と子供を亡くされていたとは…。
お歌は悲痛な叫びのようです(が、それを詠むという、なんと高雅な自制心でしょう)。
ありがとうございます。

2. Re:高知での足跡

>千光院在神さん
コメントありがとうございます。
来月、四万十市を訪ねる予定です。
そこで亡くなられたお后と皇子について、もっと調べたいと思っております。
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3941位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
965位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。