スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始国会 2日目

朝7時過ぎにMヤさんがカーテン開けるのに合せて起床。
早速、朝食の準備をした。
豆腐、鳴門わかめサラダ、味噌汁、納豆、昨夜の残りご飯、パンなど。。。
コテージのチェックアウトは午前11時だったので、ゆっくり朝食後もみんなと話ができた。
片付けを手分けし、みんなで近くの伊邪那美神社へ参拝。
淡路島にあるのは、伊射奈岐神社で、こちらは伊射奈美。。。
来週、Dさん達と伊射奈美と関係の深い高越山、別名、阿波富士に行く予定だが、すべて流れに乗っている感がしている。


(写真)伊邪那美神社にて。千木の形が縦でも横でもない、斜めに注目!

本殿の裏側にある小さな祠の前でみんな集合。その小さな扉を開けさせて参拝させてもらった。中には「嘉門?」と標されてあったと思う。「かも」を連想させられた。
愛知のSさん、ここでも目には見えない沢山の剣を受け取ったもよう。
僕ののちゃんにも、それを手渡されたが、その祠には入れず、自分の中に入れた。
Mヤさんは剣山から飛んできていると言っていた。
福山へ急ぐメンバーとはここで別れた。もちろんハグして。。。
残った6名は、午後も共に行動することにした。


(写真)伊邪那美神社境内にて、会の締めくくり、やるぞオー

僕ののちゃんの案内で、三加茂の鴨神社へ向かった。「かも」の2文字を伊邪那美神社でもらっていたこともあり心も進んだ。
不思議なことに、参道の表階段を登ってみると本殿はなかった。少し離れた右側に東向きで建っていた。
本殿で参拝していると、ここでも愛知のSさんから大きな見えない剣を手渡された。しかし、ここでも伊邪那美神社と同じく、ここではないと思い自分の内に入れた。

参道のまん前に本殿がないことに。。。やっぱ不思議だな~っと思っていると、更に奥の山に伸びる裏参道が見えた。
みんなで、その山まで歩いてみた。すると数匹の大きな野生のサルに出くわした。「あっ!猿田彦だっ!」っと声が出た。
その猿田彦の導きで、この山の上に行きたかったが、険しい木々のため、あきらめて出直すことにした。
地元の住人に聞いてみると現在は、車で山の上に行けるとのことでした。
とりあえず、昼食を近くで済ませてから行くことにした。


(写真)三加茂の鴨神社

三加茂の田岡うどんさんでうどんを食べた。双子のような姉妹の背中には、これまた双子のような赤ちゃんをおんぶして、店を切り盛りしていたのが印象に残る。
この「田岡」やはりあの「三代目」と関係のあるうどん屋なのか? 聞きたかったが、やめた。

食後、先に向かったのが、新田神社。その裏山には巨岩の岩陰に遺跡がある場所だった。
途轍もなく大きな青石の側を流れる谷川を眺めていると、滝行をしたくなってきた。。。
役行者(役小角)ゆかりの場所だと気づいた。何か懐かしい感じが込み上げてきた。


(写真)加茂川谷の岩陰遺跡・新田神社横

そして、いよいよ鴨神社の元宮? 地元の参拝者は元宮は無いと言っていたが、向かっている遺跡こそ、参拝すべき場所だと気づいていた。
車でクネクネ、狭い道を進んだ。15分ぐらいだろうか、目的地の丹田遺跡に到着!
僕ののちゃんは、もう居ても立っても居られない気分だった。
まっしぐらに古墳に向かった。
みんなも付いてきてくれた。。。で、僕ののちゃん古墳の上で転ぶ! 身が穢れたまま、古墳の上を踏みあがったからだと思った。 先ほどの新田神社で禊の滝行をしておけば良かったと後悔した。


(写真)丹田遺跡にて

この古墳に、愛知のSさんから授かった見えない剣2本の内、1本を納めさせて頂いた。
恐らく、Mヤさんが伊邪那美神社で言っていた「剣山から剣が沢山飛んでくる」の少なからず1本は、こちらから飛んできたものだと思った。
改めて近い内に三加茂に再来したいと思う。その時にまだ残るもう1本を、大切な別の場所に納めたいと思う。きっとそんな場所があるハズ。。。

三加茂を離れ、最後に向かったのは師匠の家。6人でお伺いした。
目的は、師匠のコレクションを見ていただくこともしかりなんだが、一番は愛知のSさんに淡路島で発見された六芒星の指輪を実際に指に入れてもらうこと!
去年、剣山の例大祭の際に、指輪を拝見しただけで指には入れなかったSさん。しばらく指に入れて、過去生と対話していた感じだった。
きっと、Sさんをはじめ6名それぞれにとって大切な半日を共有できたと思う。
夕方、師匠の家の前でみんなと別れのハグをした。
ありがとう~またの再会を楽しみにしているからね~
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ののちゃん

Author:ののちゃん
どうも!ののです。見に来ていただき、ありがとうございます。
ただいま、楽しい40代後半。毎日が嵐の様に過ぎ去っていて、殆ど家に居ない状態。。。見失いがちになりそうな日々の出来事を日記として残しております。掲載内容など、お問い合わせは、各記事の Comment(コメント)にご連絡願います。追って連絡しま~す!

訪問者数
アクセスランキング
ブログ
4202位 (147711人中)
アクセスランキングを見る>>

写真ブログ
985位 (23654人中)
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。