スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマ観光&車引渡し

今朝、殆ど睡眠もせず「ホツマ」について語り合った僕ののちゃん達ですが、幸運にもOさんの連絡で、高島市ホツマ研究会のNさんとタイミングよく会えることになりましたチョキ 何て凄い展開叫び


Nさんと待合せ時間に余裕があったので、とりあえず宿泊先のロッジを後にして、僕ののちゃんは、他のメンバーと3人で、高島市安曇川町上古賀にある熊野神社に行ってみました。 祭神は伊邪那岐命と伊邪那美命。 他にもこの高島には熊野神社があるそうで、和歌山の熊野三山との関係が、非常に気になるところですひらめき電球


その後、待ち合わせ場所の高島の水尾神社に10時30分に到着。

すでにNさんは待って頂いておりました。

後に他のメンバー20名ほども水尾神社に到着。


お話しによると、Nさんの三代前のご先祖さんが、水尾神社に残っている、三笠山紀(ミカサフミ)と太占(フトマニ)の写しを残されたそうです。
その後、安曇川にある日吉神社から、秀神伝(ほつまつたえ)の全40巻が出てきたそうで、現在はいずれも中江藤樹記念館に保管してあるそうです。


ののちゃんブログ-高島市ホツマ研究会のNさん
(写真)ホツマを研究されているNさん。今回、突然のご案内を引受けて頂き、誠にありがとうございました。

Nさんは謙遜しながら、いろいろとご説明をして頂きました。

ヲシテ文字で書かれている代表的な本としては、秀神伝(ホツマツタエ)、三笠山紀(ミカサフミ)、太占(フトマニ)と3部作が有名でして、一般的には、いずれも偽者として現在は扱われているのが残念だとか。。。

しかしながら、秀神伝(ホツマツタエ)、三笠山紀(ミカサフミ)は、Nさんの研究会の立場としては、古事記と日本書紀の原本だと解釈しているそうです。


ホツマとミカサふみは大体よく似た内容のことを書いてあり、いずれにしても、太占(ふとまに)のことがわからないと意味が良くわからないのでは。。。っとNさん。


ののちゃんブログ-ホツマ

(写真)水尾神社にて、フトマニのコピーを見ながら解説。吉備大臣眞備は、280余りを意訳したとある。


次に向かったのは、胞衣塚(えなづか)

継体天皇はここ高島の地に誕生され、その母、振姫(ふりひめ)がお産のあと天皇の「へその緒」を埋めたのがこの塚と伝わる。 因みに、お母さんの振姫の出は福井だとか。

直径約11.5m、高さ約2.5mの円墳で、6世紀の築造と推定されています。


ののちゃんブログ-胞衣塚
(写真)胞衣塚(えなづか)


次に向かったのは、継体天皇のお子様、安閑天皇(あんかんてんのう)が祀られている安曇川町にある安閑神社。 その本殿前には、神代文字の石が立っていて、参加者全員が興味深々目


ののちゃんブログ-古代文字
(写真)神代文字の石。


和仁估安聡の秀神伝(ほつまつたえ)が出てきた安曇川の日吉神社へ最後、ご案内頂きました。

出てきたのは境内にある神輿蔵の2階からだそうです。
この日吉神社本殿裏には、発見者の井保孝夫さんが今もご健在だとか。

発見当時の詳しいHPがありました ⇒ 池田満「ヲシテ文献の世界へようこそ」


ののちゃんブログ-日吉神社の神輿小屋
(写真)日吉神社の神輿小屋。 ここから秀神伝(ほつまつたえ)全40巻が出てきたそうな叫び


そうそう、四国の小笠原さんとホツマの関係についても、Nさんからお話しがありました。
小笠原通當(みちまさ)が、京都の天道宮神官をされていた時に、高島にホツマがあると聞いて、借りて帰えり、写本して通當本となったそうです。

孫の長弘さん、長種さんのお二人もホツマに興味があり写本されました。
通當さんがホツマを返す途中に亡くなられ、後に、長弘さんが返納にこられたそうです。

しかし、その本はまだ見付っていないとのこと。。。藤田本として残っていたそうですが、後の火事メラメラで無くなったそうです。残念ドクロ


現在、小笠原さんの分としては、通當の一部と長弘本、四国宇和島の長種本の全部で3部。

他にもホツマとしては出てないが、三笠山紀(ミカサフミ)の方は去年の暮れ 富士山の河口湖あたりで一部出てきたそうです。
三笠山紀(ミカサフミ)64話の内、現在、高島のNさんは、10話しか持っていないとのこと。 まだまだ探している最中だとか。。。
Nさん曰く、ぜひみなさんも探してみてくださ~いとのことニコニコ


古事記研究が盛んな徳島ですが、ホツマ研究が盛んな高島との交流が今後、必要だと非常に感じまくりの僕ののちゃんでした~っDASH!

日吉神社で全員とハグして別れ。。。僕は淡路へ向かいいました。

その途中、白髭神社に立ち寄りました。


ののちゃんブログ-白髭神社の鳥居 (写真)琵琶湖に佇む白髭神社の鳥居。


淡路に入り、ナフシャに立寄ってから、一宮の伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)へ。

そこには、Kさんをはじめ、わの舞のメンバー達が待っておられました。

久しぶりの再会で、皆様とハグドキドキ

そして、ついに尾張の一宮から移動して、淡路の一宮で車を無事に引き渡すことができましたクラッカーバンザ~ぃパー

ののちゃんブログ-車の引渡し (写真)軽自動車を淡路島のSちゃん&Kちゃんにお渡しできましたビックリマーク


淡路からは、Sちゃんの運転で徳島の僕ののちゃんの自宅まで送って頂きました。

Sちゃん、明日からの東京の旅、気をつけて行ってらっしゃ~ぃパー

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

1. ホツマ、きてますね~

僕もぜひ行ってみたくなりました!高島。
ぜひ、今度、Nさんを紹介してくださいませ!
僕ももっともっと勉強したくなりました。
ありがとうございます!

2. Re:ホツマ、きてますね~

>しょうへいさん
コメントありがとうございます。
しょうへいさんからホツマを紹介して頂いてから、まだ半月チョットなのに、どんどんホツマに勝手にハマっている感じです。
ぜひタイミングがあいましたら、Nさん達の会に乗り込みましょう。

3. ギモン

ホツマて何ですか?

4. Re:ギモン

>ゴーヤさん
コメントありがとうございます。
何せ、私もまだまだ勉強不足でして、勉強中です。
ゴーヤさんの疑問に答えるまでには至っておりません。
とりあえず、wikipediaのリンク先をこのコメントに付けておりますので、ご確認ください。
今後も、「ホツマ」を取り上げた記事を書く予定ですので、その都度、私も勉強したいと思っております。
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3260位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
788位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。