スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島県南の旅

建国記念日の今日、パワ友さんと2人で、日帰りで徳島県南をドライブした。
朝7時に、ののちゃん運転で自宅を出発。

まず向かったのは、① 阿南市富岡町。
ここは、パワ友さんが幼い頃、一時期住んでいた場所。僕も小学生2~4年まで阿南市内に住んでいたこともあり、パワ友さんの話しを元に、現地まで案内した。
お互い、阿南市内に住んでいた事実に少し驚いた。

次に向かったのは、② 阿南市富岡港。
こちらは、僕ののちゃんが小学生の頃、溺れた場所。
今もその時、海中に沈む光景をハッキリ覚えている。

次に向かったのは、③ 阿南市橘町の海正八幡神社。毎年秋の祭りで、山車のぶつけ合いが有名な神社。


(写真)海正八幡神社、阿南市

途中、④ 日和佐道の駅にて、軽く地産の惣菜を購入。少し雪混じりの風が強く吹いていたので、急いで戻り車中で食べた。

次に向かったのは、⑤ 千羽海崖。
1258年の鎌倉時代、一夜にして村が海へ沈んだ場所。二見千軒ともいう。
前回訪れた際、携帯電話が壊れるハプニングがあったが、今回は壊れず済んだ。


(写真)千羽海崖、美波町

次は、⑥ 南阿波サンラインを通って牟岐町へ。ほとんど車の往来もなく、景色を楽しみながら海岸線をドライブした。


(写真)太平洋に浮かぶ大島、美波町

次は、⑦ 牟岐町の中心部にある八幡神社。アポなしの訪問だったが、以前から会いたかったS宮司さまに会えた。
日を改めて牟岐町の大島へ渡りたい旨をお伝えした。


(写真)八幡神社、牟岐町

次にパワ友さんの案内で、⑧ 鯖大師に寄った。地下の護摩堂へ続くミニ八十八ヶ所と別格本山の石仏が並ぶ幻想的な光景は圧巻だ!


(写真)鯖大師、牟岐町

次に、⑨ 大里松原海岸。


(写真)大里海岸、海陽町

海岸から車で直ぐの所にある、⑩ 大里古墳へ。パワ友さんいわく、以前は古墳の石組みの中に入れたとのことですが、現在は崩壊の危険があるそうなので、立入り禁止の状態。でもわりかし近くまで寄れた。
僕が覚えている中で、石組みの中を自由に入れる古墳が阿波市に2ヶ所あるのだが、今思うとそれらは、非常に貴重な古墳だと思えた。


(写真)大里古墳、海陽町

そして、僕的に気になっている場所、⑪ 鞆浦の海岸へ行った。広島県福山市にも鞆という港があるが、共通性を感じるのは僕だけではないと思う。港から望む「大島」または「出羽島」は「仙酔島」に置き換えられる位置なんだろう。


(写真)鞆浦、海陽町

次に向かったのは、港から山間部へ移動した先にある、⑫ 切浪不動尊。静かな佇まいの奥に、人ひとりが通れる2本の大樹があり、その隙間を抜けると、巨岩が浮いているかのように祠の上に鎮座していた。


(写真)切浪不動尊、海陽町

パワ友さんの案内で、次に向かったのは、⑬ 城満寺。曹洞宗のお寺で、今から700年以上まえの鎌倉1295年に、瑩山により開山され、後に建立されたお寺。


(写真)城満寺、海陽町

海陽町宍喰のうどん屋で昼食をとる。さらに県境を越えて、高知県の甲浦へ。そのすぐ近くにある、⑭ 白浜海岸へ寄った。ここは約20年前にパワ友さんが溺れた海岸で、僕ののちゃんが溺れた時と同じ、太陽の光りが揺れる水面を見上げながら沈んでいったと言う場所。


(写真)白浜海岸、海陽町

そして今日のドライブでUターンするポイント、⑮ 野根の街並みを走った。その途中、まんじゅう屋の看板に目が止まった。天皇陛下に献上されたとの文字があった。


(写真)野根まんじゅう、東洋町野根

町外れのお寺、⑯ 弘法大師のお寺を発見、そこにはお遍路さんが自由に寝泊りできるはなれ、憩いのテーブル、瀧などがあった。


(写真)弘法の瀧、東洋町野根

そして今日、一番訪ねたかった、⑰ 竹ヶ島へ。現在は橋で繋がっているので簡単に車で渡ることができる。毎年5月に春祭りがあって、島の高台にある竹島神社から神輿を担いで駆け降り、海へ入水するという。


(写真)竹島神社、海陽町竹ヶ島

パワ友さんの知り合いで、作家のYさんに会うため、いざ廃校になった小学校へ向かう。その途中、天然記念物の崖の前を通った。⑱ 化石漣痕(かせきれんこん)という波のような後が残る岩肌が特徴のスポット。


(写真)宍喰浦の化石漣痕、海陽町

宍喰町を通り抜ける際、偶然にも、⑲ 八阪神社の前を通った。一般的な「八坂」と漢字では書かず「八阪」となっているところが面白い。剣山の神社と同じように毎年7月17日に例祭があり、日本3大祇園祭の1つとして有名な神社だ。


(写真)八阪神社、海陽町宍喰

作家のYさんが活動している廃校になかなか辿り着けずいると、⑳ 大山祇神社の前を通りかかる。こちらは現在、徳島市内のトアル場所でマッサージをされているTさんのおススメの1つだそうで、パワ友さんによると、ぜひ寄ってみるべき神社とのこと。


(写真)大山祇神社、海陽町宍喰

徳島県の海陽町だが、野根川沿いにある廃校に到着。21 旧杭ノ瀬小学校だ。ここに作家のYさんが居ると思われたが、別の作家Uさんが居られた。Uさんの説明で引返すことに。


(写真)杭ノ瀬小学校

引返すこと20分ぐらい。やっとYさんが居られる別の廃校、22 旧角坂小学校に到着。しかし夕方とあってか、誰も居なかった。
恐らく、自宅へ戻られていると思い、また竹ヶ島近くまで引返し、23 Yさんのお住まいにお邪魔した。

いろいろお話しをした後、まだ暗くなる前だったので、那佐湾近くの愛宕山山頂にある、24 くじら石を見に寄った。


(写真)くじら石、海陽町宍喰

愛宕山を下山する途中、見下ろすと那佐湾があった。いつかその突き出している半島をパワ友さんと訪ねてみたいと思っている。


(写真)那佐湾、海陽町海部

そして県南からもどり、徳島市内のインドカレー店で、遅い夕食。ここが最後のスポット、26番目となる。

今回でパワ友さんと一緒に過ごした建国記念日は3度目となる。
記憶に残る一日でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
3872位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
870位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。